のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

12/12 英語:100個の英文を作れるようになる!?

 英語の話。
 ネタバレすると、「100個の英文を作れる」というと格好良くないですか、と言いたいがための話です。
 特に「俺には難しいよー」と思ったあなたにこそ、聞いていただきたいお話。
 まず、算数で習う「組み合わせ」の話をしませう。多分思うほど難しくはないのでご安心を。
 以前書いた「5文型の話」を参考にしつつ*1


 まず第1文型「S(主語)+V(動詞)」で考えてみましょう。
 もしあなたが1個の単語と1個の動詞しか知らなかったなら、
 作れる文は1×1=1でやっぱり1個です。
 つまり「I(私)」+「walk(歩く)」=「I walk(私は歩く)」の1択、ということになります。

 そこであなたが「run(走る)」と言う動詞を学習したとしましょう。
 すると作れる文は①「I walk」②「I run(私は走る)」の2つになりました。
 つまり選べる主語は1択しかないのに対して、選べる動詞は2択になったということです。だから1×2=2です。
 この時点で、すでにさっきの2倍ですね。

 次にあなたは主語「You(あなた)」を習いました。
 これで、2個の主語と2個の動詞を知っていることになります。だからできる文は
 ①「I walk」②「I run」③「You walk(あなたは歩く)」④「You run(あなたは走る)」の4つ。
 2つの主語に対して、2つの動詞の選択肢*2がある。だから2×2=4つの文ができた、という訳です。
 またさっきの2倍になりました。最初と比べるとすでに4倍です!


 まとめると、「主語の数×動詞の数=作れる英文の数」ということになります。
 もうそろそろ予想がついたかもですが、つまり。
 あなたが「10個の主語」と、「10個の動詞」を知っていれば、実は「100個の英文」は作れるのです!
 仮に1日10個の英語を覚えられれば、今日は主語、明日は動詞と、2日で作れるようになってしまうのです。
 1日1個でも、20日くらいあれば覚えられます。つまり一か月かからないのです。
 
 つまり。「俺は本当に英語ができないんだ…ちゃんと書ける単語も1個くらいしかないんだ…」と落ち込んでいるあなた。
 ある意味では朗報っすよ。
 あなたの知識が少なければ少ないほど。
 新たに1つ単語を学ぶだけで、作れる英文の数は2倍・3倍に広がるのです!
 数が多いほど、そんなに景気よく「倍」にはならなくなっていきますが…。
 でもその頃には、「俺はちょっと英語知ってる、前よりは知ってる!」と思えるんじゃないかと思います。
 それにすでにある程度英語ができる人も、
 今から新しい主語と述語を10個ずつ覚えれば、「全く新しい英文100個」があなたの知識に加わるわけです。
 まさしく英文力の増加ですね。

 ま、単なる言葉のマジックにも思えるかもですが。
 改めて「2日後(または20日後)の私は、100個の英文を書けるようになった私!」とか「書ける英文を今の倍にしてやるぜ!」っていうと、
 なんか景気のいい話に思えてきませんか?
 そんな感じで、憂鬱になりがちな「最初の一歩」がちょっと楽しくなったらいいなあ、というお話でした。 


追伸
 作れる英文の数の説明について。
 上では「S+V」で説明したから「主語の数×動詞の数」という式でしたが、
 第3文型「S+V+O」だと「主語の数×動詞の数×目的語の数」になります。
 ここで朗報なのが、目的語には主語と同じ「名詞(めいし)」*3が使えるものが多いということ。
 つまり「S+V+O」を活用するならば、
 名詞を1つ覚えるだけで、使える「S」の数も「O」の数も一気に増えるということなのです!
 英文の数「1×1×1=1」が、すぐに「2×1×2=4」へと変化する!
 その次は「3×1×3=9」だと…!? なんて増加スピードだ!
 こいつぁかなりぼろい話ですぜダンナ!げへへへへ!*4


◆用語
・100個の英文を作れる:
 昔『魔法先生ネギま!』という漫画で1000の魔法を使いこなす「サウザンド・マスター」というキャラがいました。
 上の英文数についてのキャッチコピーはそれをちょっと参考にしています。

・数学で出てくる「組み合わせ」の話:高校だと「P(順列)」「C(組み合わせ)」とかの記号を使って学ぶ。
 「順列(じゅんれつ)」は順番が重要で、組み合わせは順番は自由。
 例えば「徒競走で1着はA、2着はBの確率*5」を求める場合は順番が重要になるので「順列」。
 対して「AとBが1位か2位になってる確率」だとABでもBAでもいいので「組み合わせ」になる。
 Pは「permutation(パーミュテイション)」、Cは「combination(コンビネーション*6)」のこと。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「主語(しゅご)」、「動詞(どうし)」などに関しても過去記事12/8 英語:「基本5文型(きほんごぶんけい)」って何さ? +四天王(してんのう) - のっぽさんの勉強メモを参照。

*2:「選択肢(せんたくし)」については 4/10 こころの話:タノシマ・ナケレバ? ~新しい呪い~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「名詞(めいし)」については 12/18 英語:名詞(めいし)/物語(ものがたり)を始めるもの - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:(このブログの筆者は三下キャラが大好きです)

*5:「確率(かくりつ)」については 4/19 数学:確率の話メモ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「コンビネーション」については 1/8 社→英:地理のカタカナ語を英語力にしちゃうぜ!(願望) - のっぽさんの勉強メモ を参照。