のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

12/27 学習:「天才(てんさい)」タイプと「教師(きょうし)」タイプ

 「天才(てんさい)」タイプと「教師(きょうし)」*1タイプの話ー。または「成功(せいこう)」*2と「失敗(しっぱい)」の話。

 まあ、何かっていうと。
 「いわゆる『頭がいい人』が教え方がうまいとは限らない」ってことです。



 「天才」とか「才能(さいのう)」って憧れる言葉ですよね。格好良い。素敵!
 でも、これは身近な人に聞いた話なんですが、
 ある頭のいい家庭教師に、「ここがわからない」っていうと
 「なんで分からないのか分からないなー。考えれば分かるだろう?」みたいな反応をされたそうで。
 つまり自分ではすらすらっと理解してしまえることだから、悩む人の感覚がわからない、ってことですな。


 なので「天才タイプはあまり教師に向かない」とかいう話を聞きます。
 直感や才能でパッと解けると、説明を考える必要もないわけですし。
 極端な話「ここは説明いらんよねー。パッと考えればわかるよねー。はい次ねー。」みたいな感じになってしまう。
 あとは知識以外でも、生徒の「分からない」っていうモヤモヤとか悔しさに対して、
 「自分は味わったことないから分からん」みたいな感じになっちゃうことが多い、と。

 逆に「成績悪かった人は意外と教師に向く」とか「どんくさい人は研究者に向く」とかいう話も聞きます。
 なぜかというと、自分が「分からない!」とか「悔しい!」っていう気分をたっぷり味わっていると、生徒が同じ悩みを抱えている時に、より具体的なアドバイスができるからですな。
 あと、分からない所をとことん考えられる人は、考え方をどんどん分かりやすくできる人でもあったりします。

 どういうことかというと。 
 ある人が頭が世界一悪いとしましょう。そして目の前にある問題が解けない。
 でも、その人がある問題に取り組み続けて、自分でもしっかり理解できる説明を考え付いたとする。
 するとその時、その説明は「その人でもわかるほど、分かりやすい」レベル*3まで達しているわけで。
 その人が世界一頭が悪かったなら、もはやそれは「世界一分かりやすい説明」ということになるのです!
 「分からない」で済ませず、立ち向かって考えたからこその結果ですね。


 ま、どっちのタイプがいいかとは一概に言えません。
 ここでは教師の話をしましたが、天才タイプが活きる仕事もいっぱいある訳です。
 どっかに「教師の天才」とかいるかもしれませんし。ややこしい…。

 でも「自分でも失敗ばかりだ…どんくさいし、才能ない俺って駄目なのかな」と思ってる人。
 あなたに、今、分かりやすい才能がないからこそ、悩んでいるからこそ、伝えられることがあるかもしれませんよ。
 それはもしかしたら「人に教えられる」「人を理解できる」ための何かになっているかもしれませんし、
 上に挙げた研究者など、また大きな別の才能、のためのステップになっているかもしれません。

 何が才能かってのは分かりませんし、多分それほど重要じゃない。
 ただ、あなたがあなただからできることが、きっとどっかに転がってますよ。
 みたいな感じで~。




P.S.
 「失敗したことのない人はもろい」とかいいますね。
 てーのも、失敗したことのない人は、「失敗からの立ち直り方」を知らないわけで。
 まあ知識では知っていても、体験では知らないと。
 だから、有利な時に頑張るやり方を知っていても、
 「不利な時、自信のない時」にどうするかは知らなかったりする。
 
 だからあなたが失敗したりして落ち込んだ時には、
 「今まで失敗をいっぱいした人」に話を聞くといいかもしれません。
 その人は「失敗した時からの心の持ち方」について多分よく知っていますから。
 んで、「今俺は調子乗ってるぜ!ガンガン行きたいぜ~!」って時は
 天才タイプの人と話したり真似してみると、いい刺激をもらえるかもしれませんね。


 逆に「え、俺って今までそれらしい失敗したことないんだけどアカンの!?怖ぁ…!」とか思った方。
 大丈夫ですよ。わざわざ狙って失敗する必要はありません。
 ただ、多分いろんな経験はあなたの肥やし…栄養になってくれると思うので、
 だから興味のおもむくまま、色んなことに挑戦してみたらいいのかな、と思います。
 その中で「これ好きだな~!こだわりたいな~!」ってことが出てきて、
 いろんなことで「失敗した!」って感じるような悔しい思いとかをするかもしれません。
 そうできたらしめたもの…って言っちゃうのもアレですが。
 好きなことを追求する中で出会った失敗は、なんか素敵かなって思います。適当ですみません。

 もちろんそれだけでなく、うまく処理しきれないことも出ちゃうかもしれません。
 でも、後になって処理できたときに、あるいは大きな視点で見た時に、
 その中で味わってきた色んなことが、きっと素敵なあなたの一部分になって…てくれたらいいな~、と勝手に思います。
 保証はないですが。すみません!


関連用語:「成長(せいちょう)」*4、「早稲(わせ)/「晩稲(おくて)」*5


◆用語集
・天才(てんさい):才能のある人とか頭の良い人。
 英語で言うと「genius(ジーニアス)」。
 関連用語:「専門家(せんもんか)」*6

・才能(さいのう):優れた能力。また、その伸びしろ。
 英語では「talent(タレント)」、(先天性のものは)「gift(ギフト)」など。
 「gift」には「贈り物」という意味もある。
 正に「神*7や天からの贈り物」としての「才能」という感じ。
 そして生まれつき飛びぬけた学習能力を持つ子は「ギフテッド(gifted)」と呼ばれるらしい。
 しかしあくまで「学習能力」が高いのであって、「将来必ず成功する」ということではない。
 いわゆる才能がなくても社会的な成功を収めている人はいるし、
 飛びぬけた才能があっても、世間と全然うまくいかない人もいる。
 またギフテッドの子はそれはそれで問題を抱えてたりするらしいので(wikipediaなど参照)、みんなそれぞれである。
 関連用語:「嫉妬(しっと)」*8

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com