読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

1/29 こころの話:What I want ? ~こんにちは、アマノジャク~

 いやー、最近寒いですねー。
 寒いと筆者は気分が落ち込みやすいです。ので!今回はそれを利用した話。
 今回はこころの話、ちょっと筆者の自虐ネタを含むのでご注意を。
 ざっくり言うと「いやー、心に浮かんでくることも案外あてにならんね!」って感じです。


 寒いのに限らず、筆者は体調が悪いとすぐにネガティヴなことを考えたりします。
 「うう苦しい……苦しくて一人震えている……こんな自分に価値はあるのだろうか…」とか。
 でも案外、ご飯を食べたりすると治ったりするんですが。あと一晩寝たり、お風呂入ったり、人と話したり。
 んで、後からすると「なんであんなこと考えてたんだろう?」とか
 「うーんよく悩んだ!だがこれ以上は考えててもしょうがないな!」ってことも多いです。

 要は「浮かんでくる思考に答えを出すことが全てじゃないねー」ってことですな。
 もちろん考えて深まるものもあります。
 ですが「問い」は必ずしも答えを求めるものではなく、それ自体が「何かの代弁(だいべん)」、つまり他の思いの代わりだったりもします。(筆者の場合は)

 例えば、筆者の場合。「こんな自分に価値はあるのだろうか……」とか考える時。
 実は「考えることで自分の価値を示す」とかは、あんまり重要ではない気がします。
 そうじゃなくてその裏には「今日はあんまり人と話してなかったなー、寂しいな、話したいな」って思いがあって。
 だから、そういう時に人とちょっと話すだけで気分が和らいだりするのかなと。
 
 同じように体調が悪い時に悩んでて、人と話して楽になる時。体調自体は変わらないのに、なんか楽になった気になるのは、
 「この体調が悪いのを誰かに分かってほしい」「一人で苦しむのは嫌だ!嫌さ倍増だ!愚痴りたい!」って思いがあったからかなと思います。

 根っこにある思い。
 素直にそれが捉えられれば楽なんですが、どうも(筆者の)心はアマノジャク(天邪鬼)のようで、
 心に浮かぶ言葉を、遠回しな感じにしてしまいます。
 表に浮かんでくることは、氷山の一角のようで、やたら頭を(心を)惑わしてきます。
 割とすぐに自分を責める感じになってしまうこともしばしば。

 だから僕は、苦しくて悩んでいる時、「自分が何を求めているのか?(What I want ?)」って考えるようにしています。
 「自分はダメだ!」って思ったら、「じゃあどうしてそう思うのか?」「根っこに別の思いがあるんじゃないのか?」って考えるようにしています。
 自分は簡単なことで悩むって知ってるので、逆に簡単なことから変えるようにしています。できることから。
 まあ、スムーズにはやれなくていつもじたばたしていますが……。


 皆様はどうでしょうか。
 何か複雑な思いが自分の心に浮かんで、「やだなー」ってことはありますか?
 もしすっきりしなかったり苦しかったら、一度「自分は何を求めているのか」ってことを考えてみるといいかもしれません。
 まあ突き詰めすぎるのも疲れるのでほどほどをおススメしますが……。

 あなたの心に浮かぶ言葉も、それ自体「素直な言葉」ではなくて、実は(アマノジャクが)ひねった後の言葉かもしれません。
 「自分はダメだ……!」って思いは、「今日はもう疲れた、休みたい!」とか「もっと上を目指したい!けどできない!イライラする!」ってことの裏返しだったり。
 「どうして○○ができないんだろう?」って思いは、実は「○○はしたくないけど、やらなくちゃ怒られるし……」って思いに根っこがあったり。
 色々パターンはありますし、直視すると嫌な思いががあるかもしれませんが、「いつも同じパターンで悩む」とか「長く嫌な思いを抱えている」って人は、根っこを考えてみるのもいいかもしれません。


 色々書きましたが、アマノジャクな自分がいたとして、それが一概に悪いってわけじゃありません。
 逆に、それはいわゆる「潜在意識(せんざいいしき)」、つまり心の奥底が、自分の色々なものを守ってくれてる可能性もあったり。
 上に書いたように、自分が直視したくないことを、そらしてくれてるってこともある訳ですよ。
 プライドが高い人のプライドを守ってくれてたりとか。
 つまり自分の一部なんですな。 敵とは限らない。まあ人それぞれ、場合それぞれで違うかもです。

 なのでまあ。
 あなたがもし心の奥底で、アマノジャクな自分を見つけた時。
 責めるとか否定する、でもいいですが、
 まずは相手(自分)を知るために、「こんにちは、アマノジャク(な私)!」と言ってあげられるといいかもしれませんね。
 それは「自分を認める」ということでもありますし。
 すぐにできなくても、いつかそれができたら、けっこう「大人なあなた」になっているかも?とか思ったりします。


 まあそんな感じで~。




◆用語集
・タイトル:前半の「What I want」は、「JUJU」さんの『What You Want』を意識しています。
 テンポが良くて楽しい曲ですよ。それでいてオシャレ。
 同曲は『偽装の夫婦』というドラマにも使われた。筆者も見ていた。めっちゃ面白かった。
 タイトル後半の「こんにちはアマノジャク」は最初「vsアマノジャク」であり、ゲーム「東方project*1シリーズの『弾幕アマノジャク』をモチーフにしていた。
 が、記事を書いている途中で「『vs』ってなんか違うなあ?」と思ったので「こんにちは」に変更された。超余談である。

・記事全体の感じ:今回の記事は、石原加受子(いしはらかずこ)さん(先生)の『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』等のシリーズに影響を受けている面が強いかもしれない。特に「潜在意識」絡みの話で。興味がある人は読んでみるといいかも。

・アマノジャク:元々は妖怪*2の名前。「天邪鬼(あまのじゃく)」*3と書く。
 見ようによってはツンデレ*4と捉えられなくもない。
 その場合は本記事のタイトルが「こんにちは、ツンデレとなって、結構すごい感じになる。
 関連用語:「呪い(のろい)」*5


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com