のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

2/14 歴史:「ゴディバ」と「ゴダイヴァ夫人」の話 ~裸で馬に乗った話!?~

 歴史の話ー。
 有名な話ですが「ゴディバ」と「ゴダイヴァ夫人」の話を。
 まあ詳細とかはwikipediaや「ゴディバ」のページを見てもらった方がいいのですが。


 バレンタインデーといえばチョコ*1(日本では)。
 んでチョコの「ゴディバGODIVA)」は有名ですが。
 その社名の由来は「ゴダイヴァ(ゴディバ)夫人」にあります。
 11世紀イングランドの領主レオフリックの奥さんだった人です。
 (「領主(りょうしゅ)」というのはまあその土地を支配する人です)

 んで、すごい簡単に言うと
 「重税に苦しむ民を救うために、裸で馬*2に乗って街を回った人」です。

 どういうことかというと

 ①ゴダイヴァ夫人が夫レオフリックに税*3を軽くするように言った
  ↓
 ②議論に疲れた夫が「お前が裸で馬に乗って街を回れたら言うこと聞く」て言った
  ↓
 ③奥さん、実行に移した

 って感じです。その結果、税は下がりました。すごいぜ。
 まあ「史実じゃないんじゃない?」って説もありますが、「ゴディバ創始者の夫妻はこの話に感動し、社名にゴディバの名を付けたということです。
 なのでゴディバのシンボルマークも「馬に乗った裸の女性」になっています。

 ガッツのある女性の話ですが、これ多分、言った旦那さんもびっくりでしょうね。
 別にみんなに婦人の裸を見てほしかったわけではないでしょうし。
 今回はいい話(ガッツのある話)だからよかったですが、世の中にはうかつなことを言って悪い要求を飲まされることもありえます。
 みなさんも言葉にはご注意を……。


 まあそんな感じで~。



◆用語集
・ゴダイヴァ夫人:がんばったお人。
 だが「自分の裸を見てほしい!」という人が同じことをやっても、たぶん感動は生めないのでご注意を。

・レオフリック:筆者の想像では「売り言葉に買い言葉」的なノリでやらかしてしまったお人。
 あとですごい後悔した可能性がある。

・トム:ゴダイヴァ夫人の裸はみんな見ないようにしていたらしいが、
 なんか一人だけ「トム」というやつが見てたらしい。
 そっから「のぞき見」は「ピーピング・トム」と言われるようになったとか。
 当然ながら本ブログによく出てくる「トム」とは別人である。無関係である。
 だからトム、落ち着いてそのショットガン*4を降ろすんだ……(海外ドラマ風)

・領主(りょうしゅ):領地の持ち主。英語では「lord(ロード)」*5
 「荘園(しょうえん)」を持っている場合も多い。
 日本でもヨーロッパでもいるが、大体農民を働かせて税を納めさせる。
 その代わりに敵から領民を守ったりする、色々調整したりという役目。
 この人がひどい人だと農民がとんでもない目に合う。
 関連用語:「領土(りょうど)」*6

・荘園(しょうえん):ざっくり言うと、自分が持っている土地とか領地。
 人に貸して税金を取り立てる場合なども多い。よくあるのは農民を働かせるなど。
 英語では「manor(メイナー)」。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com