のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

3/16 理+社:方位(ほうい)はすべて「南」になりました ~方位のからくり~

※当ブログ1000アクセス達成しましたー。ウェーイ。
 見てくださっている方、いつもありがとうございます~。

 ちょっと不穏(ふおん)なタイトルでお送りしておりますが、大丈夫です。
 理科+社会の話ー。
 といっても『ニューコース中3理科』の受け売りですが。


 そもそも北とか南というのは「北極点」や「南極点」の方向*1を指すそうで。
 んで「東西」ってのは「北と南」が決まった後に決まるんだそうです。
 つまり①北と南が決まる→②北と南に対しての「東と西」が決まる…ってわけですな。

 そして北極点に立った場合、どの方向を向いても「南極を向く」ことになるので、
 360度すべて「南」ということになるそうです(上述、p.175)
 逆に南極点に立てば 全て「北」。不思議な話ですね。
 バスケットボールの「線が集中してるとこ」を思い浮かべると

 「東西南北」というのはいっぺんに決まってるものだと思っていましたが、そうではないということですね。
 ある意味「東西」は「南北」に比べてちょっと地位が弱いわけですな。
 まあ「東極点」「西極点」とかないですしね。
 代わりにグリニッジ天文台が基準にされているわけですが。

 
 当たり前と思っていたものも、意外と「絶対」ではないもので、 
 見方を変えると大きく変化する、という例でした。


 まあそんな感じで~。


◆用語集
・方位(ほうい):ある場所からの向きを表す言葉。東西南北など。
 英語では「direction(ディレクション)」。
 関連用語:「四神(しじん)」*2、「コンパス」*3

・南極(なんきょく):
 英語で言うと「Antarctic(アンタークティク)」または「the South Pole(ザ・サウス・ポール)」。
 関連用語:「大和雪原(やまとゆきはら)」*4砕氷船(さいひょうせん)」*5、「地磁気(ちじき)」*6

・北(きた):北極の方。
 英語では「north(ノース)」。
 日本地図では上の方向のことが多いが、そうとも限らない。
 例えば南半球のオーストラリアの地図は、日本のものとちょうど南北が逆転しているらしい。

南(みなみ):南極の方。
 英語では「south(サウス)」。

・東(ひがし):北に対しての右方向。日本地図では右のほう。
 英語では「east(イースト)」。

・西(にし):北に対しての左方向。日本地図では左の方。
 英語では「west(ウェスト)」。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com