読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

3/17 学習:レッツ・ザ・三日坊主!~ただし場合による~

 学習の話ー。
 ざっくりいうと「完璧でなくても、何かやってみてもいいよね~」という話。
 主に①だらだらやる ②ちょっとだけやって失敗しても良し みたいな話です。


 春は何かに挑戦したくなる季節ですね。
 ランニングとかジョギングとか、夏に向けてダイエット*1とかする人も多いですが、
 長続きしないことも多くて「またダメだったよ……」と落ち込む人も多いかと。

 それで落ち込むのもまあいいんですが、
 もしかすると「完璧にやらなきゃ」という意識が、邪魔をしているかもしれません。

 例えば「毎日10キロ走る!」とか大きめの目標(もくひょう)*2を立ててもいいんですが、
 上に書いたように、あんまりきついと長続きしません。
 すると、走れなかった日に「途切れちゃった!」とやる気ダウンしやすかったり。
 んで「もうやめた、俺にはやっぱり無理だったんだ……」とやめてしまうと。

 そこでやめてもいいですが例えば
 ①目標をゆるめにする(ちょっとだけ走る、歩く、「時間」で走る)
 ②途切れても気にしない(また再開する、あえて1日おきにする)

 とかの方法も取れます。

 まあ一気に多くのことをやっても、できることはあまり多くありませんしね。
 これには二つの意味があって、
 ①たんに量的な意味
 (1日に100単語覚えてやめるより、毎日10単語覚えてれば11日目で上回る)
 ②筋肉*3的な意味
 (筋肉はすぐには鍛えられない。慣らしが大事)

 ってな感じです。

 勉強でも「カン(勘)」が働くようになるにはちょっと時間が必要です。
 英語に初めて触れた時、最初の10単語を学ぶのは大変ですが、
 100単語に触れてから新たに学ぶ10単語は割と簡単です。
 読み方とか分かってますし、「英語の単語の感じ」に慣れますしね。
 あと単にローマ字*4を見慣れます。これ結構でかいです。
 「よく分からん文字がある」って実は地味にストレス*5ですしね。

 
 もちろん、「頑張ってはいけない」ということではありません。
 テレビで紹介されたものに憧れた場合、そのマニュアルでやりたくなりますしね。
 ゆるくすることは義務でも何でもないので、
 あえて「激しくやって途切れてもいいじゃない!」と思って挑戦するのもありです。
 「レッツ・ザ・三日坊主!」って感じですね。
 まあ全部の目標を三日坊主にされてもアレなので、場合にもよりますが。
 あと体の調子は大事にしてほしいですが。

 もちろん自分を追い込んだ方がやる気出る人は
 「生ぬるいこと言ってんじゃねえー!俺は絶対やる!」と頑張ってもらえれば。
 でも「新しいこと始めたいけど、毎回うまく行かなくて自信失ってるぜ」って人は
 ちょっとゆるい感じでやってみてもいいかもしれませんね。
 色々方法はあるってことですな。


 まあそんな感じで~。


追記
 聞きかじった話なんですが、
 日本人はどうも「完璧」とか「ちゃんとしなきゃ」という傾向があるみたいで。
 例えば英会話の話だと、どーも勉強の量に比して上手くならない人が多いと。
 留学とかしててもあんまり外国の人としゃべらない。
 それは「ちゃんとした英語をしゃべらなきゃ」と思って、うかつにしゃべることを避けてしまうんですな。
 すると、会話も少なくなってあんまり上達しない。
 逆に、失敗しながらもどんどん会話した方が会話能力は伸びるみたいです。


追記2
 過去記事を反映させるなら、目標を立てるとは一つの「圧」を自分に加えることでもあります。
 それによって「達成したい」という方向に自分を向けるわけですな。
 ただ「目標は必ず達成しなければならない」という意識がある中で、きつい目標ばっか立ててると、いつしか目標を立てること自体がちょっと怖くなるかもしれません。
 それは「目標」=「きつい、苦しい、せねばならない」→「自分を苦しめるもの」ってつながりができてしまうんですな。
 だから、心の状態によっては目標を「呪い」*6にしてしまうわけです。

 これは目標自体が悪いということではなく、単に状態と余裕の問題です。
 例えば体力がある時の筋トレは体にいいですが、体力無い時の無茶な筋トレは健康崩しちゃうぜ、ってなもんです。

 余裕のある時の「目標」は「呪い」でなく「祝い」につながる可能性があります。
 目標に向けての努力と自制はそれ自体が鍛錬ですし、また成功した時により大きな喜びを生むでしょう。

 自分自身の様子を見ながらレッツ・ゆるく目標立て~(失敗しても可)。
 あるいは「目標立てない」~(それもまた可)。



◆用語集
・またダメだったよ:どうでもいいが、筆者はこれを聞くとゲーム『El Shaddai エルシャダイ』の「ルシフェル*7のセリフを思い出す。
 本ゲームにおけるルシフェルは割と「どS」。
 関係ないがマンガ『聖☆おにいさん』におけるルシフェルこと「サタン」はかわいい。あのマンガに出てくる人は大体コミカルで愛らしい。

・体育(たいいく):
 運動やスポーツ*8に関する教科。
 英語では「gymnastics(ジムナスティックス)」。


benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com