読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

3/27 国語:接続詞(せつぞくし)と気持ちの関係 ~だから、だけど、けれど~

 マンガとかで「散々弱音を吐いてから、格好いい行動をとる」展開が好きです。
 今回はそんな話。ジャンルとしては国語ー。
 ざっくり言うと「1つの状況から導き出される答えは実は1つじゃない」ってことです。


 「接続詞(せつぞくし)」*1ってのは「文と文を繋ぐ言葉」のことです。
 「そして」「だから」「けれど」「それでも」「しかし」とかのことですね。
 これを利用してちょっと遊べます。
 「繋ぎ方を変えることで印象は変えられる」ってことです。

 例えば「大失敗した」時。
 「大失敗した、だから俺はもうダメだ……!」というのがまあ割とスタンダードなものとして。
 でも答えはこれ1つじゃありません。
 同じ「だから」を使っても「大失敗した、だから次で取り返すぜ……!」とか
 「大失敗した、だから疲れたんでちょっと休みます……!」とかも可能です。

 後は接続詞を変えると
 「大失敗した、だけどまあ俺は生きてるしなんとかなるわ」とか
 「大失敗した、けれど部分的に見れば成功もしてた」とかも可能です。

 つまり、接続詞ってのは文同士の関係をいじるものなわけですが、
 それによって「どこに目を向けるか」ってのが変わるわけですね。
 逆に言えば「どういう接続詞を使っているか」に、話し手の気持ちが表れているわけです。

 これは過去記事でした「加点法と減点法」*2の話とも関係があります。
 成功して「成功した、だから嬉しい」と「加点法」的に思うこともできれば
 「成功した、けれどまだまだ理想には遠い」と「減点法」的に思うこともできます。

 単純にどっちがいいというものでもないでしょうが、
 もしあなたがなんだか苦しくて、「けれど」「しかし」って言葉を使うことが多いなら、
 ちょっと使う「接続詞」を変えてみてもいいかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。


◆用語集
・接続詞(せつぞくし):詳細は本文参照。
 英語で言うと「conjunction(コンジャンクション)」。

・弱音を吐いてから格好良い~:
 具体例はパッとは思いつかないが、「俺は弱いんだよ、だからお前がいなくなると寂しいんだ!」的なセリフは好み。
 あと『ジョジョの奇妙な冒険』のキャラ「岸部露伴(きしべろはん)」のセリフが好きである。
 「だが断る」とか「だから気に入った」とか。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:英語の品詞の一つでもある。詳細は 12/16 英語:鑑定だー!単語をよこせ! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「加点法(かてんほう)」「減点法(げんてんほう)」については 12/18 学習:加点法と減点法/こだわりについて - のっぽさんの勉強メモ を参照。