のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

3/30 英語:特定のアルファベットを狙い撃ちにする!

 アレなタイトルですがアルファベット*1に恨みがある訳ではありません。
 英語の話ー。
 「なかなか覚えないものは集中してやるといいかも」みたいな。


 英語を学ぶ時は「アルファベット」の読み方に慣れるのが一個のポイントです。
 「a」とか「z」とか。ひらがなとはちょっと違う法則ですからね。
 ただ、慣れるまで結構時間がかかる場合もあるかと。
 「b」とか「d」とかよく間違える、とか。

 そういう場合は「どれかのアルファベットを集中的に学ぶ」という手があります。
 具体的には「それで始まる英単語を集めてみる」ってことです。
 例えば「a」だと
 ①「ant(アント)」「arc(アーク)」「archer(アーチャー)」
 ②「able(エイブル)」「agent(エイジェント)」「april(エイプリル)」
 ③「also(オルソー)」
 みたいな。
 【ここら辺の「発音」について詳しいことは大体辞書に載ってます】

 ①②③は読み方の違いです。
 英語では「a」1つでも「ア」とか「エ」とかあるので。
 それでも、似た読みのものをひたすら並べてみると、
 「英語では『a』をこう読むのかー」というのが頭に入ってきやすいかと。

 それができれば
 ①英語全体がよく分からない時の「最初のとっかかり」になる
 ②ある程度学んだ後での「弱点アルファベット」の克服ができる

 っていうメリット(いいこと)になるかと思います。

 教科書みたいに「全部を均等に学んでいく」方法もあれば、
 これと定めて「狙い撃ちにする」方法もあるってことですね。
 時と場合、好みに合わせてやってみるといいかもしれません。

 うまく行けば
 「できないと思ってた『b』の英単語が、逆に一番分かるようになった」という風に
 心強い味方ができるかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。



◆用語集
・ant(アント):昆虫(こんちゅう)の「アリ(蟻)」のこと。

・arc(アーク):「弧(こ)」*2のこと。
 いわゆる「弧を描く」っていう時の。あの丸っこいライン。数学でもおなじみ。

・アーチャー:「archer」。意味は「弓*3使い」とか「射手」。
 弓を撃つ人。銃を撃つ人は「ガンナー(gunner)」という。
 色んなRPG*4系のゲームに出てくるのでそれで覚えても良い。
 上に書いたように「arc(アーク)」は「弧(こ)」のことである。
 んで「arch(アーチ)」に関係している。いわゆる「アーチ状の」という時の形は、弧を描いている。
 多分そっから「archer」が来ている。弓を引くとき、弦を引っ張った姿が半円状になるので。

・april(エイプリル):一年の中の「四月(しがつ)」のこと。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com