のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

4/26 社+音:色んなコラボの話 ~くまモンとパンダと初音ミク~

 社会+音楽の話ー。
 色んな「コラボ」(組み合わせ)の話。
 今回は簡単に二つを。


 1つ目は今回の熊本の地震*1での「くまモンとパンダ」の話。
 有名なので知っている方も多いかもです。
 熊本のゆるキャラといえば「くまモン*2なのですが、中国でも人気があるようで。
 今回の地震を受けて中国圏のネットには「くまモンを慰めるパンダ」の絵が投稿されているようです。
 あと募金等も行われているようで。
 地震は暗い話題ですし、アジア圏は色々緊張が高い話題も多いですが、
 その中でもこういう話があると少し和みますね。


 2つ目は「ボーカロイド」(ボカロ)絡みの話。
 僕も詳しくは説明できないのですが、
 「VOCALOIDボーカロイド)」とはヤマハが開発した「音声合成システム」です。
 そして「初音ミク(はつねみく)」はそのシステムに対応した「音源」ことキャラクター、ということです。

 んで、今週の少年ジャンプの漫画「こち亀」で、「ボーカロイド」が取り上げられていました。
 (以前から何回かやってますが)
 いつか音楽の教科書に載るかもなあと思って、試しに調べてみたら
 英語とか公民の教科書には「初音ミク」がすでに乗ってると。すごいですな。
 まあ「こち亀」は時事を長寿連載の上色んな時事を取り入れているので、結構なものとコラボしているとも言えますが。

 あと有名歌手「小林幸子」さんが紅白でボカロ曲の「千本桜」を歌ったのが有名ですね。
 他にも『ニコニコ動画』では「脳漿炸裂ガール」のアレンジ「脳漿炸裂バーサン」を歌ってたり、
 色々活動されているようです。これもまた一つの面白いコラボの話ですね。


 何でも組み合わせればいいというものでもないでしょうが、
 組み合わせて出来ることや面白いこともあったりするもので。
 過去記事「自由足し算」*3でも書きましたが
 身近なものや遠いもの、組み合わせてみたら、面白いことができるかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。



◆用語集
・コラボ:コラボレーション(collaboration)の略。
 共演、共同作業などの意味。
 例えばある商品に別のものの絵柄がのったり、あるゲームキャラがほかのゲームに出演したり。

くまモン熊本県ゆるキャラ。丸っこくてかわいい。
 ネットでの中国の反応は「トロくさくてかわいい」等とされていた。
 なおオフィシャルサイトが存在する。

初音ミク:詳細は本文参照。
 Wikipediaを見るに流行は大体2007年くらいからのようだ。
 ボカロを巡っては色んな意見があるが、音楽*4作成が簡単になった→敷居が低くなったということはあるだろう。
 なお一口に「ボカロ曲」といっても、色んな人が作ったものの総体である。
 知らない人は意外と勘違いするかもしれないので注意。
 言葉の意味では「ボーカロイドを使用して作った曲」ということになるので、
 「歌手○○さんの曲」というより「ピアノ(用)曲」等の方に近いかもしれない。
 関連用語:「東北ずん子」*5、「結月ゆかり」*6

小林幸子(こばやしさちこ)さん:言わずと知れた大物歌手の方。
 紅白歌合戦などでの派手な衣装でも知られ、一部では「ラスボス」というあだ名もある。
 ちなみに本文にも挙げた「小林幸子さんの歌ったボカロ曲」は上手い。
 個人的には「脳漿炸裂バーサン」と「紅一葉」が好き。
 「歌手なんだから上手いのは当たり前」と思うかもしれないが、演歌のイメージで聞いていた人が、
 アップテンポなボカロ曲を歌ってのけるのは結構な衝撃でした(感想)。
 実は、小林幸子さんの声をもとにしたボーカロイドSachiko」が存在する。
 キャラクター絵がなかなかすごいことになっている。

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com