読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

5/5 こころの話:対案/あなたのご褒美はなあに? ~○○お願いします、部長~

こころの話 社会

 こころの話+社会の話ー。
 「上司との飲み会」をネタにしたコミュニケーションの話です。
 「他に色々方法を提案できるといいかもね~」って話。


 筆者は先日家族と食事をしたときに、
(程よく)お酒をたしなんで、楽しかったわけですが。

 かつて職場ではよく上司と「飲み」に行ったそうです。
 そういう所で「親睦(しんぼく)を深める」(仲良くする)ということで、
 「コミュニケーション」をもじって「飲みニケーション」とか言われてたそうで。
 まあ景気のいい時代ですと、それが「ご褒美」も兼ねていたんでしょう。
 よく上司のおごりだったりしたそうですし。

 でも今の時代、若い人はあまり上司と飲みに行きたがらないそうです。
 時代が変わってそれは通用しない、という話もあります。

 といっても、「飲みに行かないなんてダメだ!」とか「考え方が古い!」とか良い悪いの話をしたいわけではありません。


 ここで考えたいのは「新しくご褒美になる物はなんだろう?」ということです。
 あるいはそこまでいかずとも「どんなコミュニケーションをあなたは望みますか?」って感じですかね。
 昔のようなやり方が通用しないとして、それに代わる新しいものは何か。
 それが見つけられたら、ちょっといいですよね。
 「昔のやり方」だけにこだわらず、お互い楽に付き合えるかもしれないですし。

 別に世代とかで統一する必要はないと思います。
 まずあなた自身が、人から/上司から何をされたいのか。

 そっとしておいてくれた方が嬉しいのか、
 たまには声をかけてくれた方がうれしいのか。
 仕事の話だけをしたいのか、
 あるいは自分が望む時は気分転換をさせてもらいたいか。

 あるいは人によっては、
 今やってるソシャゲのイベントを手伝って欲しいとか、
 「前から部長に似合うと思ってたんです!」と
 何かのコスプレをしてほしい、とかもあるかも知れません。
 まあ後ろ二つは言ったらエラいことになるかもですが。


 可能・不可能はあるかもしれませんが、
 もしそういうものがあるなら、自分でとらえておくと、ちょっと楽になるかもしれません。
 相手もただ断られるより、理由とか対案付けて断られた方が納得しやすいですしね。
 あと上司が「あなたについて情報が少ない、心配だ」と思って声をかけていたなら、
 あなたが何らかの情報をくれればちょっと安心できますしね。

 だから相手の意見を断る時でも、
 「自分は○○が好きです。だから代わりに~して頂けると助かります」
 ということが言えると、結構いいかもしれません。
 あんまりストレートに言うと生意気になるかもですが、そこは皆さんの腕の見せ所ということで。
 (あと実際に言ったらヤバいことは自己責任で)


 まあそんな感じで~。


◆用語集
・ソシャゲのイベントを手伝ってほしい:
 『モンスト』のCMでは主従である織田信長*1明智光秀がソシャゲ(モンスト)を通じて仲良くなっていた。
 もちろん、現実の権力*2を利用してアイテムをねだったりするのはアウトなので注意。

・何かのコスプレをしてほしい:
 実際にやろうとするとセクハラに該当しそうな危険な事例。こちらが/相手が男か女か、年齢などにもよる。
 着ぐるみを着てみてほしい、とかだったらまだいいが、コスプレのセクシー度が高いと危険度が増す。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com