のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

5/6 英語:防ぐもの/「防~」関係の英単語

 英語の話ー。
 前記事*1で「防災(ぼうさい)」について描いてて思い出しました。
 (防災は「disaster prevention」または「protection against disaster」)

 和英辞書を読んでて気が付いたんですが、
 英語でも「防火(ぼうか)」とか「防水(ぼうすい)」って結構似たような言葉を使ったりします。
 まあ全部同じ表現と言うより3~5種類の形がありますが。
 とりあえず以下に書いてみました。


 ・防音(ぼうおん):音(おと)*2が外に漏れないような(つくり)。
 「soundproofing(サウンドプルーフィング)」
 
 ・防火(ぼうか):火*3)。
 「fire prevention、fireproofing(ファイア・プリヴェンション、ファイアプルーフィング)」
 
 ・防寒(ぼうかん):寒さに対応した、寒くないようにした(装備)。
 「protection against cold(プロテクション・アゲインスト・コールド)」
 
 ・防砂林(ぼうさりん):(風によって飛んでくる)砂を防ぐための林。
 「trees planted to prevent sand from shifting(ツリーズ・プランテッド・トゥ・プリヴェント・サンド・フロム・シフティング)」
 
 ・防触(ぼうしょく):時間*4とともに起こる侵食・侵蝕を防ぐような。
 「protection against erosion(プロテクション・アゲインスト・イロウション)」
 
 ・防塵(ぼうじん):細かい塵(ちり)を防ぐような(もの)。
 「protection against dust(プロテクション・アゲインスト・ダスト)」
 
 ・防水(ぼうすい):水*5に濡れても大丈夫な(処理)。
 「waterproofing(ウォータープルーフィング)」
 
 ・防雪(ぼうせつ):雪(ゆき)*6を防ぐような、雪に対応した。
 「protection against snow(プロテクション・アゲインスト・スノウ)」 

 ・防弾(ぼうだん):弾丸*7を防ぐ、弾丸が貫通しない(服など)。
 「bulletproofing(バレットプルーフィング)」
 
 ・防潮(ぼうちょう):潮を防ぐ、潮の満ち引きに対応した(堤防など)。
 「protection against the tide(プロテクション・アゲインスト・ザ・タイド)」
 
 ・防諜(ぼうちょう):諜報(ちょうほう)、スパイ活動されないような。
 「prevention of espionage(プリヴェンション・オブ・エスピオナージ)」
 
 ・防毒(ぼうどく):毒ガスを防ぐ(装備)。
 「antigas、gasproof(アンチガス、ガスプルーフ)」
 
 ・防波堤(ぼうはてい):波を防ぐ堤防。
 「breakwater、seawall(ブレイクウォーター、シーウォール)」
 
 ・防犯(ぼうはん):犯罪を防ぐための(かつどうなど。
 「prevention of crime(プリヴェンション・オブ・クライム)」 

 ・防腐(ぼうふ):「腐敗(ふはい)」を防ぐようなもの。
 「presavation from decay(プリザヴェイション・フロム・ディケイ)」
 
 ・防風林(ぼうふうりん):強い風を防ぐための林。
 「windbreak、shelterbelt(ウィンドブレイク、シェルターベルト)」


 上に挙げた「防~」では3種類の表現がよく出てきます。
 ・防御(ぼうぎょ)*8:defence、protection(ディフェンス、プロテクション)
 ・防止(ぼうし):prevention(プリヴェンション)
 ・proof(プルーフ):証明、耐久力を付ける
 など。

 それに従って上の単語を分けると、以下の3種類って感じですかね。
 ①プルーフ型:「~に対する耐久力を付けて守る」 (例:「防音」「防火」)
 ②プリヴェント型:「~を妨げる」「防止する」って感じで「守る」
 (例:「防犯」「防諜」)
 ③プロテクション型:「~から守る」 (例:「防寒」「防雪」)

 だから何だと思うかもしれませんが、
 「何から」「どうやって」守るかによって英語の使い方も異なるってわけですな。
 それでつなぎが「against(~に対して)」とか「of(~の)」とか違ったりすると。
 そこには分かりやすい目的や関係が存在しているわけで。
 そんなことを考えつつ何かの説明書の英語欄とか見てみると、結構面白いかもしれません。



 まあそんな感じで~。



追記
 上の単語では防波堤(breakwater)や防風林(windbreak)など「break(ブレイク)」という表現を使っているのも面白いですね。
 これは「壊す」という意味でよく使われる語ですが。
 さながら堤を作って「波を砕けさせる」とか、「風にぶちあたって勢いを壊していく」というイメージで使っているのかもしれません。
 逆に言えば日本語では、英語の3~5くらいのイメージを「防」という漢字*91つで表せているわけですね。
 なかなか便利な語です。


追記2
 今回カタカナ英語を一杯書きましたが、
 海外生まれのTRPG*10ダンジョンズ&ドラゴンズ』日本語版(D&D*11)にはこんな感じの「呪文」がいっぱい出てきます。
 「プロテクション・フロム・エナジー(エネルギーよりの保護)」とか。
 (まず「proteciton from energy」英語なんですが、カタカナで解説もしてある訳です。結構勉強になります)
 興味があったら調べてみるのも面白いかもしれません。
 ちなみにD&Dを基にしたような感じの『パスファインダーRPG』ならネットで無料で見れたりします。


◆用語集
・「防~」:
 関連用語:「守護(しゅご)」*12


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:5/6 社+英:災害(さいがい)関係の英語 - のっぽさんの勉強メモ

*2:「音(おと)」については 4/20 英語:語群翻訳(ごぐんほんやく) ~あなたが一番伝えたいこと~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「火(ひ)」)についてはを参照。)に耐えられる、燃えない(装備((「装備(そうび)」については 12/23 英語:ファンタジー/素材(material)の話 - のっぽさんの勉強メモを参照。

*4:「時間(じかん)」、そして「アンチエイジング(抗老化/こうろうか)」については 12/3 世界史:塩とコショウ、保存と時間 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「水(みず)」については 12/16 地理:都市運営ゲーム/「水(みず)」編ですよ、市長! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「雪(ゆき)」については 1/16 英語:「氷」関係の英単語~氷魔法アイスクリーム~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「弾丸(だんがん)」については 7/2 英語:ゾンビ物で出てきそうな英単語! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:「防御(ぼうぎょ)」については 9/3 英語:「攻撃は最大の防御」ですか? ~「defend(ディフェンド)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「漢字(かんじ)」については6/6 国語:まとめ・システムとしての漢字 - のっぽさんの勉強メモを参照。

*10:「TRPG」については 3/14 こころの話:人生(じんせい)/君と道を行くRPG - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:D&D』については 4/6 理科:秩序(ちつじょ)たる「宇宙(うちゅう)」と「秋の桜」 ~コスモス~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:「守護(しゅご)」については 10/1 歴+英:鎌倉時代の「ガーディアン」!? ~「守護(しゅご)」と「地頭(じとう)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。