読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

6/7 数学:「-10%」・「-10%」は「-20%」じゃない!? ~値引きタイミングの話~

数学 生活

 数学の話ー。
 タイトルがすべてを物語っていますが。
 「%をするタイミングや対象によって、結果違うよー」という話。
 当ブログでいうと「変な数学」シリーズになります。


 よく値引きとかで「1割引き」とか「-10%」とかありますよね。
 その時に注意していただきたいのですが、
 「値引きのタイミングがずれると、最終的な値段が違うことがある」ってことです。

 例えば上に挙げた「-10%」・「-10%」と「-20%」。
 「合計すればどっちも-20%だから同じじゃないの?」と思うかもしれませんが
 ちょっとやってみましょう。

 例えば100円の商品があるとします。
 これを上に書いた二つのやり方で値引きしてもらいます。

 ①まず「-20%」。
 100×0.2=20なので、100-20=80円になります。

 ②一方で「-10%」・「-10%」。
 これは「-10%したものに対して、あとで-10%する」ってことです。
 どうなるかというと。
 まず100-10%=100-(100×0.1)=100-10=90。
 そして、次は90-10%ということになるので、
 90-10%=90-(90×0.1)=90-9=81円
 ということになります。
 少しだけ高くなってしまいました。


 要は、「タイミングがずれると、減った後の値段をもとに割引されてしまう」ということです。
 「100円の10%」(10円)>「90円の10%」(9円)なので、
 90円を基準にして割引されると、その分損してしまう訳ですね。
 だから「-20%」の80円よりも高くなってしまったわけです。

 これが「100円-(100円の10%)-(100円の10%)」というように
 100円を基準にしていれば損をすることはないのですが。
 意外とタイミングが重要になる、ということです。


 お店では時々、安くなった製品にさらに値引きシールが貼られてたりしますが、
 「どの値段から割引されているのか?」ってことで結構値段は違うので、ご注意を。


 まあそんな感じで~。



追記
 今回はマイナスについて書きましたが、「+~%」が関わってくることもあります。
 それは借金*1の時の「利息(りそく)」です。
 利息というのは「本来借りたお金より余計に払わなきゃいけないお金」です。

 これは固定になっている場合と、時間とともに増えていく場合があります。
 特に裏社会とかの「闇金融(やみきんゆう)」から借りたお金だとヤバいらしいです。
 始めは「借金」+「利息」だったものが
 「増えた後の借金」+「借金を基準にした利息」になるので、
 100+10%→110%+110%の10%みたいなことになるわけです。
 すごい勢いで借金が膨れ上がると言います。
 
 みなさまもお金を借りる時は、ルールをきちんと確認した方が良いかと思います。




◆用語集
・%(パーセント):詳細は過去記事など参照。
 本文末尾では借金について書いたが、
 RPG*2だと「攻撃力~%アップ」スキル*3がいっぱい重なったりするので、本文で書いたようなことは結構重要になる。
 「本来の攻撃力をアップ」するものより、「強化された攻撃力をさらにアップ」してくれるものがあればそっちの方が強い。
 あとタイミングがずれること逆に得をする話もある。
 カードゲーム*4で「自分のライフを半分にする」(→50%)など%に関わる効果は、
 ライフが多い時ほど損で、少ない時ほどマシ。
 なので同じタイミングで複数の効果を使えても使わず、一方の効果で減った後に使うとよい。


・値引き(ねびき):主に店が商品の値段を下げること。
 客が値を下げるように言うのは「値切り(ねぎり)」。
 値引きは英語で「discount(ディスカウント)」、値切りは「beat the price down ~/knock 〃」などというらしい。
 値切りの「beat(ビート)」や「knock(ノック)」はどちらも「叩く」という意味を持つので、
 「値段をぶっ叩いて下げる」(ガーンと下げる)という感じだろうか。

 ちなみに関東と関西では値切りの行われようが違うようだ(あやふやな話)。
 関東ではそんなに行われない気がする。大阪などでは商人文化だからか日常的なイメージ。


・タイミング:何かをしたらいい時、するべき時。機会、チャンス。
 英語で言うと「timing(タイミング)」。
 試しに検索かけてみたら林修先生の「今でしょ!」とか
 昔あったグループ「ブラックビスケッツ」の曲「タイミング」とかが引っかかった。
 ちなみに「ブラックビスケッツ」には「ウッチャンナンチャン」の「ナンチャン(南原清隆さん)」、「キャイ〜ン」の「天野ひろゆき」さんなどが所属していた。芸人メンバー豪華だな……。

 ちなみにカードゲームでタイミングは結構重要である。
 相手と同じタイミングでカードを使うことになることは多く、その微妙な差で勝敗が分かれることも多い。
 カードゲーム『遊戯王*5では効果を使える条件(タイミング)の種類がいっぱいあるため、
 最初の内は誤解したり、うかうかしていて忘れたりすることも多い。
 逆に熟練カードゲーマーにとって今回の値引きの話は「いや、タイミング違うなら結果違って当然だろ」みたいな感じだったかもしれない。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com