のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

6/25 国語:実践!「5W1H」の読み取り

 国語の話ー。
 「5W1H」を意識しつつ文章題*1を読む話です。



 前にも書きましたが
5W1H」(ごダブリューいちエイチ)
 とは以下の疑問詞(ぎもんし)*2をまとめたものです。すなわち

 ①When(ウェン、ホウェン/いつ)
 ②Where(ウェア・ホウェア/どこで)
 ③Who(フ―/誰が)
 ④What(ワット・ホワット/何を)
 ⑤Why(ホワイ/何故)
 ⑥How(ハウ/どのように)

 って感じです。
 ここら辺に気を使うと、文が読みやすくなったりしますが、
 慣れないうちはこんがらがったりもして分かりにくいです。


 なので、文から5W1Hを読み取る練習問題をちょっと書いときます。
 例えば次のようなニュースがあったとします。


 「昨日の午前一時、はてな県ブログ市の住宅から現金3000万円が盗まれそうになりました。
 犯人は『ワルーイ・ノッポ』という人物で、現場近くに居合わせた警察官にその後すぐに逮捕されました。
 手口はハンマーで窓ガラスを割って侵入し、金庫ごと持ち去る、というものでした。
 犯人は『借金*3が返せなかったから盗みに入った』と証言しています」



 この話の「5W1H」はどんな感じになるでしょうか?
 ちょっと考えてみてください。








………………

 どうでしょう。思いつきましたか?
 この場合「5W1H」との対応はこんな感じになります。


 事件全体:「誰かが何かを盗もうとした」

 ①いつ(When):「昨日の午前一時」
 ②どこで(Where):「はてな県ブログ市の住宅」
 ③誰が(Who):「ワルーイ・ノッポ」
 ④何を(What):「現金3000万円」
 ⑤なぜ(Why):「借金が返せなかったから」
 ⑥どのように(How):「ハンマーで窓ガラスを割って侵入し、金庫ごと持ち去る、」



 って感じですね。
 ニュースは限られた時間で情報を伝えなきゃいけないので、短くまとまってる場合が多いです。
 もし「5W1H」を読み取る練習をしたかったらニュース番組を見るか
 あるいは新聞を読んでみるといいかもしれません。



 まあそんな感じで~。



追記
 上ではニュースという、とても現実的な物を例にしましたが、
 ファンタジー*4小説などの会話でも、「5W1H」を意識することはできます。
 例えば、以下のような会話があったとしましょう。


酒場的なところでの会話

「あんたはもう知っとるかね、勇者*5トムが悪い竜を倒したのを!
 あの悪竜め、近隣の村を荒らし回っていたから、とうとう勇者に目を付けられた!
 東の火山*6で、三日にも及ぶ長い闘いの末、昨日ついにやり遂げたそうな!
 なんでもトドメはあの『勇者の剣』で刺したって噂だ……。俺も見たかったなあ!」



 会話だとニュースに比べて分かりにくい上、
 今回はファンタジーになっていますが、基本は同じです。

 全体「勇者トムが悪い竜を倒した」

 ①いつ(When):「昨日」
 ②どこで(Where):「東の火山」
 ③誰が(Who):「勇者トム」
 ④何を(What): 「悪竜(悪い竜)」
 ⑤なぜ(Why):「近隣の村を荒らしていたから」
 ⑥どのように(How):「トドメはあの『勇者の剣』で刺した」
  (もっと情報が必要な場合、「三日にも及ぶ長い闘いの末」を足す)

 って感じですね。
 もちろん「5W1H」がいつも揃っているとは限りません。
 現実の会話でも「それっていつの話よ?」とか突っ込まれることはありますしね。

 でも「5W1H」の全部がいつも大事な訳ではありません。
 「いつ事件が起きたか」だけ知りたい場合は、他の情報は特にいりませんからね。

 国語の問題文も、全部を聞くものは少ないと思うので、
 慣れてきたら「5W1Hを意識して分類する→必要なとこだけに集中する」
 という風にするとよいかもしれません。





benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com