のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

7/2 国語:ジ・オグラ・アンソロジーとポエムズ ~百人一首~

 国語の話―。簡単に「百人一首(ひゃくにんいっしゅ)」の話を。

 しかしいやあ、暑いですね!
 深く記事考えてると体力とやる気が減ってくので
 ラフに書かせていただきます。ご了承ください。


 昨日は現場で百人一首をやりました。
 テンポ良くするために下の句から読んでいたのですが、
 ほぼ反射神経ゲームになりなかなかエキサイティングなことになってました。
 【※ちなみに歌かるたとしての百人一首が有名ですが
   本来の「百人一首」は歌集のことであり「かるた」のことではないようです】

 さて、この百人一首ですが手元の和英辞典では
 「the Hundred Poems by One Hundred Poets」
 (百人の詩人による百の短歌*1
 となっております。
 ここでは短歌は「poems(ポエムズ)」ということになっているわけですね。
 「poem」は「ポエム」というカタカナ語でも知られるように「詩」全体を表します。
 そして「poet(ポエット)」というのが「詩人」「歌人」を表す語です。
 詩を読む人。作る人ってことですね。
 日本では「ポエマ-」という表現もありますが和製英語のようです。


 そして「小倉百人一首(おぐらひゃくにんいっしゅ)」はもうちょっと長くて
 「the Ogura Anthology of One Hundred Tanka-poems by One Hundred Poets」
 (百人の詩人による百の短歌の、小倉詩選集)
 となってます。
 短歌が「Tanka-poems」になってるのでちょっとわかりやすいですね。

 「anthology(アンソロジー)」とは「選集(せんしゅう)」「詩選集」などという意味です。
 主に色んな作者さんの作品を集めたものです。
 小説とかマンガでも時々「アンソロジー」という形態がありますが、それです。


 「百人一首」というと有名なだけに、特別と捉えてしまいますが、
 「アンソロジー」と捉えると現代っぽい、またなんか違った感触がしますね。
 そういう意味では「百人一首」というのも
 現代の「有名アーティスト百人のベストアルバム作るよ!」みたいなものだったのかもしれません。



 まあそんな感じで~。


◆用語集
百人一首(ひゃくにんいっしゅ):詳細は本文参照。
 本文でも書いたように本来は歌集のこと。
 また「小倉百人一首(おぐらひゃくにんいっしゅ)」のその内の一つなのだが
 今日では「百人一首=小倉版の歌がるた」みたいな感じになっている。
 ちなみに「かるた」とは日本語ではなく元々ポルトガル語の「紙(carta)」に由来するらしい。
 つまりは「カード(card)」*2
 百人一首の遊び方は色々あり、中には「源平合戦(げんぺいがっせん)」という団体戦も存在する。
 源氏・平氏*3はここでも争う定めのようだ……。
 歌がるたの百人一首については実写化もした漫画『ちはやふる』が有名。
 映画の主題歌となった「Perfume(パフューム)」の『FLASH』は
 歌詞が百人一首(の競技かるたのスピード)を表したものである。
 あとPVが演武を取り入れたような動きで格好良い。すごく切れがいい。
 関連用語:「上毛かるた*4


・アンソロジー:色んな作者による、作品集。
 マンガなどの「アンソロジー」は、あるマンガが有名になるとよく作られる。
 色んな作者が1つの作品のキャラクター等を利用して書くという形式が多い。
 作者以外がそれを書く、というのは「同人誌(どうじんし)」の二次創作でもよく見られるが、
 作者の許可を得た上での「公式アンソロジー」というものも多く、こちらは一般に売られている。

・エキサイティング:「興奮させるような」。英語で書くと「exciting」。
 ちなみに筆者は昔の「バトルドーム」という商品のCMネタが好きである。
 「ボールを相手のゴールにシュゥゥゥーッ!!超!エキサイティン!!」という、
 頭に残るキャッチフレーズで有名。

・詩(し):心の動きや感動を言葉にしたもの。
 英語では「poem(ポエム)」。
 関連用語:「吟遊詩人(ぎんゆうしじん)」*5

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com