のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

7/24 英+理:薬草/セージと賢者(けんじゃ)と救世主(きゅうせいしゅ)!

 英語+理科の話ー。
 ハーブ*1の本を手に入れたので、今回はそのネタを。


 ハーブの一種で「セージ(sage)」というものがあります。
 長寿とか強壮に良いらしく、
 『ハーブティー・カクテルティーの辞典』によれば
 古代ギリシャ・ローマ時代から親しまれてきたそうで。

 で、ファンタジー*2やRPG*3で出てくる「賢者(けんじゃ)」が「sage(セージ)」というので、
 ちなみに賢者とは「頭のいい人」「知識を多く持っている人」のことです。
 年配の方のイメージがありますね。

 関係あるのか?と思い語源を調べてみたら説が複数あったりしました。


 ①まず上記の本では、語源はラテン語の「salvare(サルワーレ)」「救う」「長生きさせる」だとされています。
 ②ですがwikipediaでは「ラテン語の salvia が(フランス語 sauge を経て)転訛」と載っていました。
 (実際にセージは「サルビア」の仲間です)
 ③ネット上のサイト『語源由来辞典』様にはまた違う話が載ってました。
 ④そしてネット上のページではいくつか「賢者が人々に伝えたと言われるハーブ」と書いてありましたが、詳しいところは不明です。

 一方、賢者(sage)の語源については情報が少ないですが、
 ネットの『ファンタジー職業 語源辞典』というページ様にある解説が載ってました。
 気になる方は見てみるといいかもです。


 ところで、①のように「セージ」の語源がラテン語「salvare(サルワーレ/救う)」にあるなら、
 言葉としてはむしろ「救世主」(Savior/セイヴァー)に近いかもしれません。
 ページ『ニコニコ大百科(仮)』によれば「savior」は名詞*4「サルワートル」から派生した語であり、
 それの根っこにやはり動詞(「動詞(どうし)」については
12/8 英語:「基本5文型(きほんごぶんけい)」って何さ? +四天王(してんのう) - のっぽさんの勉強メモ
を参照。())「salvare(サルワーレ)」があるようなので。


 いずれにせよ「賢者」「救世主」という言葉に繋がってるのは格好良いですね。
 セージの力が世の中を救ったかどうかは定かではありませんが、
 「セージを植えている家から病人は出ない」ということわざもあるそうで。
 病気に苦しむ昔の人にとっては、まさに救い主のように見えたかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。


◆参考文献・サイト様(敬称略)
成美堂出版編集部編,2003,『ハーブティー・カクテルティーの辞典』,成美堂出版
・『語源由来辞典』
・『ニコニコ大百科(仮)』
・『ファンタジー職業 語源辞典』
・『Wikipedia


◆用語集 (人名敬称略)
・セージ(薬草):英語では「sage」。詳細は本文参照。
 パッと見「サルビア(salvia)」の仲間とは分かりにくい名前だが 
 学名は「salvia officinalis」で、和名だと「ヤクヨウサルビア(薬用サルビア)」。
 すごくわかりやすい。
 ソーセージの語源になったという説もあるらしい。
 あとセージに関することわざは、本文に挙げた以外にもある。
 例えば「長生きしたいものは5月にセージを食べよ」とか、「庭にセージを植えれば、老いることなし」というものがあるようだ。すごいぜ。

・賢者(けんじゃ):
 関連用語:「賢者の石」*5


・セイヴァー(savior):救世主*6
 似た語として「セイバー(saber)」という言葉もあるが、こちらはいわゆる「サーベル」のこと。
 サーベルについては下記の用語集を参照。
 『ニコニコ大百科(仮)』などによるとラテン語の「サルワーレ」絡みの語は英語に取り入れられ、「safe(セーフ/安全)」、「save(セーブ/救う・保つ)」*7などの語になったらしい。
 「save」は「データをセーブする」としてゲームではお馴染み。
 またこの「save」を「-er」付けて行為者名にすると「saver(セーバー)」であり、
 「スクリーンセーバー」「ライフセーバー」などの語はここから来ている。
 関連用語:「ロード」*8

・ソーセージ:
 肉を詰めた食べ物。
 英語のスペルでは「sausage(ソーセージ)」。
 関連用語:「硝石(しょうせき)」*9

・サーベル(オランダ語sabel):ヨーロッパにおける刀剣の一種。
 英語では「セイバー(sabre, saber)」、フランス語では「サーブル(sabre)」。
 そしてポルトガル語の「サブレ(sable)」が由来とwikiには書いてあった。
 (サーブルについては過去記事「6/16 英語:broad/ブロードウェイ~」にも少し載ってます)
 ゲーム『Fate*10に出てくる「セイバー」はこちら。「セイヴァー」の方も『Fate/EXTRA』に出てくるらしいが。
 「sabre」だとパッと見お菓子の「サブレー」っぽいが、
 お菓子の「サブレー」はフランス語の「Sablé」のことらしい。由来は色々あるが、サーベルとは関係なさそう。
 ちなみに刀剣のサーベルは明治以降の日本でも、軍隊*11・警察で使っていた*12
 儀礼刀(ぎれいとう)としては現在の自衛隊*13でも使われているらしい。

川澄綾子(かわすみ・あやこ):
 女性声優さん。上記ゲーム『Fate』シリーズの「セイバー」の担当声優。
 他にはゲーム『Fate/Grand Order』の「アン・ボニー」*14、『艦隊これくしょん』の「大淀(おおよど)」他、
 アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』の「エリナ」などを担当しておられる。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「ハーブ」や「薬草」については 12/6 理科→英語・社会:専門用語を調べてみると(in英語) - のっぽさんの勉強メモ5/15 理科:あなたの「薬草(やくそう)」はどんな薬草? ~アロエ・ヤマイモ・ワサビ~ - のっぽさんの勉強メモを参照。

*2:「ファンタジー」については 12/16 英語:鑑定(かんてい)だー!単語をよこせ! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「RPG」については 3/14 こころの話:人生(じんせい)/君と道を行くRPG - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「名詞(めいし)」については 12/18 英語:名詞(めいし)/物語(ものがたり)を始めるもの - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「賢者の石」については 5/22 理科:錬金術/「愚者の黄金(ぐしゃのおうごん)」と「賢者の石(けんじゃのいし)」 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:時にゲームなどで「勇者」がこの位置にくることがある・勇者については 1/27 英語:翻訳を利用して魔王(まおう)を女子にする、だと…!? - のっぽさんの勉強メモなどを参照。

*7:「世界を救う」ことに関しては12/11 英語:英文ゲーム/トムは向こうで世界を救っています - のっぽさんの勉強メモも参照。

*8:「ロード」については 7/27 英語:色んな「ロード」の話! ~road,load,lord,~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「硝石(しょうせき)」については 12/25 理科:元素記号1~18 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:Fate』については 4/24 英語:お遊び/中二病的な英文例 ~あいつは魔王で魔眼使い~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:「軍隊(ぐんたい)」については 5/1 社会:「軍隊(ぐんたい)」に関しての二つの立場(ざっくり) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:そして中世後半では騎兵や騎士がよく使っていたらしい。騎士については12/27 社会/騎士(きし)と馬(うま)の話(ざっくり) - のっぽさんの勉強メモ参照。

*13:自衛隊(じえいたい)」については 7/3 国語:「鎧袖一触(がいしゅういっしょく)」は無敵状態ですか? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*14:「アン・ボニー」については 5/29 歴史:海賊/一つのナンパが歴史を動かす!? ~女海賊アンとメアリー~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。