読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

7/31 歴史:スポット・ヒストリー ~その土地の歴史~

 歴史の話ー。
 その土地の歴史の話です。


 世界史を習う時、教科書では場所を転々としながら習ったりします。
 例えばアジアの次はヨーロッパで、今度はアフリカとか。
 広く目を向けるので重要ですが、ちょっとややこしくもありますね。

 なので逆に「ある1つの土地の歴史」に目を向けてみるという手もあります。
 その土地や町、村がどういう変化をしてきたのかってことです。
 適当に名付けると「スポット・ヒストリ-」といったところでしょうか。

 土地によって出来事は違いますし、また反応は違ったりします。
 例えば田舎とかでは、歴史的な出来事より、
 隣町にスーパーができたことの方が大きな影響力を持ってたりします。

 また戦争(せんそう)*1の被害を直接受けた地域とそうでない地域、
 災害(さいがい)*2にあった地域とそうでない地域では、違った歴史や感覚があるでしょう。

 もしあなたが社会の自由研究*3で困っているようでしたら、
 そういった「自分の住んでいる街の歴史」を調べてみるのもいいかもしれません。


 まあそんな感じで~。



追記
 人間の話ではないですが、「地層(ちそう)」もその土地の歴史を表しています。
 そこにはどういうものが積み重なっていったのかのデータが現れています。



◆用語集
・地層(ちそう):ある程度の大きさを持った岩の層*4。主にいろんなものが積もってできる。
 英語で言うと「stratum(ストラトゥム)」もしく「layer(レイヤー)」。
 特に「地表(ちひょう)」に現れたものを言うようだ。
 地震や山崩れなどの大きな変化で出てくる場合も多い。逆に、地層の乱れなどを見ることで過去の地震の影響などを見ることができる。
 色んな種類の土が積もってたりするので、ちょっとカラフル。
 ちなみに過去記事で紹介した「堆積岩(たいせきがん)」*5はこの地層がもっと固くなったもの。
 古い層からは化石が見つかったり、石油が採れたりする。 
 ちなみに「レイヤー」というと「コスプレイヤー*6の省略形でもあったりするが、そちらは「costume-player」の略なので特に関係はない。

・化石(かせき):古い時代の生き物やその痕跡が、地層から見つかったもの。
 英語では「fossil(フォシル)」。
 関連用語:「恐竜(きょうりゅう)」*7、「氷晶石(ひょうしょうせき)」*8(かつては氷の化石と考えられていた)、「博物館(はくぶつかん)」*9


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「戦争(せんそう)」については 11/2 社会+国+こころ:愛と平和、と戦争 ~言葉の食い違いから考える~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「災害(さいがい)」については 5/6 社+英:災害(さいがい)関係の英語 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「自由研究(じゆうけんきゅう)」については 7/5 学習:夏休みの自由研究メモ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「層(そう)」については 4/15 こころの話:多層風景(たそうふうけい)/心にかかるフィルター - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「堆積岩(たいせきがん)」については 7/30 理+英:岩石の英語名 ~イグニス・奈落・変身~ - のっぽさんの勉強メモ参照。

*6:コスプレイヤー」については 4/23 英語:costume/氷上の美少女戦士!? ~スケート、コスプレ、習慣~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「恐竜(きょうりゅう)」については 8/27 理+歴:恐竜(きょうりゅう)/神、怪物、そして福井!? ~名前の由来~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:「氷晶石(ひょうしょうせき)」については 2/7 理科:氷晶石(ひょうしょうせき)/「氷」は「氷」でも、「とけない氷」はなーんだ? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「博物館(はくぶつかん)」については 12/5 英語:ミュージック(music)の由来とギリシャ神話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。