読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

9/12 数学:「一次関数(いちじかんすう)」で技の威力を見極める!?

 数学の話ー。
 「一次関数(いちじかんすう)*1の式をゲームからとらえてみよう」ってことです。


 例えば、戦闘のあるゲーム的なもの(RPG*2的な)を思い浮かべてください。

 自分の攻撃力分のダメージを与えられる「スマッシュ」という技*3があったとします。
 攻撃力が「100」なら技のダメージも「100」、
 攻撃力が「10」なら技のダメージも「10」という感じです。
 数学的に書けば「技のダメージ=自分の攻撃力」ってことです。
 これはx、yを使って表すと

 ①y=x……式①

 ということになりますね。


 では「ダブルスマッシュ」という技があったとします。
 これは上の技の改良版(ぶっちゃけ2回攻撃)で、
 今度は「自分の攻撃力の2倍のダメージを与える」ことができます。
 つまり「技のダメージ=自分の攻撃力×2
 この式はxyだと

 y=2x……式②

 という感じになります。
(ここでの「2」がちょうど「比例定数」とか「変化の割合」とか言われるものになります)


 そして今度は「ダブルスマッシュ改」という技があったとしましょう。
 今度はさらに強い技で
 「自分の攻撃力を2倍にした上でさらにダメージが100足される」ものです。
 式にすると「技のダメージ==自分の攻撃力×2+100
 xyだと

 y=2x+100……式③

 という感じになります。
 (ここで「+100」はよく「切片(せっぺん)」と呼ばれるものです)


 さて、「一次関数」の式は「y=ax+b」と教えられますが、
 最後の「ダブルスマッシュ改」の式が、丁度それに対応していますね。
 「y=ax+b」はaやらbやらパーツが多いので
 式①「y=x」や式②「y=2x」とは違う式にも見えますが、基本は同じです。
 
 ①「y=x」=「y=1×x+0」
 ②「y=2x」=「y=2×x+0」
 
 ってことで、aやbに1や0とかが入ってるから目立たないわけですね。
 (ついでにいうと「y=x+100」も同じ理屈です。y=1×x+100)


 上に書いたように関数の考え方はゲームでも結構使えるので、
 「ゲームで威力の高い技使いたいけど分からん」という方は
 関数をちょっとやってみるといいかもしれません。


 まあそんな感じで~。




◆用語集
・スマッシュ(smash):英単語。意味は「粉々にする」「強くぶつける」など。
 テニスの「スマッシュ」もここから来ている。 
 RPGの技としては「思いっきり武器を振る」みたいな感じ。
 関連した言葉に「バッシュ(bash)/ぶん殴る、強く打つ」があり、
 オンラインゲーム『ラグナロクオンライン』で技として出ていた。
 また、それをモデルにしていると思われるTRPG『アリアンロッドRPG 2E』にも同名の技がある。


・ダブル(double):「2倍の」などの意味を持つ英単語。
 それこそテニスで「ダブルス(doubles)/2人対2人の試合」というものもある。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「一次関数(いちじかんすう)」「二次関数(にじかんすう)」については 1/28 数+英:X軸・Y軸(じく)/奴らの名はアクシス! - のっぽさんの勉強メモ参照。

*2:「RPG」については 3/14 こころの話:人生(じんせい)/君と道を行くRPG - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:技を意味する「スキル」については 12/1 数学:文章題は難しい - のっぽさんの勉強メモを、「アーツ」については11/3 英語:色んな「art」/芸術、ゲーム、人工知能!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。参照。