読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

9/19 国語:ゲーム「漢字しりとり」

国語 ゲーム

 国語の話ー。タイトルでほぼ内容バレですが。
 名前の通り「漢字*1の単語でしりとりしようぜ」って話です。

 ルールは大体普通の「しりとり」と一緒ですが、
 違うのは、最後の「漢字」につなげる所ですね。

 たとえば「数学(すうがく)」を例にすると、
 普通のしりとりでは「数学(すうが)」→「組合(みあい)」
 みたいにして続きますが、
 漢字しりとりでは、
 「数(すうがく)」→「校(がっこう)」
 みたいにして続くってことです。
 なので読み方とか音とかがガラッと変わる可能性があります。
 音読み・訓読みの練習になるかも?

 国語の単語力に自信がある方、また逆に力を鍛えたい方たちも、よければ挑戦してみてください。


 まあそんな感じで~。



追記 
 適当につなげてみました

①数学→②学校→③校歌→④歌合(うたあわせ)→⑤合体(がったい)*2→⑥体操→⑦操作→⑧作成→⑨成長*3→⑩長屋→⑪屋敷→⑫敷物→⑬物語→⑭語順→⑮順番*4→⑯番人→⑰人生→⑱生活→⑲活動→⑳動物……



◆用語集
・歌合(うたあわせ):2組に分かれて和歌(短歌)を読み、優劣を競う遊び。
 平安時代ごろからやっていたらしい。
 ……なのだが、wikipediaによると当時、歌を上手く読めることは出世とかにかかわる話だったので、あんまり気軽な感じではなかったらしい。こわい。
 ちなみに歌合わせの用語が「方人(かたうど)」「念人(おもいびと)」「判者(はんざ)」など結構格好良い。
 筆者の中二病センスにぐいぐい来る感じである。
 というか「念人」は字だけ見れば「念力(ねんりき)」とか「超能力(ちょうのうりょく)」*5が使えそうな感じである。つよそう。
 実際には自分チームの歌を褒め、相手チームの歌の欠点を指摘する役らしい。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com