読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

9/30 歴史:バックグラウンド・ストーリー! ~カードゲーム、そして偉人の背負うスト-リ―~

 歴史の話ー。
 「バックグラウンド」とは「背景(はいけい)」のことです。
 「BGM(バックグラウンドミュージック)」は「背景で流れる音楽」という意味ですが、そんな感じの造語です。


 昨日の過去記事9/29 学習+ゲーム:やっていて楽しい勉強!? ~カードを場に出すように~ - のっぽさんの勉強メモではカードゲーム*1の色んな楽しみについて書きましたが。

 筆者はカードゲームの「フレイバーテキスト」が好きだったりします。
 テキストと言うのは説明文のことなのですが、
 特にカードの効果とかではなくて、その世界観を示すものを特にフレイバーテキストと言います
 (例:「全長3mで~」とキャラの説明をしてたり、セリフが書いてあったりする)

 過去紹介してきたカードゲーム『遊戯王*2や『マジック:ザ・ギャザリング*3等でもそういうのは結構あります。
 あとはカードには書かれてないストーリーが設定してあったり。
 ただ強さや効果を見るだけなら、カードに絵やフレイバーは特に要らないので、
 逆に言えばこれも「カードゲーム」に取って大事な要素と言えるでしょう。


 で、これは勉強に絡めますと、
 「歴史上の人物の背負ったスト-リ―を考える」という感じになります。

 過去記事2/1 社会(歴史):「それどんな気持ちなのさー」って想像するゲーム - のっぽさんの勉強メモで書いたように、年表の沢山の名前はただの記号のようにも見えますが。
 よく考えると、一人一人にスト-リ-(人生)があり、「背負ったもの」があるわけです。

 例えば戦国時代の「織田信長*4は有名ですが、
 信長に倒された「今川義元(いまがわよしもと)」にも勿論ストーリーがあります。

 彼は「桶狭間の戦い」で奇襲されて負けたことや、貴族のような格好をしていたということから、
 しばしばゲームでは「おじゃる」的なキャラになっていたり弱いとされがちですが。
 実は「海道一の弓取り」(東海道では一番の大名)と呼ばれていたり、
 領地をしっかり治めていた「名君」であったという話もあります。
 あとはかの「武田信玄(たけだしんげん)」や「北条氏康(ほうじょううじやす)」などの武将と義兄弟であったといいます。
 そういったことを知ると、「今川義元結構やるじゃない!」って思えて、
 また教科書の「戦国時代」の部分が、違った風に見えてくるかもしれません。


 そんな風に、歴史が苦手でも、「カードゲームの裏設定が好き」とか「小説の世界観や人間関係が好き」という方は、
 歴史の人物の「BGS(バックグラウンドストーリー)」に思いをはせてみると、ちょっと楽しいかもしれません。


 まあそんな感じで~。



追記
 歴史や地理は範囲が広いので結構大変ですが、今回のようにある部分に目を付けるやり方もあります。
 逆に、ざーっと流れを理解したい方は、細かい名前は飛ばして全体を読んでみるといいかもしれません。
 そんな風に大きく/小さくみる見方をしばしば「マクロ/ミクロ」と言いますが、それについては1/5 数学:なぜ「1+1=2」ができるのか(雑考) - のっぽさんの勉強メモで書いてますので良ければご覧ください。



◆用語集
・背景(はいけい):後ろの景色*5。英語では「background(バックグラウンド)」。
 そこから「人の背負っている事情や理由、人生」を表すこともある。
 (例:「彼がこんなことをした背景には~という事情があった」など)

今川義元(いまがわよしもと):戦国大名の一人。詳細は本文。
 ゲームでは「おじゃる」的な貴族キャラとして描かれる確率*6が高く、しばしば蹴鞠(けまり)で戦ったりしている。
 さすがに本物の戦国時代で蹴鞠で戦っていたとは思えない。
 だがもしそうなら、今川義元が生き残っていれば「今川流サッカー術」が現代に残った可能性もある。 
 そうすると日本のサッカーが飛躍的に強くなっていたかもしれない。
 おのれ信長!(風評被害


フレイバーテキスト(Flavor text):詳細は本文参照。「フレーバー~」とも。
 カードゲームなどで使われ、ルールには特に関係ないが、世界観などを表す文。
 フレイバー(flavor)とは味や香り、風味などを意味する。
 まさしく「カードのデータに風味づけをする」文章と言える。
 筆者は『遊戯王』の「バニーラ」のテキストが好きだったりする。
 あとフレイバーではなく背景のストーリーになるが、『マジック:ザ・ギャザリング』の「聖トラフトの霊」(キャラ名としては「トラフト」)のものがが格好良い。
 某動画(『しんでれら・まじっく』)で知った情報だが。
 

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com