読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

10/17 歴史:接頭辞「re」とルネッサンス! ~破壊されたものを再生する~

社会 英語

 歴史+英語の話ー。
 勢いよく「ルネッサンス」と書いてますが「ルネサンス」と同じ意味です悪しからず。
 そんなわけで世界史で習う「ルネサンス」という言葉の意味についての話です。


 以前過去記事で接頭辞*1「re」が「再び」という意味だと書きましたが。
 実は世界史で習う「ルネサンス(Renaissance)」も、「再生」「復活」を意味するフランス語だったりします。(wikipedia参考)

 この「ルネサンス」の時代は、簡単に言うと「芸術が栄えた時代」なのですが、
 その元は「ギリシャとかローマ時代の文化を復興しようぜ!」という動きがあります。
 ギリシャとかローマには優れた芸術がいっぱいあったのですが、
 その後、キリスト教*2の影響が強まった時代で、ギリシャ・ローマ文化の破壊がされてしまったようで。
 そこら辺を芸術的に見直したいって動きですね。

 で、ルネサンス期の絵画はギリシャローマ神話をテーマにしたものが多いです。
 描かれる人物に「裸」の割合が多かったりします。
 (有名な「ヴィーナスの誕生*3とか)
 生命の躍動感とか開放感とかを出したかったようですね。
 まあ昔のオリンピックとかはみんな裸でやってたそうですしね……。


 ちなみにwikipediaを見てると、それまでの時代でもルネサンス的な活動はあったそうで、
 だから14世紀からのものは特に「イタリア・ルネサンス」と呼ぶべきでは、という意見もあるようです。

 いつの時代でも、「昔のことを大事にすべきなんじゃないか」という思いがあるのは面白いですね。
 しかもただ昔を懐かしむだけでなく、
 ルネサンスはその時代の原動力に繋がった(芸術が活発になった)例と言えます。
 こんな風に、新旧織り交ぜてうまくやりたいものですね~。



 まあそんな感じで~。


 関連用語:「ゴシック」*4


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com