のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

10/20 英語:ダイエット=「痩せる」ことではない!? 

 英語の話ー。
 「ダイエット」についての話です。
 ダイエット業界やそこらでは常識かもしれませんが、ご容赦を。


 私事ですが、筆者はこの頃「痩せる」とか「ダイエット」と言う単語に縁があったりします。
 といってもマンガとかゲーム実況とかでの話ですが。

 この前読んだ漫画『私がモテてどうすんだ』は「太っていた主人公(女)がいきなり痩せて(美人になって)モテる」というストーリ-で、
 女性向けゲーム『乙女的恋革命★ラブレボ!!』は「体重100kgの主人公が頑張ってダイエットしつつ、イケメンと恋をする」というストーリーなんですね。
 ちなみにどっちも面白いのでお勧めです。


 そんなわけで、ダイエットの話。
 よく「体重を減らす」位の意味に思われていますが、それだけではありません。
 (これ絡みの話は色々ネットにありましたので、重複してしまいますが)

 そもそも英語「diet(ダイエット)」とは
 本来の意味は「食べ物」であって、さらには「規定食」という意味だったりします(wikipedia参考)。
 「管理された食事」ってことですね。
 なので病気治療のための計算された食事なんかも「ダイエット」です。
 痩せてて体調が悪い時に、健康的な食事や運動習慣をすることもダイエット。
 そもそもwikipediaによると「diet」の語源は古代ギリシア語の「diaita (ディアイタ)」で、意味は「生活習慣」らしいですし。

 つまり「痩せる=ダイエット」という訳ではなく
 「自分に必要な食事をして健康になる!」というのが「ダイエット」なわけですね。

 中学・高校の時期だと成長期で体重や体形は大きく変わるかもしれません。
 気になって体重を減らしたくなるかもですが、中には成長のためには必要な体重増加もあります。
 あと急な体重減少は体調を崩しがちです。
 上に書いたゲーム『乙女的恋革命★ラブレボ!!』の中でも「(過度に太っていたら)健康的に体重を減らすのが大事」ということが言われていますしね。
 (実際、ゲームシステム上、無理をしてもあんまり効果がないようになっています*1

 「健康管理をする」のがダイエットと考えると、無理な痩身で体調を崩すのは(本来の意味の)ダイエットと違っている……とさえ言えるかもしれません。

 秋は食べ物がおいしい季節、体重も増えがちかもしれませんが。
 「痩せなきゃ!」と思っている方は慌てずに、
 健康的な「ダイエット」について一度考えてみるといいかもしれません。



 まあそんな感じで~。



追記
 実は日本の「国会(こっかい)」も英語では「diet(ダイエット)」と言ったりします。
 (アメリカのものは「Congress(コングレス)」、イギリスは「Parliament(パーリアメント)」というらしいです)
 しかもwikipediaによれば上に書いた「ダイエット」と語源は関連しているようです。
 国会で話し合うようなことも、一日で大きく成果が出ることは少ないですし。
 二つの「ダイエット」、実はどっちもこつこつやる精神が大事なのかもしれません。

 ちなみに「国会」が「ダイエット」なもので関係語がちょっと面白いです。
 例えば「国会議員(こっかいぎいん)」は「a member of the Diet(ア・メンバー・オブ・ザ・ダイエット)」。
 特に男性は「Diet man(ダイエット・マン)」、女性は「Diet woman(ダイエット・ウ―マン)」。
 「国会議事堂(こっかいぎじどう)」は「Diet buikding(ダイエット・ビルディング)」、
 「国会議事録(こっかいぎじろく)」は「Diet Record(ダイエット・レコード)」、
 「国会図書館(こっかいとしょかん)」*2は「the National Diet Library(ザ・ナショナル・ダイエット・ライブラリー)」って感じです。
 ……何かみんなダイエットに興味ある人たちっぽく見えますね。



追記2
 あんまり無理なダイエットをすると、ストレスからよく「過食症(かしょくしょう)」や「拒食症(きょしょくしょう)」になったりする、という話を聞きます。
 逆に言えば、これが有名な話であるということは、誰でも無理をすると体調を崩すってことですな。
 しんどくなったら早めに周りに相談するといいかもしれません。



◆参考文献・ゲーム
・ぢゅん子,2013,『私がモテてどうすんだ』,講談社
インターチャネル,2006,『乙女的恋革命★ラブレボ!!』,インターチャネル


◆用語集
・『私がモテてどうすんだ』:女性向けマンガ。
 太っていた主人公(女)が痩せて(あと美人化して)急にモテだす話。
 だが、かといって「痩せた状態が良い」という話ではない。3巻を読めばわかるかも(宣伝)。

・『乙女的恋革命★ラブレボ!!』:女性向けゲーム。
 主人公(女)が100kgの状態で始まるなかなかエキサイティングなゲーム。
 筆者はこのゲームのの実況動画(ニコニコ動画)を見ていたが面白かった。
 コメディ多目です。あと主人公のフォルムが面白いほど丸いです。最初。
 体重の減り方が派手なのは、まあゲームならではのご愛敬。たぶん真似すると危険なのでご注意を。


・主人公(女):
 「ヒロイン」と書くべきなのかもしれないが、立ち位置的に記しておく。
 そういえば世の中で「男主人公」とか「主人公(男)」とはあまり書かないから、あんま公平でもないな~、と思いつつしょうがなく。
 でも女性向けゲームの中には「BL(ボーイズラブ)」つまり男性同士の恋愛というジャンルがあるので、主人公の性別を書いておかないと誤解されるかもしれない。
 だから『太っていた主人公(女)が痩せて(あと美人化して)急にイケメンにモテだす話』と
『太っていた主人公(女とは書いていない)が痩せて(あと美人化して)急にイケメンにモテだす話』
 の間には、決定的な違いがある可能性がある。どちらのジャンルの人も要注意だ。

 ……いつか「主人公(中性)」とか「主人公(ロボ)」とか「主人公(エイリアン)」とかいう書き方も流行る時代が来るのかもしれない?(適当)
 個人的には「主人公(パンダ)」とか「主人公(犬)」とかが、もふもふしてそうで良いと思う。


・秋(あき):季節の一つ。英語では「autumn(オータム)」。
 気候が良かったりよく食物が実ったりするので 「芸術の秋」「食欲の秋」「運動の秋」などと言われる。
 かなり盛り沢山である。ちょっとずるい。
 あと夏から冬に続く季節ということもあり、ちょっとセンチメンタルな気分を演出する季節でもある。
 「四神(しじん)」では「白虎(びゃっこ)」が対応している*3
 関連用語:「新嘗祭(にいなめのまつり)」*4

・国会(こっかい):立法*5機関(りっぽうきかん)、つまり法律を作るところ*6
 またはそのために話し合いや話し合う場所。
 公民の教科書では特に「三権分立(さんけんぶんりつ)」に絡んで出てくる気がする。
 ちなみに三権とは「司法(しほう)、立法(りっぽう)、行政(ぎょうせい)」の三つの権力*7のこと。
 これを一人が持っていると色々悪いこともできてしまう*8


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「Hara-Heriゲージ」というものがあって、様々な行動でこれが増えていきます。これが高いままだとあまり体重が出らなくなるので、適度にお菓子を食べるなどして解消する必要がある……という風になっています。

*2:「図書館(としょかん)」については 5/14 生活:図書館(としょかん) is 無料エアポート(空港)!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「四神(しじん)」や「春(はる)」については1/14 歴史:五行(ごぎょう)/「青春(せいしゅん)」は青龍(せいりゅう)さんのおかげ!? - のっぽさんの勉強メモ参照。

*4:新嘗祭(にいなめのまつり)」については 3/18 社+国:天皇(てんのう)さんと五穀(ごこく)の祭り! ~祈年祭(としごいのまつり)、新嘗祭(にいなめのまつり)~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「立法(りっぽう)」については 12/24 社+英:二つの「レジ」の話! ~「立法(りっぽう)」と「登録(とうろく)」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:政治については 5/3 社会:政治(せいじ)ってなんだ?(メモ) - のっぽさんの勉強メモを参照。また法律については3/27 こころの話+体育:不自由(ふじゆう)だからゲームは面白い!? - のっぽさんの勉強メモも参照あれ。

*7:「権力(けんりょく)」については4/30 社+こころの話:許すこと・気分の良さ・権力(けんりょく) ~よい、儂が許す~ - のっぽさんの勉強メモを参照。

*8:詳しくは過去記事の 2/14 社会:「悪用(あくよう)」 ~防げ!ワルーイ・ノッポの陰謀~ - のっぽさんの勉強メモ4/30 社+こころの話:許すこと・気分の良さ・権力(けんりょく) ~よい、儂が許す~ - のっぽさんの勉強メモ などを参照。