読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

11/8 歴史:「隻眼(せきがん)」の将、隻眼の神

 歴史の話ー。
 「隻眼(せきがん)」の話です。
 今日は寒くてちょっと疲れたので簡単に。


 「隻眼(せきがん)」または「独眼(どくがん)」というと片方の目の視力を失った状態のことです。
 日本だと武将「伊達政宗(だてまさむね)」が有名ですが、
 歴史上には色々「隻眼」かつ戦いに関係ある有名人もいたりします。

 古いヨーロッパの方には「フィリッポス2世」や「ハンニバル」、
 中国には『三国志』で有名な「夏侯惇(かこうとん)」という武将もいます。
 神話も含めれば北欧神話(ほくおうしんわ)*1の神「オーディン」も隻眼の神様*2だったりします。
 しかも戦いの神様です。

 片目が見えないと視界(しかい)が狭まるので不利なのですが、
 結構隻眼でありながら戦いに関係している人物は多いです。
 まあ戦場だと矢とか傷とかで怪我をしやすい、ということもあるかもですが、
 それでも活躍したりしているのがすごいですね。

 また、眼帯(がんたい)*3をしている姿が格好良いのか、
 現代のアニメやゲームでもよく隻眼、または眼帯をしているキャラは多いですね。

 ゲームとかだと視界のハンディは気合で何とかしたりしていますが、
 現実だと結構不便だと思われるので、
 困ってたら助力を申し出てみるといいかもしれません。


 まあそんな感じで~。


◆用語集
・隻眼(せきがん):本文参照。
 英語では「one‐eyed(ワン・アイド)」という形容詞で表す。
 怪我などで目を失った場合、代わりに「義眼(ぎがん)」(作り物の目)を入れる場合もある*4
 だが神話やファンタジー*5などではそれが「魔眼(まがん)」と呼ばれる特殊なものだったりもする*6
 「一つ目の鬼」などどいうように、最初から目が1つの生き物という場合もある。
 が、そちらは「単眼(たんがん)」「モノアイ(mono-eye)」などと呼ばれ、隻眼とは言われない印象。
 ちなみに似た用語として「オッドアイ」というものがあるが、これは目の色が右と左で違うこと。下記で解説。


伊達政宗(だてまさむね):1567年 - 1636年。戦国時代の武将。
 (「政宗」であって「正宗」ではない。「正宗」は刀工*7、また刀の名前として有名。)
 「独眼竜(どくがんりゅう)」というあだ名を持つ。
 眼帯をしていることもあってゲームでよく出てくる。
 『戦国無双』『戦国BASARA』とか。
 ちなみに「伊達男(だておとこ)」という言葉は彼が由来である。何でも部隊の戦装束がめっちゃ派手だったらしい。
 一方で、「料理好き」「酒に弱い」という情報もある(未確認、諸説あり)。
 (wikipediaピクシブ百科事典参照)
 ちなみにニコニコ動画では政宗の色んな手紙*8を紹介した動画『【ゆっくり】伊達政宗の書状【音声ガイド付】』というのがある。
 面白いので興味がある方は見てみると良いかも。
 ちなみに彼の持っていた刀「燭台切光忠(しょくだいぎりみつただ)」はブラウザゲーム『刀剣乱舞』に登場している*9
 主の影響を受けてか眼帯キャラである。


・フィリッポス2世:前382年 - 前336年。マケドニア(今でいうギリシャとか)の王。
 「アレクサンダー大王」の父親としても有名。
 当時を描いたマンガ『ヒストリエ』にも登場している。

ハンニバル:前247年 - 前183年。カルタゴの武将。
 めっちゃ強くてローマを追い詰めた。よく漫画とかに出てくる。
 『アドアストラ』という漫画はハンニバルと、彼を倒した「スピキオ」を中心に描かれている。

夏侯惇(かこうとん):? - 220年。「魏(ぎ)」の武将。曹操(そうそう)の部下。
 現代ではゲームとかでもよく出てくる。
 目玉に矢が刺さったのを引っこ抜いて食べ*10という伝説の持ち主。


オーディン(Odin):北欧神話の主神。老人の姿で描かれることが多い。
 知恵を得る「ミーミルの泉」の水を飲むために、片目を大小に捧げた。
 あとルーン文字などを手に入れるために命を捨てるエピソードがあるなど、かなりの知識マニアである。
 北欧神話では最後に「ラグナロク」という最終戦争が行われることが決定されており、それに向けて色々準備をしている。
 部下の「ヴァルキリー」を使って勇敢な人間の魂を集めさせたり。
 ゲ-ム『ヴァルキリープロファイル』はそこら辺をゲーム化したものである。
 上記のようにゲームに良く出演しており、『モンスト』や『ペルソナ』シリーズにも出ている。
 ちなみに古くは「ウォーダン」「ヴォーダン」と呼ばれており、これは確か「水曜日」を意味する「wednesday(ウェンズデー)」の語源じゃなかったかと思う(「ヴォーダンの日」)。

オッドアイ(Odd-eye):左右の眼の色が違う現象。
 「odd(オッド)」とは「奇妙な」という意味を持つ*11
 Wikipediaを見た感じ、人間だと「虹彩異色症(こうさいいしょくしょう/heterochromia iridis/ヘテロクロミア・イリディス)」と言う言い方になるようだ。
 「アレクサンドロス大王」がそうであったとも言われる。
 障害(しょうがい)が出ている場合は色々不便がある可能性もあるが、
 なんだか格好いいということもあり、現代日本のマンガやゲームだとよくオッドアイのキャラはいる。
 例えばマンガ『黒子のバスケ』の「赤司征十郎(あかし・せいじゅうろう)」など。
 あと『アイドルマスターシンデレラガールズ』の「高垣楓(たかがき・かえで)」もその一人。
 あとアニメ『遊戯王アーク・ファイブ』での主人公のモンスター「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」は、名前の通り左右の眼の色が違う。
 なお目の色が違う理由として「一方の目が特殊な力を持っている」場合もある。その場合は「眼帯(がんたい)」で封印している、という場合も多い。

高垣楓(たかがき・かえで):
 上記のようにゲーム・アニメ作品『アイドルマスターシンデレラガールズ』のキャラ(アイドル)の一人。
 オッドアイであり神秘的な雰囲気もあるが、よくダジャレを言うのでダジャレ好きの印象も強い。
 持ち歌の「こいかぜ」はいい曲(個人的感想)。またそのアレンジである「ニコニコ動画」「【高垣楓】 こいかぜ 【DnB風remix】」もオシャレ。
 あと二次創作、替え歌の『アイドルマスター 高垣楓「酔いかぜ」(人力ボカロ)』(やはり「ニコニコ動画」作品)も面白い。
 キャラが公式で酒好きなので、キャラ崩壊と言い切れない所がなんともである。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:北欧神話(ほくおうしんわ)」については5/31 理科:元素記号19~36(仮) - のっぽさんの勉強メモ参照。

*2:「神(かみ)」については3/3 国語:運命(うんめい)、神(かみ)、そして社会(しゃかい) - のっぽさんの勉強メモ参照。

*3:過去記事で紹介した『艦隊これくしょん』の「天龍(てんりゅう)」や「木曾(きそ)」も眼帯をしているキャラ。『艦隊これくしょん』については12/3 地理+理科:日本とか、浮力とか、ソシャゲとかの話 - のっぽさんの勉強メモ参照。「天龍(てんりゅう)」については 10/6 国語:ダイヤ/色んな「金剛」の話 ~宝石、仏教、戦艦~ - のっぽさんの勉強メモ 、「木曾(きそ)」については2/14 国語:嵐のバレンタインデー……っていうか嵐 - のっぽさんの勉強メモ参照。  

*4:足の代わりをする「義足(ぎそく)」については2/14 数学:自由引き算/~「無ければいいのに」と「無かったら困る」~ - のっぽさんの勉強メモ参照。

*5:「ファンタジー」については 12/16 英語:鑑定(かんてい)だー!単語をよこせ! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「魔眼(まがん)」や「邪眼(じゃがん)」については4/24 英語:お遊び/中二病的な英文例 ~あいつは魔王で魔眼使い~ - のっぽさんの勉強メモ参照。

*7:「刀工(とうこう)」については 6/25 英語:ゲーム「英語サバイバル」/実践!装備購入 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:「手紙(てがみ)」については 3/1 国語:手紙(てがみ)/天気(てんき)・花(はな)・そしてアニメの話!? ~手紙の「挨拶(あいさつ)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:他の刀については11/20 歴史:まとめ/当ブログに出てきた人物と『刀剣乱舞』の刀の関係 - のっぽさんの勉強メモ参照。

*10:その時「この身体の血と肉は両親からもらったものなんだから、一滴・一片も無駄にはできない」的なことを言って食べたとされる

*11:「奇数(奇数/odd number)」については 3/31 数学:特定の数字を狙い撃ちにする!~例えば「1」の場合~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。