読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

11/9 国+英:「神経(しんけい)」は神の通り道ですか?

国語 英語 理科

 国語+英語の話ー。あと理科にも関わる。
 サブタイの答えはまあノーに近いんですが。
 「神経(しんけい)」の話です。


 人体の一部である「神経(しんけい)」ですが、
 よく考えてみると「神(かみ)」*1の字が入ってる、結構すごそうな単語ですね。
 「経(けい)」という字は「経路(けいろ)」といった語から「道」に関係する意味がありそうなので
 「神経」というのはパッと見「神様の通り道」に見えなくもないですが。

 wikipediaによれば、これは「杉田玄白(すぎたげんぱく)」が「解体新書」を訳す時に
 「神気(しんき)」と「経脈(けいみゃく)」という字を合体させた造語らしいです。
 「神気(しんき)」は「万物のもとになる気」とか「精神力」のことで
 「経脈(けいみゃく)」は、古代中国で、人体の血*2とか水*3の通り道とされた器官らしいです。
 (詳細はwikipediaの「経絡(けいらく)」参照)
 そんなわけで「神様の通り道」ではないようですね。
 (ただ、日本の神道*4的に「万物に神は宿る」と考えると間違いではない)

 「神経」という語は、「神経質(しんけいしつ)」のイメージもあってちょっとマイナスっぽくも見えますが、
 神経は電気信号とか化学物質によって、感覚を伝えてくれる重要なもの。
 これがないと何かをうまく感じ取ることができませんし(「感覚神経」)
 身体をうまく動かすこともできません(「運動神経」)。
 そもそも必要な「不安」や「恐怖」*5だって感じないと、命が危険にさらされたりしますしね。


 自分の思ったこと、つまり「精神(せいしん)」を行動に反映させてくれるのは神経な訳で。
 何がそこを通っているにせよ、大事にしたいものですね。


 まあそんな感じで~。


追記
 「神経」は英語では「nerve(ナーヴ)」と言います
 英語の教科書*6で最初の方に「nervous(ナーヴァス/不安になっている)」を習いますが、その語源ですね。




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com