読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

11/19 美+歴:「死(し)」を思う態度 ~ヴァニタス、ニヒリズム、そして一休さん~

こころの話 社会 美術

 美術+歴史の話ー。
 美術の「ヴァニタス」の話から広げ、歴史の「死(し)についての考え方」の話を。


 美術の本を読んでいたら
 「ヴァニタス」というジャンルを発見しました。

 「ヴァニタス(ラテン語:vanitas)」とは「空虚(くうきょ)」*1や「むなしさ」を意味するもので
 絵のジャンルとしては静物画(せいぶつが)なんですが、
 頭蓋骨を書いたり、腐っていくものを書いたりして、世の中の「儚さ(はかなさ)」を表しているのが特徴です。

 他にも歴史を見てみると、こういう「むなしい気分」になったり、
 あるいは「死ぬ、ということを見据えよう」という活動は色々あったりします。

 ちょっと似た言葉に「ニヒリズム(Nihilism)」というのがあります。
 哲学*2の考え方ですが、ざっくり言うと「人間の色んなことに価値や意味はない」的な考え方です。
 「虚無主義(きょむしゅぎ)」とも言いますね。
 日本でも「ニヒルな態度」というようなカタカナ語として知られています。


 あとは日本でも「浄土教(じょうどきょう)」とか「末法思想(まっぽうしそう)」 
 (そして貴族たちが現世利益を図るために走った「密教」)
 あるいは「ええじゃないか」とかあったりぢます。
 世の中が乱れるとみんな「天国」のことを意識したり、幸せを強く求めたり、あるいは「もうどうでもいいや」というような動きがあるようです。
 やはり死とか虚しさ、意味のなさ、といういうのは怖いもののようです。


 でも一方で、積極的に死について考える態度というのもあります。

 有名な言葉として「メメント・モリラテン語memento mori)」というものがあります。
 「死を想え」とか「死を記憶せよ」よか「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」というような意味らしいです。

 あと「とんち」で有名な「一休さん」(一休宗純)には変わった話があります。
 何でも正月でみんなが浮かれている時に「どくろ」人の頭蓋骨をぶらさげて、
 「ご用心、ご用心」とか「人はみんなこうなる」(これは筆者の記憶違いかも)といって歩いたそうです。
 最初に挙げた「ヴァニタス」の絵の趣旨と似ている気もしますね。


 色んな考え方がある訳ですが、ここでも「接続語」が大事な気がします。
 例えば「この世はむなしい」とか「死は避けられないもの」と考えても、
 「だからこの生は無駄だ」と思うか、「だからせめて頑張ろう」と思うかは違う訳です。
 (上記のニヒリズムについて言った哲学者「ニーチェ*3も、ニヒリズムには二つの種類があり、前向きな方を勧めています)

 答えは一つではないわけですね。
 筆者にも何が正しい、なんてことは分かりませんが
 怖くなったら人と話してみるといいかもしれません。
 話すだけでも楽になる場合がありますし、
 人からまた違った答えを聞けるかもしれませんしね。


 まあそんな感じで~。



追記
 「無(む)」に近い雰囲気を持つ数字*4「0」*5については過去記事参照。


◆用語集
・死(し):生物*6がその活動をやめること。
 英語では「dead(デッド)」や「death(デス)」。
 じゃあ活動をやめていなければ死んでないのかと言われると難しいが、
 「ゾンビ」*7という場合もあるので要注意。少なくとも思考が割と死んでる。
 関連用語:「戦争(せんそう)」*8

一休宗純(いっきゅうそうじゅん):1394-1481。室町時代のお坊さん。
 昔話やアニメの「一休さん」のモデルとなった人物。
 (「一休さん」としてのエピソードはあまり実話ではない様子)
 本文でも紹介したように変わり者として知られている。
 wikipediaによれば、男色したり、禁じられていた女性との性的なあれこれしたり。
 あとwikipediaによれば「蓮如(れんにょ)」というお坊さんの家に勝手に上がり込み、阿弥陀如来像を枕にして寝ていたという。
 それを見た蓮如は「俺の商売道具に何をする」といって二人で大笑いしたらしい。
 二人ともワイルド&フリーダムすぎる。そして罰当たり。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com