読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

1/12 学習:大学(だいがく)の話メモ

学習

 学習の話ー。
 先日現場で聞かれたので、軽く大学(だいがく)の話を。


 現場で「大学の勉強」について聞かれましたが、まあいろいろ違います。
 大学によって違うでしょうが。とりあえず知っているものを


 まず大学は自分で授業(というか「講義(こうぎ)」といいます)を選択して、それをとる形が多いです。
 もちろん必修(ひっしゅう)、つまり「必ず学ばなければいけないもの」もあります。
 理数系だと多いと聞くので、専門的、またはスキル*1を身につけるコースは必修が多いと思われます。

 講義はいっぱいあって、それぞれで先生が違うことが多いです。

 で、講義ごとに最後テスト*2とかレポート提出があります。
 それである程度の成績をとれたら、その講義の「単位(たんい)」、つまりできたというポイントがもらえます。
 その単位をある程度貯め、卒業試験とかに受かったら、
 大学卒業することが許される、という感じです。


 で、大学の講義内容と中学・高校の勉強の関係ですが。
 基本的には大学の内容は、中学・高校の勉強を下敷きにしています。
 ただし、どんな大学に行くか、どんな講義を受けるかで、必要な知識のレベルは変わるので、
 中学や高校で学んだことすべてが要求されるわけではありません。
 (特に高校の数学は選択制になってますし)
 でも専門的なコースではめちゃくちゃ要求されますし、
 中学・高校の内容を押さえていても難しい、ということがありえます。
 そう考えると中学・高校の勉強はそんなに無駄にはならない感じもします。

 自由に取れる講義の話はジャンルがいっぱいある(文系だと時にはアニメ論とかを大真面目にやる)ので、
 いろんなネタを理解できるようにしておくと、いろいろ楽しいかもしれません。

 ゲーム*3でいうと基本スキルと上位スキルという感じもしますが。
 でもある「知識A」を知らなきゃ理解できない「知識B」がある一方で、
 直接かかわってなくても知っておくとより楽しい話や知識、というのも結構あります。
 そういう意味ではゲームのスキルより、隠しパラメータや絡み合い・コンボはいっぱいあるともいえそうです。


 高校ではまだ大学ほどの自由度がないところが多いですが、逆に言えばきっちり学べるチャンスでもあります。
 自由にやれると思うとさぼっちゃうところもありますしね。
 苦労したことが、後で(例えば大学で)面白い話を理解できる土台を作ってたりします。
 「学校へ行くことは単に資格や就職のため」という方も多いでしょうが、
 必要なことをやる中でも楽しくなるポイントはあると思うので、
 そういうものを自分のものにできたら、ちょっと楽しいかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。


◆用語集
・大学(だいがく):
 関連用語:「学校(がっこう)」*4、「小学校(しょうがっこう)」*5、「キャリア」*6



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com