読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

2/15 理科:静電気(せいでんき)/身近な「下敷き」から、神の「雷(かみなり)」へ!? 

 理科の話ー。
 「静電気(せいでんき)」*1の話です。


 「静電気(せいでんき)」とは、電気の一種です。
 冬とかになるとセーターがやたらバチバチしたり、
 手が金属*2に触ったときに「バチッ」とかなりますが、あれが静電気の仕業です。
 あとはプラスチック*3の下敷きを髪にこすりつけて浮かすと、髪がくっついて浮き上がったり。


 「静(せい)」という字が入っていると、「なんか『静か』なのか?」って感じでイメージしづらかったりもしますが
 静電気の別名である「摩擦電気(まさつでんき)」という方が理解しやすいかもしれません。
 つまり「摩擦(まさつ)」*4(こすれること、こすり合わせること)によって起きている電気ということですね。

 ではなんで摩擦で電気が発生するのか?というと
 それには「電子(でんし)」(-の電気を帯びている)という存在が大きくかかわっています。

 物体によってその電子を失いやすいもの(A)と、そうでもないもの(B)があるようで。
 二つのものA・Bをこすり合わせると、そうやっているうちに失いやすいAからBへ電子が移動すると。
 それで、-の電子を失ったAは+、受け取ったBは-の電気を帯びるという風になります。
 だからそれぞれ何かに触れたとき、バチッと(小規模な)電気が流れやすいわけです。


 「静電気」というと身近で、ちょっと地味かもしれませんが。
 『くわしい理科 中2』によれば自然現象の「雷(かみなり)」*5も静電気らしいです。
 なんでも雲*6の中で氷*7の粒(つぶ)同士がこすれて電気が生じるらしいですね。

 そして昔は、雷は神様*8が起こしていると思われていました(「雷神(らいじん)」とか)。
 今は知っていれば、それと同種の現象を「下敷き」で自在に起こすことができる!…ということですね。
 ……だいぶスケールは違うんですが。

 「バチッ」となるとちょっとびっくりしたり、イラっとしたりもしますが、
 こんど静電気を感じたときは、
 「俺は今、(昔で言う)神の領域に届いている…!?」
 なんて考えてみても楽しいかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。




◆用語集
・「俺は今、(昔で言う)神の領域に届いている…!?」:
 だが静電気は誰でも起こせるので、特別なのは自分だけではないのだった。
 世界は残酷である。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com