のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

2/24 こころ:「良いこと」のコストダウン!? ~次を楽にする、かもな話~

 こころの話ー。
 つまりは「色んなことは習慣(しゅうかん)にするとある程度楽になるかも」みたいな話です。



 例えば普段挨拶してない人にあいさつするのは勇気がいりますが、
 日常的に挨拶するようになれば、一回一回のあいさつにそんなにパワーを使わなくなります。*1
 これは一回一回の「コスト」*2(パワーの消費)が減っているといえるかなーと。

 同じように、「良いこと」というのも、意識してやろうとすると難しかったりしますが
 普段からやってると意外とやりやすくなるかもなーと思いまして。


 ただまあ、これも万能ではありません。

 以前「いい人に振る舞うにはMP*3コストがいる」みたいな過去記事*4で書いたようなケースだと、
 一回一回のコストはダウンしてても、義務だと思いすぎて別のところで疲れをためてるみたいな感じでした。


 あと、逆に悪いことを普段からしていると、それも「コストダウン」していまい、
 次の悪いことにつながってしまうこともあるかと思います。
 「俺はもうワルだから……!」とか思ってやけになっちゃうと特に。


 楽になること、ならないことがあるかもしれませんが、
 続けてみると楽になることは、意外とあるかもしれません。
 まあ全部が全部そうとは限らないので、やってみないとわからないのですが。



 世間にとって良いこと(善いこと)もそうですが、
 「自分にとって良いこと」「素敵なこと」があったら、
 それをやりやすくしたり、習慣化できると、楽しいかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。



追記
 「いい人の振りをする」とか、あるいは「あんまり楽しくないのに笑顔」というのは
 場合によってマイナスに聞こえるかもですが、
 そのうちに慣れることがあるかもしれません。
 マンガとかで時々ある「感情があんまりない人」は
 「最初は義務で笑っていたが、いつの間にか自然に笑えるようになっていたんだ」みたいな変化をすることがあるのは、
 「笑顔MPのコストダウン」と捉えることもできます。
 まあ、「心無い笑顔」の方をコストダウンしてしまうかもなので、難しいですが。


追記2
 筆者は時々、具合悪くて現場を休んだりしますが、
 その期間が長いと、復帰明けはやっぱちょっと行きづらい気持ちになります
 なんか感覚を忘れているというか、緊張するというか。
 そういう時は昔、病気で学校*5を休んでた頃に、やたら行きづらかったのを思い出しますね。
 でも「学校を休む→次が行きづらくなる」ことがあるということは、
 逆に言えば、「学校に行く→次が行きやすくなる」部分があるとも言えます。
 (もちろん学校で嫌なことがあったら別ですが)
 これは、毎日学校に行ってる方は、何の気なく達成してるものでもあります。
 いわばゲームでいうところの「隠しクエス*6」とか「自動達成ミッション」ですかね。*7




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com