読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

3/1 国語:手紙(てがみ)/天気(てんき)・花(はな)・そしてアニメの話!? ~手紙の「挨拶(あいさつ)」の話~

 国語の話ー。
 ふと思いついたネタです。
 手紙(てがみ)の書き出しの話。
 「書き出し」というのは、まあ最初の部分のことです。まさに書き出した部分。


 最近はメールとかLINEを使う方が多く、あまりピンとこないかもですが。

 ちゃんとした「手紙(てがみ)」とかではきっちりとした「挨拶(あいさつ)」の「型(かた)」があったりします。
 筆者もあまり詳しくはないですが、例えば
 最初は「時候(じこう)」の挨拶とかがありますね。
 例えば「早春の候(そうしゅん・の・みぎり)」とか…。
 …めっちゃ読み難しいですな。
 まあ時候はざっくり言うと季節とか天気とか気候(きこう)*1の話ですが。


 でもここで
 「手紙は最高だ!他も全部礼儀キッチリしないと駄目だよ!?」という話がしたいわけではありません。
 むしろある意味逆の話。



 改めて、何故、手紙でこういう挨拶とか「型」が大事か、と(勝手に)考えたのですが、
 もちろん「礼儀(れいぎ)」を示す重要性はあるのですが、
 それとともに、「余裕(よゆう)」とか「オシャレ感」、あるいは「親しみ」を示せるからかなーと。

 例えば「本来の用事だけが書いてある手紙」よりも、
 「最近寒いですけど大丈夫ですか?」とか
 「そういえば近所の梅が咲いてました。季節を感じますね」
 とか書いてあるとちょっと和むかもしれません。

 今でいうと、メールとかツイッターでもで早咲きの桜(さくら)とか梅(うめ)の話が載ってると
 ちょっと季節感があっていいなー、みたいな。


 で、これに関して「平安時代(へいあんじだい)」を思い浮かべました。
 あの頃はめっちゃ手紙とか送ってますし、
 それに大体短歌(たんか)*2とか詠んでつけてますからね。
 多分オシャレ度が今よりも大事だったのではないかと。
 具体的には覚えていませんが、色んなオシャレな季節ネタを使った手紙が多かった気がします。

 で、何故、平安時代とかはみんな歌をいっぱい詠んだり、季節ネタを大事にしたか、を考えてみると、
 上に書いたようなことに加えて
 まあ「(今に比べて)ヒマだったのではないか」と思われます。
 (あと男女のやり取りが「文(ふみ)」、手紙だったので、手紙テクと短歌テクはモテるのに必要。これは面白いのだが長くなるのでまた今度)
 これは馬鹿にする意味ではなく、昔は今のような娯楽がないですからね。
 スマホ*3とかネットとか、あるいは映画とかゲーム*4とかアニメ*5とかありません。

なので、そのあり余ったパワーを余計に自然とかに向けていたのでは?と、勝手にちょっと思っております。



 なので昔の歌人の中には、現代に生きてたら
 「今度の春のアニメ、超面白くねえ!?」
 みたいな書き出しをする人もいたんじゃないかな……と。
 まあこれは実際はよくわかりませんが、そう考えてみても面白いかもしれません。

 前にもちょっと書きましたが「掛詞(かけことば)」*6とか「うまいこと言いたい感」がすごいですからね。
 ああいうものをうまく使ってはどや顔*7したり、「お前うまいこと言うなー!」みたいにやってたのかもです。
 「大喜利(おおぎり)」みたいな。
 (まあこれはあくまで勝手な想像ですが)


 ま、要は、
 実際にどんな感じ、というのは分かりませんが
 色んなかっちりして見えるシステムも、その底にある「気持ち」を考えると、ちょっと身近に思うかもしれません。

 テストではいろんな言葉が出てきて「面倒くせえー!」と思うかもですが
 その裏には意外と
 「(気になるあの子に)うまいこと言いたかったんだよ!」とか
 「俺たちはこれくらいが楽しみだったんだよ!」とか、
 今と変わらない気持ちが隠れているかも?


 まあそんな感じで~。


◆用語集
・手紙(てがみ):文章や絵を書いたものを人に送るもの。
 英語では「letter(レター)」。
 リアルでは「絵はがき(絵葉書)」「年賀状(ねんがじょう)」「クリスマス*8カード」、
 漫画では「ラブレター」「果たし状」などが有名。
 文字が描けることは重要だが、実は他の方法もある。
 詳しくは童謡の『銀ちゃんのラブレター』という曲の歌詞を参照。
 ほのぼのしていい曲です。あと銀ちゃんの柔軟性がすごい。多分平安貴族にも大ウケ
 関連用語:「メディア」*9


・早春の候(そうしゅんのみぎり):
 勢いよく言うと「そうしゅんのみぎりー!」って感じで「~斬り」とかの技名っぽいが、特に関係はない。

大喜利(おおぎり):演芸の一種。
 ここでは「テーマに沿って面白いことを言うコーナー」くらいの意味で使っている。
 でもWikipediaによると「テーマをもらって面白いことを言う」のはあくまで大喜利の一部らしい。
 そしてやっぱり「~斬り」とは関係がない。

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「気候(きこう)」については 7/13 地理:「気候(きこう)」と「地形(ちけい)」の話 ~大づかみなレベルで見る~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「短歌(たんか)」については 1/2 学習:『語群(ごぐん)』でそれっぽい世界をつくる! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:スマホ」については 2/21 学習:身近なことから学ぶ ~ハイレベル→基礎~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「ゲーム」については 3/27 こころの話+体育:不自由(ふじゆう)だからゲームは面白い!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「アニメ」については 1/22 英+歴+ゲーム:「声優(せいゆう)」さんの話 ~アニメ(anime)に、さらに命を吹き込む人~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「掛詞(かけことば)」については 1/28 国語+音楽:ライムとリズムと短歌(たんか)とラップ! ~韻(いん)、そして昔からの流れを踏む~ - のっぽさんの勉強メモ を参照

*7:「どや顔」については 4/23 国語:読書感想文Lv.1トレーニング! ~vs世界最短の感想文(多分)~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:「クリスマス」については 11/20 英+歴:クリスマス/「Christmas」と「Xmas」の話 ~イエスと十字架~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「メディア」については 6/20 英語:medium/2:巫女さんとメディア - のっぽさんの勉強メモ を参照。