のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

4/11 音+国:歌の「サビ」に関する話 ~金属・美意識・あとワサビ?~

 音楽+国語の話ー。
 「サビ」についての話です。



 「サビ」というと歌や曲などの印象的な部分ですが。
 先日音楽に関する記事を書いていて
 「よくよく考えたらサビって何だろう?」と思い、調べてみました。

 結論から言っちゃうと、語源についての説は色々あるようです。
 Wikipediaや『ニコニコ大百科』などを見てみましたが、詳しいところは不明。
 「謡曲(ようきょく)」という歌い方の用語「寂(さび)」からきているんじゃないかという説と、
 刺激という意味で「ワサビ」*1から来ているんじゃないかという説もありました。
 お寿司屋さんではワサビのことをよく「サビ」と言いますしね(「サビ抜き」など)。

 ちなみに他にも「さび」という言葉は色々あります。
 金属*2の「錆び(さび)」に、「わびさび(佗び・寂び)」の「さび」。
 後者は日本の美意識に関する用語で、よく日本史とかで出てきますね。
 すごく簡単に言うと「派手なものより、足りないもの、渋いものとかを良いと思う感じ」みたいな。

 音*3が通じているものは、意外と歌の「サビ」の意味にどっかで通じているかもしれません。


 詳しいところは不明ですが。
 春は出会いも多いので、誰かとカラオケ*4に行ったり、歌ったりすることが多いかもです。
 そんな時には「サビ」に関する話を思い出しつつ、
 感情を込めて歌ってみるとちょっと楽しいかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。

◆用語集
・サビ:
 ざっくり言うと、音楽の盛り上がるいいところ。
 だがもちろん別の部分の方がいいこともある。音楽には好みとかあるし。
 CMなどではよく曲のサビの部分などが流されて有名になったりするが、
 逆に言うとその部分しか有名じゃないことも時々ある。
 なのでその曲の他の部分を聞くと「あれ、こんな曲だっけ?」と思う現象が時々発生する。


・錆び(さび):
 金属の表面が酸化*5して変質すること。
 英語でいう「rust(ラスト)」。カクテルの「ラスティ・ネイル」の名前はここから来ている。
 道具に起こると、たいてい最初の状態から悪くなることが多い。
 刃物の切れ味が鈍ったり、もろくなったりと。
 ちなみに歴史で出て来る「青銅器(せいどうき)」*6は青い見た目の印象だが、あれはさびによるもの。
 金属の配合率によっても違うが、作り立ての青銅器は金のようにピッカピカの場合もある。
 しかし時間経過によって錆び、「緑青(ろくしょう)」が表面に発生することで、良く知られる青緑の見た目の青銅器になるらしい。

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com