のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

5/10 社会:全国の神様大集合!? ~「護衛艦いずも」と「出雲国(いずものくに)」~

 社会の話ー。
 風邪でだるいので簡単に。
 ニュース*1でヘリコプター搭載護衛艦「いずも」の話が出てたので「出雲(いずも)」関係の話。


 護衛艦「いずも」はなんだか特徴的な名前をしていますが、
 古い国の名前「出雲国(いずものくに)」に由来するようです。
 ざっくり言うと今でいう「島根県(しまねけん)」ですね。
 現在でも「出雲市(いずもし)」の名前に残されています。
 あと日本史でも古い時代の資料で『出雲国風土記(いずものくにふどき)』とか出てきます。

 あと出雲地方は神様*2が集まってくる場所、と考えられていまして
 10月の古い名前は「神無月(かんなづき)」というところ、
 島根県では「神有月(かみありづき)」というようです。
 出雲地方、そして島根県に集まってくるから全国的にお留守なわけですね。神様大集合。
 (ただこの説は後からつけたという話もあります。Wikipediaとかによると単に「神の月」がなまって「かんなづき」になったのではと。
  でも景気がいいので、タイトルには「集合」のネタを使わせていただいてます)


 護衛艦「いずも」の名前は今後も多く聞くかもしれませんが、
 ついでに名前の由来になっている「出雲国」についても知っておくと
 ちょっと知識が増えていいかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。


◆用語集
・いずも型護衛艦
 ちなみに1番艦の名前が「いずも」2番艦が「かが」*3

・ヘリコプター搭載護衛艦
 ざっくりいうとヘリコプターを積む能力を強化した護衛艦
 英語では「Helicopter Destroyer(ヘリコプターデストロイヤー)」。
 略称は「DDH」。
 Dが多い気がしたが、ネットで見た感じ「DD」という記号が「駆逐艦(くちくかん)」を意味するらしい。
 なのでたぶん「H」が「ヘリ」。

出雲国(いづものくに):
 「出雲大社(いづもおおやしろ)」という大きな神社がある。
 現在では「出雲そば」でも有名。


出雲大社(いづもおおやしろ):
 「出雲大社(いづもたいしゃ)」と呼ばれることも多い。
 正しくは「いづも」であって「いずも」ではないらしい。
 祭神は「大国主大神(おおくにぬしのかみ)」(以下「オオクニヌシ」)。

オオクニヌシ
 この神様は日本神話によると、スサノオ*4の息子、または血統。
 国(日本)を作っていたのだが、天から来た神様に譲るように言われた。
 その時ちょっとすったもんだあったのだが、最終的には譲ることに同意し、「その代わりに自分の神社を建てて欲しい」と求めたらしい。
 それで建ててもらったのが「出雲大社」ということらしい。
 (この出来事を「国譲り(くにゆずり)」という。あと天から来た神様は「天津神(あまつかみ)」、地上にいた神様は「国津神(くにつかみ)」という)
 ちなみに「オオクニヌシ」は童話「因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)」で傷ついた兎*5を助けた人物でもある。

・神無月(かんなづき):
 旧暦での、10月の呼び方。
 本文で書いたように「神の月」が変化していったという話がある。
 それに「神が無い」という意味であっても、神様が死んだりしてるわけではないので大丈夫。
 関連用語:「弥生(やよい)」*6、「卯月(うづき)」

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com