読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

5/19 こころの話:例えば「純粋でない熱い思い」が

 こころの話ー。かなりポエミーに書いてますご注意を。
 「気持ちって言葉にできるものばかりじゃないし、単純じゃないとこあるよね」みたいな。



 当ブログでは「アドバイス*1について色々書いていますが。

 子どもとか若い人から見ると、
 大人*2のアドバイスはなんかごっちゃごっちゃしてるかもしれません。

 よくわからんこと言ってるし、単語もわからんし、
 「なんか騙そうとしてる感」があふれているかもしれません。

 まあ実際にそういう部分もあるかもしれませんし
 そういう人もいるかもしれません。
 実際「ややこしいから、こういうことにしとこう」って片付ける方もいるかも。

 その意味で「大人はややこしい」「大人は汚い」と思うかもです。
 「言葉の裏になんか違う気持ちがある」とか、
 「その思いが純粋でない」とも。



 でも一方で、若い人は若い人で、「まぜこぜな気持ち」があるかもしれません。

 「なんかよく分からんけど熱い思いがある」時に、
 でも「うまく言葉が見つからない」とか。
 ある人にお礼を言いたいのに、なんだか言いたくないとか、素直になれないとか。
 それはそれで「言葉の裏に(表現できてない)気持ちがある」ことになりますね。


 まあ大人と子ども、若い人のそれが同じと言いたいわけではなくて、
 単に「みんな言葉にできない(しきれない)こととかいっぱいあるよね~」という感じです。
 そしてそれはそれでありかな、と思います。


 例えば、ある大人のアドバイスが、大部分は「打算」だったして。
 でも確かにあなたのことを思いながら言っている部分があるかもしれません。
 その意味では、そこに確かに(少しでも)「熱い思い」があるもしれません。


 例えば、若いあなたのアドバイスが、大部分は友達のためを思っていたとして。
 でも一部分では自分のためとか、無意識では別の計算が密かにあったりするかもしれません。

 ではそこで全部が全部無意味になるか?あるいは逆に全部が全部綺麗でなければならないか?
 というと別にそうではないのかなと。
 「綺麗なもの以外は全部無意味」なわけでもないだろう、と思います。

 まぜこぜでよくわからん気持ちやアドバイスでも
 役に立ったり、
 なんだか聞いててホッとしたり、
 そういうこともあっていいのかなと。

 そういう意味では、世の中にはいっぱいの、
 「純粋でない熱い思い」があるのかもしれません。

 それは分かりやすくはなくて、全部が綺麗ではないかもしれませんが……、

 そういうものを切り捨てるだけでなく、時に眺めてみても、
 なにやらいいことがあるかもしれません(ふんわりした表現)。



 まあそんな感じで~。



追記
 筆者の個人的な考えですが、
 別に、純粋で完璧なものだけに価値がある、とは思いません。
 だから例えば、あなた(たち)が若かったとして。
 様々に変化し、成長する「あなた」は、
 未来のあなたに比べて「未完成」かもしれませんが、
 それであなたが今思っていることや感じていることがウソになる、とは別に思いません。

 あ、でも「いろんなことを不安に思ってはいけない」というわけでないので、
 そこらへんはなんというか、お好きに。


 関連造語:「アマノジャク」*3

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com
benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com