のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

5/22 国+生:「刺身(さしみ)」?「切り身」? ~刺身の語源メモ~

 国語+生活(家庭科)の話ー。
 「刺身(さしみ)」についてのメモです。
 ちなみに「刺身」というのは生の魚*1の身を薄く切ったものですね。


 本で「刺身(さしみ)」という言葉を見てふと思いついたのですが、
 何故「刺身」というのか、と思いまして。

 というのも「刺す」という字が入っていますが、特に「刺した」要素はなさそうですし。
 魚の肉を切ったものとしては「切り身」という言葉もありますし。

 なぜわざわざ「刺身」と呼ぶのか?

 というわけでちょっと調べてみました。

 Wikipediaには
 「切り身にしてしまうと種類がわからないので、尾ヒレを刺した」ことからとか、
 「『切る』という言葉を避けた」ことから、などという説が載っていました。
 色々資料が細かく乗っているので、興味がある方は見てみるとよいかもです。

 ちなみに英語では「sashimi(サシミ)」で通じるようです。
 あえて説明すると「raw fish(ロー・フィッシュ)」「sliced raw fish(スライスド・ロー・フィッシュ)」などになるようです。


 普段から何も考えず「刺身」と言っていましたが
 知らないことって多いなーと改めて思った、という話でした。



 まあそんな感じで~。


 関連用語:「しょうゆ」*2



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com
benkyoumemo.hatenablog.com