のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

6/8 理+ゲーム:魔力(まりょく)への抵抗(ていこう)を調べるゲーム! ~電流の抵抗の話~

 理科+ゲームの話ー。
 「電気の抵抗*1」とかをゲームとかで考えてみようって話です。

 だいぶ単純化しているのでご注意を。



★仮タイトル:「魔力(まりょく)への抵抗(ていこう)を調べるゲーム」



☆あらすじ
 あなたはファンタジー*2世界にいる魔法使いだとします。

 そして、この世界のアイテムは「魔力(まりょく)」、
 つまり「魔法の力*3」を流すと強くなったり丈夫になる、という特徴を持っています。
 
 ですが、中には魔力を流しにくいものもあります。
 たくさん魔力を流しても、結局「通る」魔力がちょっとになってしまうのです。
 その「魔力の流しにくさ」は「抵抗値(ていこうち)」(魔力抵抗値)と呼ばれています。
 それぞれの抵抗値を知っておかないと、いろいろ不便です。

 というわけで今日も、あなたの所へアイテムが運ばれてきました。
 それぞれの「抵抗値(ていこうち)」を調べてあげてください。


☆ルール

 ・基本的に「流した魔力」÷「通った魔力」=「抵抗値」って式で出ます。

 ・抵抗値の単位は電気抵抗と同じ「オーム」を使います。

 ・答えは「少数(しょうすう)」*4を使う場合もあります。
 (0.2など)

例題

 例えば「100」の魔力を流した時に、魔力が「50」しか通らなかったとしたら
 100(流した魔力)÷50(通った魔力)=2(抵抗値)、

 ということで「抵抗値」は「2オーム」ということになります。




問題① 古びた剣*5
 魔力「100」を流した時に「25」が通りました。
 抵抗値はいくら?


問題② さびた斧
 魔力「200」を流した時に「100」が通りました。
 抵抗値はいくら?


問題③ 新しめの杖
 魔力「100」を流した時に「80」が通りました。
 抵抗値はいくら?


  
 …いかがでしょうか?わからなくても大丈夫です。
 答えは下に乗せておきます。




 まあそんな感じで~。










追記
 今回は「抵抗」という、通しにくさの話を扱いましたが、
 逆にファンタジーの「魔力」の話なら「増幅(ぞうふく)」する場合もあり得ます。
 「持ち主の力を増幅してくれるアイテム」は結構ありますね。
 単位は「オーム」とはまた違うことになるでしょうが。
 そちらは方程式とか関数の「係数(けいすう)」で考えることができると思います。
 例えば「流した魔力を3倍にしてくれるアイテム」なら
 「y=3x」みたいな感じですね。
 その意味では今回のオームの抵抗は「y=1/2x」とかそんな感じになります。
 逆に減らしてしまうわけです。



追記2
 これは筆者が理科について詳しくないからもありますが、
 「抵抗がある」とか「抵抗がない」ということ、
 またそれらと「0オーム」や「1オーム」という言葉の関係はなかなか難しいですね。

 というのも。
 例えば「オームの法則」は「R(抵抗)=V(電圧)÷I(電流)」
 ですが、これに「抵抗がない」という意味で「抵抗R=0(ゼロ)」と入れてしまうと、
 全部の答えが「0」になってしまいます。
 (上の式を変形した式「V(電圧)=IR」が「V=I×0」で「0」になってしまうことを考えるとわかりやすい。
 つまり、計算上は電圧も【そして電流も】0になってしまう)

 「全てを0にする」という意味では「絶縁体」っぽいですけどね。

 その意味では「抵抗はない」ことを表したいなら、
 「100Vが100Aへスッと伝わる」ということで「1オーム」と呼びたいところですが、
 そもそも「1Vかけたときに1A通るのが1オーム」って決め方らしいので、
 それはどうやら「抵抗はある」ことになりそうです(それを織り込み済み?)。

 そもそも「抵抗」や「オーム」という言葉がどう決められたか、という話があるので
 多分根っこのところで矛盾はしていないのでしょうが…。

 とりあえず、実際には抵抗がない(小さい)という意味で「0オーム」と書かれた製品はあるようです。
 また「絶縁体(ぜつえんたい)」「不導体(ふどうたい)」と言われているものは
 「抵抗がめちゃくちゃ大きい」もののようです。




関連用語:「マジックアイテム」*6、「鑑定(かんてい)」*7





◆解答集

問題① 古びた剣
 魔力「100」を流した時に「25」が通りました。
 抵抗値はいくら?

 答え:4オーム
 (100÷25=4)


問題② さびた斧
 魔力「200」を流した時に「100」が通りました。
 抵抗値はいくら?

 答え:2オーム
 (200÷100=2)
 「50%にする力」と考えてもいい。



問題③ 新しめの杖
 魔力「100」を流した時に「80」が通りました。
 抵抗値はいくら?

 答え:1.25オーム
 (100÷80=1.25)



◆用語集
・魔力(まりょく):
 不思議なパワー。ファンタジーやゲームでよく出てくる。
 「魔(ま)」という字が入っているが、「光*8の魔力」とか「回復魔法」もあったりするので、必ずしも悪いものではない。
 そこら辺の扱いは出てくる作品によってかなり変わる。
 魔法もありつつちょっと文明も進んでる世界、みたいな作品では、よく魔法と科学を組み合わせた「魔導(まどう)」というものがあったりする。
 そこでは魔力は電気みたいに使われていることも多い。
 イコールではないが、想像しながら見ればそういう作品を通して電気の勉強ができるかもしれない。
 関連用語:「MP(エムピー)」*9、「魔法陣(まほうじん)」*10


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「抵抗(ていこう)」や「電流(でんりゅう)」「電圧(でんあつ)」については 12/23 理→英:電気関係の用語→英語 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「ファンタジー」については 12/16 英語:鑑定(かんてい)だー!単語をよこせ! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「力(ちから)」については 3/6 理科:「力(ちから)」関係の英語 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「少数(しょうすう)」については 1/7 数学:少数(しょうすう)/細かい所にこだわるココロ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「剣(けん)」については 12/19 社会:お姫様と一狩り行こうぜ! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「マジックアイテム」については 12/18 英語:形容詞・副詞/言葉に魔法(まほう)をかけるもの - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「鑑定(かんてい)」については 12/16 英語:鑑定(かんてい)だー!単語をよこせ! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:「光(ひかり)」については 12/26 英語:ベタなものを逆に利用する! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「MP(エムピー)」については 6/8 数学:ゲーム/MPのやりくりから数字を考える! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:「魔法陣(まほうじん)」については 6/23 数学:お遊び/「数学回路(すうがくかいろ)」 ~パズルっぽい問題~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。