のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

6/20 数+ゲーム:必殺技までの時間を計算するゲーム! ~『モンスト』と「公倍数(こうばいすう)」~

数学+ゲームの話ー。
「公倍数(こうばいすう)」についてのメモです。
スマホゲーム『モンスターストライク』を参考に。


【前半】公倍数の説明

まず「公倍数」とは何かという話を。

「公倍数(こうばいすう)」というのは、「ある数Aと数Bの共通の「倍数(ばいすう)」ですね。
ざっくり言うと、2つの数に色々かけていって、重なるタイミングの数字のことです。

例えば数字の「2」に
「2×1」、2×2…という風に色んな数をかけていくと、答えは

2、4、6、8、10、12…

という感じで続いていきます。

「3」で同じことをやると

3、6、9、12、15、18…

という感じです。
これらが「にしていった」ということで「倍数(ばいすう)」です。
それぞれ「2の倍数」「3の倍数」という風に言います。


で、この「2」と「3」の数字の列を見ると、同じ数字が入っていることにお気づきでしょうか?

2の倍数の列:2、4、、8、10、12
3の倍数の列:3、、9、12、15、18…

という感じです。

そう、ここでは「6」と「12」ですね(もちろんもっと大きな数字もあります)。
これを、「2と3の公倍数(こうばいすう)」というわけです。
まとめると「6と12は2と3の公倍数である」って感じですか。

「公(こう)」には「共通する」という意味があるので、
公倍数とは「2つの数字の倍数の中で共通するもの」ってことですね。



【後半】モンストやらと絡む話

で、例えば『モンスト』を使ってこの公倍数が考えられるのでは、と思いまして。
というのも、『モンスト』では「ストライクショット」というシステムがあるのですが、
キャラクターごとに必要な時間(「ターン」)が違います。
これを使って公倍数について考えてみましょう。

まあ「ストライクショット」というのは長いのでここでは「必殺技」とします。


例えば「必殺技を2ターンごとに撃てる」キャラと
「 〃 を3ターンごとに撃てる」キャラがいたとしましょう。

撃てるようになったら撃つ、とすると、
「2ターンごとに撃てるキャラ」が必殺技を撃てるタイミングは

2ターン目、4ターン目、6ターン目…


「3ターンごとに撃てるキャラ」が必殺技を打てるタイミングは

3ターン目、6ターン目、9ターン目…

ということになります。
ちょうど上の「2の倍数」「3の倍数」と同じですね。

で、ばらばらに撃っていてもいいのですが、揃えて撃つと威力は高そうです。
そのためには「両方そろって必殺技を撃てる」タイミングが知りたいですね。

ここでは「公倍数」を利用することで、
「両方そろって必殺技を撃てる」タイミングがわかります。

上で書いた「2と3の公倍数」が「6」と「12」だったので、
「6ターン目」「12ターン目」には、両方のキャラがそろって必殺技を撃てることになります。
6ターン目と12ターン目は、高いダメージが出せそうですね。


まあ『モンスト』だけでなく他のゲームでも時間経過で必殺技を撃てるものは多いです。
そろえて撃つとより威力が上がるものもあるので、覚えておくと便利かもしれません。


まあそんな感じで~。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com