のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

7/6 英語:「まゆげ」・「まつげ」と格闘技の関係!? ~「ブロー」と「ラッシュ」の話~

 英語の話ー。
 「まゆげ」とか「まつげ」の話です。


 先日英語の本を読んでいて改めて知ったのですが、
 「まゆげ(眉毛)」は英語で「eyebrow(アイブロー)」
 「まつげ(睫毛)」は英語で「eyelash(アイラッシュ)」というそうです。
 化粧品*1CMとかでも聞く単語ですね。

 ところで筆者は、「ブロー」とか「ラッシュ」などの言葉は格闘技*2とかゲームとかで聞いたことがありまして。
 (「ボディブロー」とか「ラッシュ(連続攻撃)」みたいな感じで)

 「まゆげとかが格闘技と関係あるのか…?」みたいな感じで調べてみましたが。
 結論から言うと、スペル違いの単語がいくつかあり。

 まず「ブロー」の方ですが、「eyebrow(アイブロー)」の「brow(ブロー)」はそれ自体で「まゆげ」とかを意味します。
 一方ゲームとかの「ブロー」は「blow(ブロー)」であり、これは「(こぶしなどでの)一撃」を意味します。
 つまり「r」と「l」の違いですね。(「brow」と「blow」)

 そして「ラッシュ」ですが、
 ゲームでの「猛攻」「連続攻撃」を意味するのは「rush(ラッシュ)」であり、結構スペルが違いました。
 でも辞書を見てみると「eyelash(アイラッシュ)」の「lash(ラッシュ)」にも「鞭(むち)で打つ」という攻撃的な意味も含まれていました。
 詳細は分かりませんが、案外「まつげ」がむちのようにひゅひゅっと出てることから「lash」の名がついたのかもしれません。

 他にも「ラッシュ」という読みの単語が複数あるようですが、それはネット上の他のサイト様が取り上げていたので、ここでは省略。


 結論から言うとまゆげ・まつげは格闘技とは関係なかったですが、
 まゆげがないと汗とかが目に流れ込みやすくて大変とも聞きます。
 格闘技の試合中にそうなると大変ですな。
 なので意外とまゆげ・まつげと格闘技も関係しあっているのかもしれません。
 …ちょっと無理やりですが。



 まあそんな感じで~。



追記
 ちなみに水着の一種で「ラッシュガード(rash guard)」というものもあります。
 長袖で、「水着の上から着る水着」みたいな感じです。
 あとWikipediaによればゲーム『ロックマン*3に出てくる犬型ロボット*4「ラッシュ」のつづりは「Rush」だそうです。




◆用語集
・ボディブロー(body blow):
 格闘技における、胴体への一撃。
 胴体にダメージを受けるとじわじわ効いてくるらしく、「○○がボディブローのように後から効いてくる」というのは、このじわじわ(として嫌な)感を表したもの。
 関連用語:「ボクシング」*5

・水着(みずぎ):
 英語では「swimsuits(スイムスーツ)」、「swimwear(スイムウェア)」、「swimming wear(スイミング・ウェア)」など。
 ちなみにWikipediaによれば、水着の一種「ビキニ(bikini)」の語源には、1946年ビキニ環礁での原爆実験(クロスロード作戦)が関係しているらしい。
 この時、多くの艦船が標的艦となった。『艦これ』*6にも出ている「長門(ながと)」「酒匂(さかわ)」「プリンツ・オイゲン」「サラトガ」などが関わっている。
 ビキニ環礁では1954年にも「水爆実験」が行われ、この時日本史でも有名な「第五福竜丸」が被爆する事件が起きた。


・戦艦*7長門(ながと):
 旧日本海軍の軍艦。
 ゲーム『艦隊これくしょん』ではキリッとしていてカッコいい。
 Wikipediaによれば現在でもビキニ環礁に艦体が沈んでおり、ダイビングスポットになっているらしい。

・酒匂(さかわ):
 旧日本軍の軽巡洋艦
 名前の由来は関東の「酒匂川(さかわがわ)」。
 ゲーム『艦隊これくしょん』では「ぴゃん」とか「ぴゃー!」とか謎の鳴き声(?)を発する。

プリンツ・オイゲン(Prinz Eugen):
 ドイツ海軍の重巡洋艦
 名前はWikipediaによれば、オーストリアの軍人「プリンツ・オイゲン」さんに由来するらしい。
 ところで上記の軍艦は『艦隊これくしょん』や『モンスト』では女性化されている。
 名前の由来となった人物は男性なので、「間接的な女性化じゃねーか!」と思ったが、よく考えたら普通の軍艦を擬人化&女性化している方が大きい変化だった。

サラトガ(Saratoga):1925進水ー1946沈没。
 アメリカ海軍の航空母艦(空母)。
 Wikipediaによれば「サラ」「シスター・サラ」「サラ丸」などと呼ばれて親しまれていたらしい。…「サラ丸」?
 上記「クロスロード作戦」ではアメリカの船も多く標的艦となった。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com