のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

7/6 英語:駅の「ホーム」は「ホーム」じゃない!? ~「ホーム」と「フォーム」の話~

 英語の話ー。
 駅(えき)の「ホーム」とか「フォーム」とかの話です。
 カタカナ語としては成立しているので問題ないのですが、語源も紹介。


 駅で、電車を待つ場所は日本のカタカナ語でも「ホーム」と言いますが、
 実は英語ではあの場所を「platform(プラットフォーム)」といいます。
 (日本語では「プラットホーム」と書くことも多いです。)

 つまり「ホーム」でなくて、「フォーム」な訳ですね。
 もちろん日本のカタカナ語としては間違ってはいないのですが。


 この本来の「プラットフォーム」は
 Wikipediaによるとフランス語の「plate-forme」が英語に取り入れられたものらしいです。
 ちょっと高くなった「台地(だいち)」*1とかを表す場所だと。
 ちゃんとは調べてませんが「plate(プレート/板)」や「plateau(プラトー/高原、一部平べったいところ)」とかに関係ありそうですね。
 「form(フォーム)」は英語でも「形(かたち)」というような意味なので、そこら辺かと。


 「ホーム」というと「家(いえ)」を表す「home(ホーム)」もありますが、
 駅の「ホーム」とはまた関係ない言葉だったりします。
 でも「ホーム」と書いちゃうと「platform」も「home」も見分けられなくなりますね。

 カタカナ語は便利ですし、個人的に好きですが、ちょっと注意も必要かもです。


 まあそんな感じで~。




追記
 ちなみに日本でも「プラットフォーム」はパソコンやビジネスの関係で聞く言葉だったりします。
 上の「台地」というのが転じて「基盤(きばん)」とか「足場(あしば)」という意味になったそうで。
 要は下の方でしっかりと支えてくれる土台ってことですね。


追記2
 「形」という意味の「form(フォーム)」はスポーツ*2でも聞く単語ですね。
 野球の「投球フォーム」(球を投げる時の姿勢)とか。
 あとインターネット上で何か意見を送る時、ページの「投稿フォーム」というものを使ったりします。
 この「フォーム」も「form」であり、ここでは「形式(けいしき)」みたいな感じですね。

 ちなみに野球の「ホームベース」の方は「home」ですね。「家」の方です。
 でも調べた感じ英語では「home plate(ホーム・プレート)」などという方が多いらしく、
 「ホームベース」は和製英語っぽいです。


◆用語集
・駅(えき):
 ここでは電車の駅のことを指す。
 電車に乗ったり下りたりする場所。
 英語では「station(ステーション)」。
 昔の日本やローマ*3やヨーロッパ等で「宿駅(しゅくえき)」というものもあるが*4、また別。
 関連用語:「デスティネーション」*5

・電車(でんしゃ):
 電気で走る列車。線路の上を走る。車体が長く、一度に多くの人を運ぶことができる。
 英語では「train(トレイン)」、または「electric train(エレクトリック・トレイン)」など。
 関連用語:「急行(きゅうこう)」*6


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com