のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

7/13 国語:「黒」い「白」地図、「白」い「赤」ん坊!? ~色とさまざまな表現の話~

 国語の話ー。一発ネタですが。
 「変な国語」(変に見える国語)シリーズです。
 国語の「色」*1についての話。

 差別的にならないように心がけますが、若干「人種(じんしゅ)」ネタも扱うので注意。


 まあ過去記事でも書いたように、色んな「色」を含んだ表現はあるわけですが。
 組み合わせによっては「色が重複する」という事態が起こります。

 例えばタイトルに書いた「白地図(はくちず)」とは「国境や海岸を線で書いただけの地図」のことです。
 国名とかが書き込まれてない地図ですね。

 この「白地図」が印刷してある「紙(かみ)」が白色であるとは限りません。
 ちょっと黄色がかってたり、背景は青いかもしれません。
 でもその場合でも「黄地図」や「青地図」という風に名前は変わらないと思うので、
 ちょっと黒い紙に描いてあるなら「黒い白地図」という矛盾して見える感じになるのではと。


 で、タイトルのもう一つ。
 日本では生まれたての子供のことを「赤ん坊」(baby)と言います。
 多分ほっぺたとかが「赤い」からでしょうが、
 この表現は多分日本人の「黄色人種」でも、「黒人(黒人種)」「白人(白人種)」でも変わらないと思います。
 なので「白人」の子供の場合は「(肌が)白い赤ん坊」みたいな感じになるのかなと。白なのに赤。
 まあ日本人でも「黄色なのに赤」みたいな感じになるんですが。

 このネタは「青年(せいねん)」とかでも同様に言えそうですね。
 まあ実際肌が青いわけじゃないので無粋かもですが、
 様々な色の表現が入り混じっているのはちょっと面白いです。

 あとネットで調べた感じでは「素人(しろうと)」「玄人(くろうと)」の語源にも「白黒」の色が関わっているそうです。

 探せばもっといろいろな色の表現や組み合わせ、語源の話が見つかるかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「色(いろ)」については 5/3 英語:色/赤の表現 - のっぽさんの勉強メモ を参照。