のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

7/15 英語:色んな「シンク」の話

 英語の話ー。
 色んな「シンク」の話です。
 同音異義語(どうおんいぎご)みたいな感じですが。


 英語の教科書*1では「think(シンク)/考える」という単語は割と早めに習うと思いますが、
 一方日本でも、台所(だいどころ)の流し台を「シンク」と言います。

 ではこの二つにどんな関係があるのか…?
 というと、多分そんな関係はなく。

 「流し台」の方は英語のスペルで書くと「sink(シンク)」になります。
 また違う単語ってことですね。
 これには「沈む」「傾く」「陥没(かんぼつ)する」という意味もあります。
 流し台は周りからするとへこんでいるから、この名前ということですかね。

 野球*2のボールの投げ方で「シンカー(sinker)」という球があるのですが、
 これは急に「沈む」球ということから、名前がついていると思われます。


 まあ「think」「sink」で違う単語ではあるのですが、
 日本のいい回しでは「思考に沈む」というものがあるので、
 意外とそんなに無関係でもないかも?


 まあそんな感じで~。
 



追記
 ちなみに「sync(シンク)」
 これは「同期(どうき)」、つまり「動きを合わせたり連携したりする」みたいな意味です。
 いわゆる「シンクロ(synchro)」に関係のある言葉ですね。



追記2
 関係ないですが「しんく」という響きなら色の「深紅(しんく)」*3がありますね。
 あとゲーム『アーマードコア4』には「Thinker(シンカー)」という曲があります。
 さらに関係ないですが。



◆用語集
・台所(だいどころ):
 料理*4を作ったり洗い物をしたりするところ。
 英語では「kitchen(キッチン)」。
 関連用語:「出刃包丁(でばぼうちょう)」*5

・シンクロ:
 「同期(どうき)」「タイミングを合わせる」などの意味。
 「synchro-」という接頭辞の英単語はいくつかあるが、「シンクロ」で抜き出してるのは和製英語っぽい。
 関連用語:「シンクロ召喚*6


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com