のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、ページ右の方で「検索」ができたり、記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

8/22 国+英+ゲーム:辞書で面白い言葉を見つけるゲーム!? ~「ディクショナリー・ゲーム」~

 国語+英語+ゲーム*1の話ー。
 「辞書*2に面白い言葉が載っていることがある」って話と、
 それを利用したゲーム(的なもの)の話です。


 前置き。
 筆者はこの頃「英和辞典(えいわじてん)」を引くことにハマっているのですが、
 見てると結構ゲームとかで知った名前が出てきます。

 例えば「Odin(オーディン*3)」とか「Zeus(ゼウス*4)」とか。
 神話系で出てくる名前は、結構辞書に載っていることもありますね。


 なので「辞書の中で知ってる名前を探すと面白い名前があるのでは?」と思って、
 考えたのが「ディクショナリー・ゲーム」でございます。
 和訳すると「辞書遊び」。

 でも、みなさまに「知ってる名前が出てくるまで辞書を引くんだ!」というのもアレなので、
 ルールは緩めに。


 ☆ゲーム名:「ディクショナリー・ゲーム」

 ☆ルール

 ・もしあなたが辞書を引くことがあった時、なんか(趣味とかで)知ってる名前があったらメモしてみてください

 ・お望みなら、メモしたものを見て「知識増えたぜ」ってニヤニヤしましょう


 くらいで。

 まあ「そういう言葉が載っていることもあるよー」ってくらいです。


 「辞書」「英和辞典」とかはまじめで堅い感じもしますが。
 新しめの辞書だと結構意外な言葉が載っていたりします。
 時にはファンタジーやゲーム、ファッションや音楽に関係ある用語なども。
 その中にはあなたの趣味に関係しているものがあるかも?


 そんなことを頭の隅にでも置いておくと、
 次に辞書を引くときに、ちょっと楽しくなるかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。


 関連自作ゲーム:『目次フィールド・冒険ゲーム』*5



追記
 辞書の種類によって載っている言葉はちょっと違います。
 例えば国語辞典なら日本神話、仏教、陰陽道系、英和事典ならキリスト教北欧神話ギリシャローマ神話の言葉が多く載っていたりします。
 ざっと書くと(神名敬称略・簡略化)
 国語辞典:「アマテラス」「スサノオ」「ブッダ」「修羅(しゅら)」「輪廻(りんね)」「四神(しじん)」
 英和辞典:「angel(天使)」「Satan(サタン)」「Odin(オーディン)」「Valkyrie(ヴァルキリー)」「Zeus(ゼウス)」「Apolo(アポロ*6)」
 みたいな感じですかね。
 でも手元の英和辞典にはインド神話の「Visnu(ヴィシュヌ)」という神様の名前が載ってました。ちょっと驚きです。


◆用語集
オーディンとゼウス:
 実はどちらもゲーム『シャドウバース』*7に出ていたりする。
 どちらも高コストで強い。
 特にゼウスはコスト10で出しにくいが、「サハクィエル」と組み合わせるとちょっと出しやすくなる。

オーディン(シャドウバース):
 出た瞬間に相手のフォロワー1つか「アミュレット」(アイテム的なもの)1つを「消去」できる。
 うまく使うととても強い。
 特にビショップには「封じられし熾天使*8」という、特殊勝利につながる「アミュレット」カードがある。
 これは「破壊」しても相手の勝利に近づくだけなので、「消去」できるととても便利。
 「もうだめだ!あと1カウントで相手の勝利だ!」という時に現れてアミュレット消していくオーディンさん超格好いい。まあなかなかそううまく行くこともないのだが。

・ゼウス(シャドウバース):
 コスト10。5/10で「疾走*9」「守護(しゅご)」「必殺(ひっさつ)」を持つ。盛りだくさん。
 だがコストが重いので出しにくい。
 担当声優は「柴田秀勝(しばた・ひでかつ)」さん。

サハクィエル(シャドウバース):
 『シャドウバース』のフォロワー(モンスターカード)。コスト7。
 自分が場に出た時、一緒に手札から「ニュートラル」というタイプのモンスターを1枚出せる。
 しかも「突進(とっしん)」という、すぐに敵のフォロワーに攻撃できる効果をつける(ただしそのカードはターン終了時に手札に戻る)。
 なので「ゼウス」と組み合わせると、強いゼウスさんをコスト7で出すことができたりする。
 (ちなみにゼウスは「疾走(しっそう)」という効果を元々持っているので相手プレイヤーにも攻撃できる)
 ちなみに、「サハクィエル」とはWikipediaによれば旧約聖書偽典『第三エノク書』で「七大天使」に数えらえる天使の一つらしい。「空の天使」とのこと。
 キリスト教系ネタが多い『新世紀エヴァンゲリオン』にも同名の敵が出ている。

柴田秀勝(しばた・ひでかつ):
 男性声優さん。
 上記の「ゼウス」以外では、筆者の良く知っているものでは
 『鋼の錬金術師』の「キング・ブラッドレイ」などの声を担当しておられる。

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「ゲーム」については 3/27 こころの話+体育:不自由(ふじゆう)だからゲームは面白い!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「辞書(じしょ)」については 2/16 英語:「full」と「-ful」 ~接尾辞(せつびじ)の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:北欧神話(ほくおうしんわ)」の主神「オーディン」については 11/8 歴史:「隻眼(せきがん)」の将、隻眼の神 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:ギリシャ神話の主神「ゼウス」については 12/5 英語:ミュージック(music)の由来とギリシャ神話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:筆者の自作ゲーム『目次フィールド・冒険ゲーム』については 9/22 学習:目次フィールド・冒険ゲーム ~縦横無尽に説明する~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「アポロ」については 3/10 理科:太陽神(たいようしん)、月へ行く! ~アポロ11号と「アポロ」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:『シャドウバース』については 7/14 数+ゲーム:『シャドウバース』で確率を考える! ~投入カード枚数と初期手札編~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:熾天使(してんし)」については 12/11 歴史:モンスト、堕天使と西郷さんと作曲家の乱舞 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:『シャドウバース』における「疾走(しっそう)」については 8/17 数+ゲーム:『シャドウバース』で仕事算を考える!? ~「ロイヤル算」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。