のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

9/4 国+英:お香は「バーナー」で燃やすもの!? ~「香炉(こうろ)」の話~

国語+英語の話ー。
誤解を呼びそうなタイトルですが、別に「ヒャッハー!お香なんて燃やしちまえー!」という話ではありません。

お香をたく道具の「香炉(こうろ)」についての話です。
簡単に。


まず「香炉(こうろ)」というのは、上に書いたようにお香を「焚く」、つまりゆっくり燃やすための道具ですね。
木や植物、あるいは油脂の中には燃やすといい匂いがするものがあるので、
それらを加工したものを燃やして、いいにおいを楽しもうってものですね。
「アロマ」とか「アロマテラピー」とかと近いかもしれません。
基本は長い間香りを楽しみたいので、じわじわ燃やすのが基本になるかと思います。


で、「バーナー」というと、なんか「ガスバーナー」とか飛行機の「アフターバーナー」とかで、
火力があって結構激しいイメージです。

「香炉」とはちょっと遠い気もしますが…、
まあ多分お察しの通り、そうでもなかったり。

というのも「香炉」を英語で言うと
「Incense burner(インセンス・バーナー)」らしいので。

「incense(インセンス)」というのが「お香」のことですね。
で「burn(バーン)」は「燃やす」という意味なので、
ゆっくりでも燃やしている香炉は確かに「バーナー」なのかもですが…
個人的に「バーナー」は激しいイメージなので、ちょっと面白かったです。


工場とかでワイルドに「バーナー」を使う方には、
「俺には上品なお香なんて縁がないぜー!」という方もいるかもですが、
実は(香炉と)「バーナー」つながりがあったりするわけですね。
その縁でたまには香炉バーナー(※意味がかぶっている)でお香を試してみてもいいかも?


まあそんな感じで~。


追記
 あとお香の香りを楽しむことは「聞香(もんこう)」というらしいです。
 「香りをかぐ」ではなく「りをく」ということですね。なかなか奥深い言葉です。
 ゆっくり心を開いて香りを楽しむ、ということらしいです。
 あとお茶の道である「茶道(さどう)」のように、「香道(こうどう)」というものも存在するらしいです。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com