のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、ページ右の方で「検索」ができたり、記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

12/9 英語:プロレスの「チョップ」と「チョップスティック」! ~「chopstick」の話~

英語の話ー。
「箸(はし)」*1こと「チョップスティック」に関する追加記事です。


以前、食事に使う「箸(はし)」は英語で「chopstick(チョップスティック)」だと書きましたが。
ふと改めて前半の「チョップ」って何だ?と思いました。
日本でもプロレス*2技の「チョップ」は有名ですし。何か関係はあるのでしょうか?

そう思って軽く調べてみましたが、
ネットにいくつか説はあったものの「チョップスティック」の正確な語源は分かりませんでした。

で、代わりに書いておきますと
英単語の「chop(チョップ)」というのは「叩き切る」「ぶった切る」などの意味があるようです。
木を切るとか、肉をぶつ切りにする時などに使う言葉のようですね。
またそれを思わせるプロレス技などに使われています。

これに関して「chopper(チョッパー)」という言葉がありますが、
これは「ぶった切る道具」や「斧」、「ぶった切る人」のことを意味するようです。


で、「割りばし」は余った木材で作ったりしますので、
まさに「ぶった切った(チョップした)感じの棒(スティック)」
→「チョップスティック」という可能性もありますね。まあ仮説ですが。


上に書いたのはあくまで仮説ですが、こういう風に考えるのもなかなか楽しいものです。
英語は難しいものも多いですが、「チョップ+スティック」のように2語以上が合体したものなら、意味を推理できるものもあったりします。
身近なそういう言葉を通して、学んでみるのもいいかもしれませんね。



まあそんな感じで~。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com