のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、ページ右の方で「検索」ができたり、記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

7/1 体+英:「インナーマッスル」の話メモ

 体育+英語の話ー。
 「インナーマッスル」についての話です。


 前置き。
 7月*1に入りましたが、最近暑い日が多くなってきましたね。
 こんな日には泳ぎに行きたくなりますが、筆者はちょっと運動不足の筋肉不足…。
 ということで、「インナーマッスル」(内側の筋肉*2)の話を少し。


 「インナーマッスル」とは、身体の内側の筋肉…と言われているものみたいですね。
 テレビとかでよく聞いた用語で、これがあるとバランスが良くなるとか「代謝(たいしゃ)」、つまり体内の血液とかの循環(じゅんかん)がよくなるとか聞いた気がしますが、

 でも、今回ネットで調べてみると、インナーマッスルに関してはいろいろ情報があるようで、ぶっちゃけ、よくわかりませんでした。


 なのでせめて言葉の方の話を。
 「インナーマッスル」の「インナー(inner)」とは「内側(うちがわ)の」「中の」と言った意味の英単語ですね。
 「~の中に」と言った意味の「in(イン)」の関連語、と思うとわかりやすいかと。
 で、後半の「マッスル(muscle)」は「筋肉(きんにく)」のことです。
 まさに「内側の筋肉」ってことですね。


 ちなみにボディビルのように「立派に見える筋肉」と、アスリートとかの「良く動ける筋肉」はまた違うようです。
 水泳のアスリートの方々はけっこうスリムだったりしますしね。
 筋肉がある、といっても色んな種類があるようなので、
 例えばインナーマッスルを付けたいのか、それとも目立つ筋肉を付けたいのか?
 というようなことのを、少し考えてみてもいいかもですね。


 まあそんな感じで~。



追記
 服とかファッションでも「インナー」という言葉がありますね。「インナーウェア」とか。
 これは「下着(したぎ)」を指したり、あるいは単に中に着る服を指すようです。
 ちなみに「innner(インナー)」の反対語は「outer(アウター/外の)」。
 この「アウター」もファッション関係で聞きますね。外から着るものをこう言ったりするようです。
 「中着(なかぎ)と「外着(そとぎ)」、あるいは「下着(したぎ)」と「上着(うわぎ)」と言ってもわかりやすいかもしれません。


ついき2
 他にも「インナー」や「イン」に関わることは色々あったりします。少しだけメモ。

・インナーサークル
インナーチャイルド
・インナーカラー
・インナーセンター(「内心(ないしん)」については
1/31 数学:三角形の五心(ごしん)英語メモ - のっぽさんの勉強メモ
を参照。)
・インテリア


追記2
 ちなみにこの日の夜には、過去記事でも紹介したテレビ番組『KUNOICHI2018』*3がありました。
 これは女性版『SASUKE』であり、いろんなアトラクションを筋肉とかで乗り越えていく番組ですね。
 色んな動きをしなければならないので、それこそ全体的な筋肉や身体能力が求められそうです。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com