のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、ページ右の方で「検索」ができたり、記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

7/16 社会:「海の日」の話メモ ~海と天皇(てんのう)と汽船(きせん)の話~

 社会の話ー。
 本日7月16日は「海の日(うみのひ)」なので、その話を。

 簡単に。


 前置き。
 改めて本日は「海の日(うみのひ)」、祝日ですね。
 いったいどういう日なのか?というと
 Wikipediaによれば海*1:に感謝したり、海に囲まれた国である日本の繁栄を祈ったりする日のようです。
 1995年に制定され、1996年から施行されたそうです。

 祝日化される前は「海の記念日」という名前の日だったようで。
 Wikipediaによれば1876年、明治天皇(めいじてんのう)*2が巡幸(みゆき)の際、それまでの軍艦ではなく汽船(きせん)「明治丸(めいじまる)」によって航海をしたことにちなむそうです。


 ちなみに海水浴場が使用できるようになることを「海開き(うみびらき)」といいますが、
 「海の日」と「海開き」自体は特に関係はしていないようです。
 筆者はなんとなく海の日から海開きだと思っていたのですが、誤解でした。



 近頃はやたらと暑い日が続きます。
 もう海に行かれた方も、特にその予定はない方も、
 今日は海のことを考えてみると、ちょっと涼しい気分になれるかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。



追記
 ちなみに「山の日(やまのひ)」というのもありまして、こちらは8月11日となっております。
 祝日で休みになっていますが、学生の皆様にとっては夏休みの一部になっていることが多く、ありがたみは感じにくいかもしれませんね。


◆用語集
・海の日(うみのひ):

海開き(うみびらき):
 海水浴場が開設されること、そこの海が使えるようになること。
 関連用語:「海水浴(かいすいよく)」*3

明治丸(めいじまる):進水1874年。
 日本の船。「灯台巡視船(とうだいじゅんしせん)」として日本政府がイギリスに発注したもの。、
 天皇の乗る「御召し船」や「練習船(れんしゅうせん)」としても使用されたようだ。
 国の重要文化財に指定されている。
 ちなみに依頼を受けたのはイギリスの「グラスゴー」にある「ネピア造船所」らしい。

灯台巡視船(とうだいじゅんしせん):
 灯台(とうだい)を見回ったり、修理・メンテナンスするための船。


・造船所(ぞうせんじょ):
 船を建造(けんぞう)、つまり作ったり、修理したりする場所。
 Wikipediaによれば「船台(せんだい)」方式のものと「ドック」方式のものがあるようだ。要は建造メインか修理メインか、みたいな感じ。
 規模や設備は場所による。大きなところには「クレーン」*4や「乾ドック」があったりする。
 マンガ『ONEPIECE』が好きな方には割となじみがある言葉かもしれない。
 関連用語:「港(みなと)」*5


灯台(とうだい):
 夜の海を行く船のために、光で周囲を照らす設備。
 英語では「lighthouse(ライトハウス)」など。
 夜歩くときに、、道路や店の明かりがないと危険なように、夜の海も光が無いと危険なのである。視界が効かない。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com