のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、ページ右の方で「検索」ができたり、記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

7/21 英語:色んな「ローグ」の話! ~「映画(えいが)」と「神(かみ)」と、あと「悪党(あくとう)」!?

 英語の話ー。
 「プロローグ」や「エピローグ」など、
 色んな「ローグ」という言葉についての話です。


 前置き。
 映画*1やドラマではよく「プロローグ」とか「エピローグ」という言葉が出てきます。
 やたら「ローグ」という言葉を使いますが、あれはどういう意味なのか?
 気になったので調べてみました。



 まず「プロローグ」の話を。
 英語で書くと「プロローグ」は「prologue(プロローグ)」って感じです。
 Wikipediaでは対応する日本語は「導入部(どうにゅうぶ)」*2となっていますね。
 物語の最初の部分、説明の部分です。

 で、反対に「エピローグ(epilogue)」は物語最後の部分になります。
 登場人物のセリフとか主観(しゅかん)で語られるものが多いようですね。


 それぞれの前半の「プロ(pro)」とか「エピ(epi)」という部分ですが、
 これらはそれぞれ「先(さき)」や「後(あと)」を意味する言葉でもあります。

 関連して、ギリシャ神話に「プロメテウス」*3と「エピメテウス」という神さまの兄弟がいるのですが。
 プロメテウスは「に考える者」(先見の明がある者)、
 エピメテウスは「に考える者」、という意味の名前だそうです。
 ちょうど「プロ」と「エピ」が対応しているわけですね。

 で、後半の「ローグ(logue)」ですが、これは言葉やセリフ、会話に関係する言葉のようで、
 独り言のことを「モノローグ(monologue)」、二人以上の対話を「ダイアローグ(dialogue)」と言ったりします。

 これらを総合すると
 「プロローグ」は「最初の、先の語り(の部分)」で、
 「エピローグ」は「最後の、後の語り(の部分)」って感じになるわけですね。


 ちなみにスペルがよく似た言葉に「rogue(ローグ)」という物がありますが、
 これは「悪党(あくとう)」や「ごろつき」という言葉になります。


 今回は「先のもの」「後のもの」として「プロローグ」と「エピローグ」を紹介しましたが、
 どうぞ皆さまは後にも先にも「悪党(rogue)」にはなりませんよう。



 まあそんな感じで~。




追記
 ちなみに映画『スター・ウォーズ*4シリーズの映画に「ローグ・ワン」というものがありますが。
 原題は「Rogue One」なので、最後に紹介した「rogue(ローグ)」の方ですね。
 ここにはいろんな意味がこもっているようなので、気になったら調べてみると面白いかもしれません。




◆用語集
・プロローグ(prologue):
 「先」という意味の「pro(プロ)」に近い言葉としては接頭辞*5「pre(プリ、プレ)/前に、前の」などがある。
 例えば「プレハブ(prefab)」*6や「preview(プレビュー)」、「prediction(プレディクション)/予言(よげん)」など。
 関連用語:「イントロ」

・エピローグ(epilogue):
 他に「epi(エピ)」で始まる言葉は、
 「Epitaph(エピタフ)/墓碑銘(ぼひめい)」などがある。
 関連用語:「叙事詩(じょじし)/epic」*7

・モノローグ(monologue):
 「mono(モノ)」とは「単独の」、「一つの」などを意味する言葉。「独白(どくはく)」ともいう。
 他には「モノレール(monorail)」、「モノトーン(monotone)」などの言葉がある。
 関連用語:「演劇(えんげき)」*8

・モノレール:
 ちなみに東京の「ゆりかもめ」はモノレールではないらしい。
 関連用語:「電車(でんしゃ)」*9、「プラレール*10

・モノトーン(monotone):
 関連用語:「音色(ねいろ)/tone」*11

・ダイアローグ(dialogue):
 2人以上の「対話(たいわ)」を意味する言葉。

・ローグ(rogue):
 「悪党(あくとう))」や「ならず者」、「ごろつき」を指す言葉。
 ちなみにゲーム名で『ローグ』というものもある。
 またTRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ*12ではクラスの一つとして「ローグ」が存在する。能力はざっくり言うと「盗賊」とか「シーフ」といった感じ。
 ちなみにネットで検索したらゴルフのドライバーや日本のロックバンドで「rogue」の名前を持つものもあった。

・悪党(あくとう):
 ざっくり言うと悪い人。
 だが日本史では、中世に支配体制に反逆した人々のことをも指す。
 関連用語:「悪役(あくやく)」*13

・悪党【日本史】:
 Wikipediaによれば「楠木正成(くすのき・まさしげ)」や「高師直(こうの・もろなお)」なども悪党らしい。

・『ローグ(Rogue)』(ゲーム名):
 ダンジョン探索型のコンピュータRPG。
 入るたびにマップやアイテム、敵の配置が変わるのが特徴。
 これ以後、この『ローグ』と同じ形式のゲームは「ローグライクゲーム」と呼ばれるようになった。

ローグライクゲーム
 ざっくり言うと『ローグ』のような形式のゲーム。
 『トルネコの大冒険』や『風来のシレン』、『不思議のダンジョン』シリーズはここに入る。
 あとWikipediaに記述があったもので筆者の知っているタイトルとしては、『バロック』、『絶対ヒーロー改造計画』、『Crypt of the NecroDancer』*14フリーゲーム『Elona』*15、『片道勇者』などがある。

・『片道勇者』:
 フリーゲームのRPG。
 マス目ターン式のローグライクゲームだが、
 後ろ(画面左)から闇が迫ってくる(というか世界が消えてる)のでひたすら一方通行で画面右に進んでいくのが特徴。
 その意味では「戻れない初代マリオ」みたいな感じもする。
 ちなみにTRPGシステムになっていたりもする(『片道勇者TRPG』)。
 ちなみに『片道勇者』を作ったサイトの「Silver Second」様は、フリーでRPGなどが作れるツール『WOLF RPGエディター』を無料配布しておられたりするので、RPGが作りたい方などは見てみるとよいかもしれない。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「映画(えいが)」については 10/27 英語:英語でお化けを道案内するゲーム! ~「ハロウィン・ゴーストガイド」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「導入部(どうにゅうぶ)」については 6/10 英+音:「アウトロ」、「ビントロ」、「トロットロ」!? ~色んな「~トロ」という言葉~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「プロメテウス」や「ギリシャ神話」については 12/5 英語:ミュージック(music)の由来とギリシャ神話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:スター・ウォーズ』については 1/6 数学:不等式(ふとうしき)/違いを見せつけるゲーム! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「接頭辞(せっとうじ)」については 6/21 英語:「接頭辞(せっとうじ)」/色んな「medi-」の話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「プレハブ」については 2/20 英+学:「プレハブ」、「プリファブ」、「ポータブル」! ~「プレハブ住宅」、あと学習の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:叙事詩(じょじし)」については 2/8 歴史:兄弟にしてライバル関係!? ~インドの英雄、「カルナ」と「アルジュナ」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:「演劇(えんげき)」については 9/6 ゲーム:【※注意 論文調 個人的メモ】TRPG雑考メモ8(情報とフィクションでの物理法則) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「電車(でんしゃ)」については 7/6 英語:駅の「ホーム」は「ホーム」じゃない!? ~「ホーム」と「フォーム」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:おもちゃの「プラレール」については 10/3 数+ゲーム:おもちゃの『プラレール』で数学を学ぶ!? ~レールの配置と組み合わせ問題~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:「音色(ねいろ)」については 6/22 英+音:「音楽(おんがく)」関係の英単語7つ! ~今週の英語セブン~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:TRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』については 4/6 理科:秩序(ちつじょ)たる「宇宙(うちゅう)」と「秋の桜」 ~コスモス~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:「悪役(あくやく)」については 3/22 英語:「悪役(あくやく)」と「ヴィラン」と「あらいぐまラスカル」!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*14:『Crypt of the NecroDancer』については 7/14 数+ゲーム:『シャドウバース』で確率を考える! ~投入カード枚数と初期手札編~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*15:『Elona』については 4/4 理科:幻(まぼろし)の蛇(へび)、「ツチノコ」の話! - のっぽさんの勉強メモ を参照。