のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

7/6 英語:「narrow(ナロー)」/「狭い」についての話 ~タイヤ、アパレル、心の広さ~

 英語の話ー。
 今日は7月6日…「7(な)・6(ろ)」ということで
 英単語の「narrow(ナロー)/狭い」、またそれから連想した話を。

 まだ具合が悪いので簡単に。


 前置き。
 上にも書きましたが「narrow(ナロー)」というのは、「狭い(せまい)」という意味の言葉です。
 物と物の間(あいだ)が小さい、あまり空いていない、ということですね。
 あまり聞きなれない言葉の漢字もしますが、アパレル業界、つまりファッション関係の用語にもあるようです。

 蛇足ですが、筆者が初めて「ナロー」という言葉を聞いたのは、昔の(今もあります)「ミニ四駆」という玩具(おもちゃ)ですね。
 確か「ナローホイール」「ナロータイヤ」というのがあって、タイヤの幅などが狭いものを指していたような気がします。
 原理はよくわかりませんが。摩擦を減らすためにタイヤ幅をわざと狭くしている…などの理由が考えられますね。


 ちなみに「狭い」という言葉はどちらかと言えばネガティブな意味で使われることが多いような気がします。
 「心が狭い」とか「手狭(てぜま)」とか。


 タイヤの幅や、服の外見などは、「ナロー/狭い」にすると良いこともあるかもしれませんが。
 自分の「心」は余り「ナロー(狭い)」にしない方が、良いことがあるかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。



追記
 この「狭い」の「狭(きょう)」という字に似たものとしては、「やまへん」の「峡」などがありますね。
 これも狭い、あるいは深いところを指す言葉(例えば「海峡(かいきょう)」や「峡谷(きょうこく)」など)に使われたりするので、なので、「狭い」という言葉と関係していそうです。


追記2
 ちなみに「狭い」の反対語は「広い」であり、そちらは英語で「wide(ワイド)」などと言います。
 「ワイド画面」「ワイドショー」などがあるので、こちらの方が聞き覚えがあるかもしれませんね。



◆用語集
・狭い(せまい):
 物の間隔(かんかく)や、おいておく面積(めんせき)にゆとりがないこと。
 英語では「narrow(ナロー)」。
 関連用語:「距離(きょり)」*1、「密度(みつど)」*2、「人口(じんこう)」*3、「土地(とち)」*4



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com