のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

8/29 生+社:世界の「焼肉(やきにく)」、古代(こだい)の「焼肉」!? ~色んな「焼肉」の話~

 生活+社会の話ー。
 今日は8月29日、8・29(や・にく)の日ということで
 「焼肉(やきにく)」の話を。

 遅くなってしまったので簡単に。


 前置き。
 「焼肉(やきにく)」というと主に牛や豚の肉を焼く料理ですね。
 (鳥の場合は「焼き鳥(やきとり)」ということが多いので)

 日本ではシンプルに「焼肉」の店、または韓国の焼肉店が多かったりしますが。
 世界にも「焼肉」の料理は多くあるので、それを少しメモ。


☆世界の「焼肉」っぽい料理
(一部はWikipedia参考)

・サムギョプサル(三겹살/삼겹살):
 …韓国の豚バラ焼肉

ケバブ
 …中東の肉料理

シュラスコ
 …ブラジルなど南アメリカの肉料理

シャシリク
 …ロシアの焼肉料理

・アサード:
 …アルゼンチンなどの焼肉料理

・ステーキ*1
 …アメリカなどの焼肉料理

ジンギスカン
 …モンゴルや中国などをルーツにした日本の焼肉料理


 …みたいな感じですかね。
 遅くなってしまったので、詳細はまた今度調べようかと。


 また「火」さえあればできる「焼肉」は、古代とか原始時代からあった料理のようです。
 あまり物がないサバイバル状況になった時でも、多分肉とかが手に入ったら「焼く」でしょうしね。
 (綺麗な水があれば煮ることもできますが、サバイバルでは水は不足したりします)
 『図解 食の歴史』という本などを見ていても、料理は「焼く」所から進化していったようです。
 基本だからこそ、で「焼肉」料理は世界の色んなところにあるのかもしれませんね。


 現代では「焼肉」というとちょっとお高いイメージもありますが、
 何かしらのお肉を焼いたら、それはもう「焼肉」と言えます。
 家庭でフライパンで焼いても焼肉ですね。

 なので今度お肉を焼くときは、
 世界の色んな焼肉料理とか、人類の長い歴史とかに思いを馳せてみると、
 ちょっと面白いかもしれません。


 まあそんな感じで~。



追記
 その他の肉料理、または思いついた調味料や用語の名前などをメモっておきます。

・すき焼き
・ハンバーグ*2
・カツ(カツレツ)
コチュジャン
・ビビンバ
・サンチュ
・カルビ
・チーズタッカルビ
ケイジャンチキン
・グリル
・バーベキュー
・ウィンナー
・燻製(くんせい



◆用語集
・焼肉(やきにく):
 そういえば数ヶ月前には『焼肉ドラゴン』という映画も話題になった。


・サムギョプサル(三겹살/삼겹살):
 Wikipediaによればいろんな種類があるらしい。
 筆者としては「ワインサムギョプサル」や「ハーブサムギョプサル」などがおいしそうだった。また「抹茶サムギョプサル」も気になった。
 また過去記事で扱った「トック(餅)」*3を使った「トックサムギョプサル」というものもあった。


・ビビンバ(비빔밥):
 韓国料理の一つ。
 どんぶりにご飯とナムルなどを入れて食べる。調味料の「コチュジャン」もいれたりする。
 「ユッケ」*4を載せた場合は特に「ユッケビビンバ」というようだ。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com