のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

12/23 英+社:色んな「バース」の話! ~「誕生(birth)」、「温泉の町(Bath)」、あと「野球選手(Bass)」~

 英語+社会の話ー。

 色んな「バース」という言葉についてのメモです。



 前置き。
 本日は天皇誕生日(てんのうたんじょうび)。
 ということで誕生日は英語で「birthday(バースデイ)」というのを思い出したのですが、

 そういえばカードゲーム*1『UNO(ウノ)』には「リバース」という単語もあるのを思い出したので
 色んな「バース」をちょっとまとめてみようというメモです。


※ ※ ※


①「birth」について
 まず最初の「バースデイ/誕生日」の「バース(birth)」ですが
 これは「誕生(たんじょう)」や「出生(しゅっせい)」といった意味ですね。


②「verse」について
 で、『UNO』などの「リバース」のスペルは「Reverse」なのでまたちょっと違います。
 意味も「逆(ぎゃく)」といったものですね。
 ついでに「verse(バース、ヴァース)」という単語を調べてみると、
 これは「詩の一行」みたいな意味でした。
 音楽用語に「バース」というものがあるらしいので、それとも関わっているかもしれません。


③「Bath」について
 ちなみにイギリスには「バース」という地名がありますが、
 スペルは「Bath(バース)」なので、「バス」に近い発音な気もします。
 Wikipediaを見るに、この町は温泉(おんせん)があることで「温泉の町」という名前が付けられたようです。
 そういえば今でも英語で「お風呂」*2のことを「bath(バス)」と言いますね。


④「Bass」について
 また以前「ランディ・バース」という野球選手がいたことも思い出しましたが
 「ランディ・ウイリアム・バス(Randy William Bass)」
 ということで「Bass」を「バース」と呼んでいた、ということですね。


⑤「Barth」
 アメリカの小説家で「ジョン・バース(Barth)」という方がおられるようです。
 Wikipediaによれば「ポストモダン文学を代表する存在」とのこと。
 代表作は『酔いどれ草の仲買人』というものがあるようです。


⑥「berth」について
 ちなみに船を停泊させるところを「berth(バース)」と呼んだりするそうです



 …とまあ、全体としてとっ散らかった説明ですが、色々あるものです。
 日本では「b」と「v」の発音が時々区別されないこともあり、
 余計にいろんなものを「バース」と呼んでいる可能性があるわけですね。


 しかし今回紹介しただけでも「birth」「verse」「bass」「bath」「Barth」「berth」と6種類のバースがありました。


 あなたが今度「バース」と聞いたとき、果たしてそれはどの「バース」なのでしょうか…?
 そんなことを考えてみるのも、面白いかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。




追記
 あと調べてみると「rebirth(リバース)」という単語もあるらしく、
 これは「転生(てんせい)」といった意味になるようです。
 こちらは「re(リ)/再び」という意味の接頭辞に上記の「birth(バース)/誕生」を組み合わせたものです。
 いわゆる「生まれ変わり」ってやつですね。


追記2
 ちなみに仮面ライダーシリーズの『仮面ライダーOOO(オーズ)』に、「仮面ライダーバース」というキャラクターが出てくるようです。
 英語にしたときの細かいスペルは不明ですが。


追記3
 マンガなどでは「パース」という用語もありますが
 これは「perspective(パースペクティブ)/遠近法(えんきんほう)」の略のようですね。
 ちなみにオーストラリアやスコットランドなどに「Perth(パース)」という都市があり、
 それを受けてかオーストラリアには「パース」という名前の軍艦(軽巡洋艦)があるようです。



◆用語集(人名敬称略)
・バース【地名】:
 イギリス(イングランド)の都市の名前。
 大きな港町「ブリストル」が結構近いようだ(24kmの位置)
 Wikipediaによれば、ここにある温泉は昔「ケルト人」*3の信仰の対象になっていたともいう。
 2世紀ごろにはローマ*4支配下で、温泉地として栄えた。
 ローマ帝国の後は廃れたようだが、イギリスの「エリザベス1世」*5の時代に温泉地として復活したという。


・温泉(おんせん):
 地中から暖かい水やお湯などが沸く場所。またはその現象。
 英語では「hot spring(ホット・スプリング)」など。
 関連用語:「風呂(ふろ)」*6、「浴衣(ゆかた)」*7、「火山(かざん)」*8、「硫黄(いおう)」*9、「暖流(だんりゅう)」*10、「旅行(りょこう)」*11、「観光(かんこう)」*12
 関連地名:「箱根(はこね)」*13、「華清池(かせいち)」*14、「青い池」*15
 関連マンガ:『テルマエ・ロマエ*16



・「ランディ・バース」:1954-。
 アメリカの元野球選手(内野手)。
 名前は正確には「ランディ・ウイリアム・バス(Randy William Bass)」
 1983年から1988年まで、日本の「阪神タイガース」でプレーしていた。
 長打力があり、Wikipediaによればメジャーリーグでは「ニューヨークからロサンゼルスまで飛ばす男」と言われたこともあるらしい。
 野球選手の「掛布雅之(かけふ・まさゆき)」選手から流し打ちを教えられたことも
 ちなみにバース選手・掛布選手の二人とも、バブル芸人「平野ノラ 」さんのネタによく登場する。


掛布雅之(かけふ・まさゆき):1955年-。
 元プロ野球選手(内野手)。2016年からは「阪神タイガース」の二軍監督を務めたらしい。


阪神タイガース(はんしんタイガース):
 日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。
 特に関西や大阪で人気があることで有名。
 ちなみにこの球団に関わる話として「カーネル・サンダースの呪い」というものもある。


・「カーネル・サンダースの呪い」:
 都市伝説(としでんせつ)*17の一つ。
 簡単に言うと「阪神タイガースが優勝したときにカーネル・サンダースの像を川に投げ入れたら、翌年からタイガースの成績が悪くなった」という事件。
 Wikipediaによれば1985年(昭和60年)10月16日に、日本プロ野球球団、阪神タイガースの21年ぶりのセントラル・リーグ優勝に狂喜した阪神ファンが、ケンタッキーの「カーネル・サンダース」の像を道頓堀に投げ入れた。
 その後像は探されたが見つからず、その翌年以降しばらくタイガースの成績は悪くなった、というもの。 
 ちなみに像は2009年に見つかったらしい。
 当然ながら、この事件は都市伝説であり、また何かがあったとしても「カーネル・サンダースの呪い」というべきものなので、「カーネル・サンダース」本人とは特に関係が無いだろうことには注意。


・「カーネル・サンダース」:1890 - 1980。
 アメリカの実業家。「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」の創業者。
 Wikipediaによれば名前は正確には「ハーランド・デーヴィッド・サンダース(Harland David Sanders)」とのこと。「カーネル」というのはケンタッキー州に貢献した人に贈られる名誉称号とのこと。
 店の前によく像が置いてあるので、外見はとても有名。
 最初のころは「サンダース・カフェ」という店を依頼ており、それを拡大する時に現在の「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」という名前にしたようだ。
 ちなみにWikipediaによれば彼は結社「フリーメイソン*18のメンバーでもあったらしい。
 またエジプトのスフィンクスの前には「ケンタッキースフィンクス前店」があるのだとか。すごい。
 ちなみにゲーム『ファンタシースターポータブル2 インフィニティ』では、KFCとのコラボにより、「カーネル・サンダース」をゲーム内で仲間にすることができるらしい。…本人もまさかゲームに登場することになるとは思わなかっただろう。


ポストモダン文学:
 Wikipediaによれば「近代文学(きんだいぶんがく)の特徴に反する特徴を持つ文学(ぶんがく)」とのこと。
 英語のでは「postmodern literature(ポストモダン・リテレイチャー)」。
 ざっくり言うと、文学や芸術などでは時々「既にあったものを打ち破ろうとする」作品が出てくることがあり、
 「ポストモダン」というと「近代/モダン」のお約束などを破ろうとするものだったりするようだ。
 さらにざっくり言うと「近代」の作品が「分かりやすくまとまっている」ことなどが良いとされたりしてたようなので、
 逆にポストモダンはそこを避けて、あまりまとまってなくて矛盾してたりする文を、わざと書いたりすることもあるようだ。

 背景として昔の時代は「世の中には正義や良いものがある」「人類はそこを目指して発展していきいつかたどり着く」というのを信じていたっぽいのに対し、
 そこから二度の「世界大戦」や悲惨な出来事などがいっぱいあって、「人間ってそんなシンプルに良くなるものではないのでは?」という思いがわいてきたことなどがあるかもしれない。




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「カードゲーム」については 4/4 数学:メモ/数学とカードゲーム - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「風呂(ふろ)」については 3/26 歴+国:お湯を「沸かす」のに「涼しい」名前!? ~茶道の「風炉(ふろ)」「涼炉(りょうろ)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:ケルト」については 5/29 歴史:この妖精(ようせい)はむかし神だった!? ~妖精の分類(ぶんるい)と変化~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「ローマ」については 11/30 英語:ローマ字 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「エリザベス1世」については 8/24 歴史:ジョブ/「海賊(かいぞく)」は「騎士(きし)」の称号を手に入れた!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「風呂(ふろ)」については 3/26 歴+国:お湯を「沸かす」のに「涼しい」名前!? ~茶道の「風炉(ふろ)」「涼炉(りょうろ)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「浴衣(ゆかた)」については 3/12 国+生他:「浴衣(ゆかた)」はお風呂で着るものです!? ~「浴衣」と「湯帷子(ゆかたびら)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:「火山(かざん)」については 1/9 理科:火山(かざん)などについてざっくり - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「硫黄(いおう)」については 12/25 理科:元素記号1~18 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:「暖流(だんりゅう)」については 1/11 地理:「暖流(だんりゅう)」+「寒流(かんりゅう)」=「魚フィーバー」! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:「旅行(りょこう)」については 10/20 英+国:「tour」/「ツアー」で「トル」で「トー」なもの!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:「観光(かんこう)」については 4/22 英語:旅行先での運命の出会い!? ~デスティネーションとデスティニー~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:「箱根(はこね)」については8/24 地理:箱根・忍者・金太郎!? ~足柄山の「風魔(ふうま)」忍者~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*14:中国の温泉地「華清池(かせいち)」については 9/8 歴史:「西安(シーアン)」は「長安(ちょうあん)」で「豊邑(ほうゆう)」ですか? ~太公望、三蔵法師、「西安事件」etc.~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*15:北海道の「青い池」については 12/17 理科:カガク的な風景 ~景色を変える物質たち~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*16:テルマエ・ロマエ』については 9/26 数学:平方根、立方根、そして四次元へ……!? ~累乗根(るいじょうこん)の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*17:「都市伝説(としでんせつ)」については 12/7 社会:秋田の巨大藁人形(わらにんぎょう)!? ~「鹿島様(かしまさま)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*18:フリーメイソン」については 9/26 国語:「振替(ふりかえ)」休日の「振り(ふり)」って何? ~割り当て、振動(しんどう)、あと色んな「ふり」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。