のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

3/20 英+生:フランス料理と武器の関係!? ~「フランベ」と「フランベルジュ」の関係~

英語+生活の話ー。
 

 フランス料理などの技法「フランベ」と
 武器(刀剣)の一種「フランベルジュ」の話ですね

 遅くなってしまったので簡単に。


 前置き。

 「フランベ(Flambé)」というとフランス料理、あるいはスイーツなどの技法ですね。
 熱いフライパンにアルコール、ワインなどのお酒類を入れて、バーッと炎(ほのお)*1を立たせる方法です。
 これによってアルコ-ル分を一気に飛ばすわけですね。
 もしかしたらテレビなどで見た方もおられるかもしれません。
 英語でも炎は「flame(フレイム)」といいますし、たぶんこの「フランベ」もフランス語の「炎」に関係していると思われます。


 で、似たような名前に「フランベルジュ(flamberge)」または「フランベルジェ」というものがあるのですが、
 これは「波打つ炎のような形の剣」のことを指します。
 名前もその形の通り、フランス語の「炎」からきているようです。


 料理やスイーツが好きな方は「フランベ」を、
 ゲームやファンタジーの戦闘ものが好きな方はそれぞれ「フランベルジュ」を知っているかもしれませんが、
 両方を知っておられる方、というのは意外と少ないかもしれません。


 まあ別に知っている必要はないのですが、料理と武器、と言うと結構違う世界にも思えてギャップがある感じもします。
 たまにもう一方を思い出してみると、ちょっと面白いかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。



追記
 ちなみに鳥の一種「フラミンゴ」も「炎」に関係があるようです。
 Wikipediaによれば、フラミンゴ(Flamingo)という名前はラテン語で「炎」を意味する「flamma」に由来するそうで。
 確かにフラミンゴの赤い体がゆらゆらしているのを見ると、見た人は炎っぽいと思うかもしれませんね。



◆用語集
・フランベ:
 関連用語:「かき氷」*2


・フランベルジュ:
 ちなみに刀身が炎のように波打っているのはオシャレではなく、斬られた傷がギザギザになり、治りにくくなるかららしい。
 ガチ感、または殺意がすごい。武器だから当然と言えば当然なのだが。


・フラミンゴ:
 Wikipediaによれば「鳥綱フラミンゴ目フラミンゴ科」の総称。
 体はピンクから紅の色であるが、生まれつきではないようだ。
 Wikipediaによれば生まれたころの体は白く、藍藻類の色素、β-カロテンやカンタキサンチンによって赤くなるらしい。
 つまり、食べる「藻(も)」による赤さというわけだ。
 なので食べ物を食べなければ、身体は白くなっていくらしい。それを防ぐために動物園ではエサに色素を混ぜているとのこと。
 「フラミンゴ」という名前は上の追記で書いたように、ラテン語で「炎」を意味する「flamma(フランマ?))」に由来するようである。
 だが種類としては「水鳥(みずどり)」。名前は「炎」なのに水鳥、というのがちょっと面白い。
 RPGなど「属性(ぞくせい)」のあるゲームに出す時はどちらの属性になるか、迷いどころかもしれない。
 ちなみに「米津玄師(よねつ・げんし)」さんの曲で『Flamingo』というものもある。


・フランマ/flamma【ラテン語】:
 ラテン語で「炎」を意味する言葉。
 似た言葉の「フランメ(flamme)」も炎を表すようだ。
 これに関連しそうなものしては、ゲーム『ゴッドイーター』シリーズに「フランメバリスタ」という武器があったり、
 アニメ『戦姫絶唱シンフォギアG』には『不死鳥のフランメ』という曲があったりするようだ。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com