のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

12/4 国+社:「傘下(さんか)」と「惨禍(さんか)」の関係!? ~「核の傘」などの話~

 国語+社会の話ー。
 タイトルはほぼ語感とギャグです。


 2つの同音異義語、「傘下(さんか)」と「惨禍(さんか)」を紹介しつつ、
 少しだけ「核の傘」というものについて考えてみる話です。


 簡単に。


 
 まず「傘下(さんか)」というと、何か巨大な組織の下にあることを意味します。
 例えば「○○の傘下に入る」という感じですね。
 単に支配されているというよりは「『傘(かさ)*1の下』で雨から守ってもらっている」イメージなので、
 まあ強い人に、部下として付き従っている感じでしょうか。


 で、一方で「惨禍(さんか)」と言いますと、これは「惨(むご)い禍(わざわい)」のことですね。
 ざっくり言うと、ひどい出来事、悲劇みたいな感じでしょうか。
 戦争などに絡んで、この言葉が使われることが多い印象です。


 さて先日、ローマ教皇の「ヨハネ・パウロ二世」が来日されまして、
 核兵器の廃絶(はいぜつ)を訴えておられましたが。

 それに対する日本政府の反応は、ニュース等を見た感じでは、
 廃絶よりは、アメリカとの同盟関係や、抑止力(よくしりょく)…
 つまり戦争を抑える力 として核兵器の重要性を訴えていたように思います。


 この「核兵器の抑止力」は「核の傘」とも呼ばれるものであり、
 「日本はアメリカの核の傘で守られている」という言い方も前からあります。
 それは「日本はアメリカの(核の)傘下にある」ということができるかもしれません。



 核兵器を持っていた方が、攻撃されるのを防げるという意見もあれば、
 核兵器を持っていることで、ひどいことになる、という意見もあります。
 どちらの方がひどいこと…「惨禍(さんか)」を避けられるのか、というのは難しい話ですが。


 いま世界ではいろんな出来事が起こり、混乱している印象もあります。
 その状況で、アメリカや何かの「傘下(さんか)」にいることが、
 「惨禍(さんか)」を避けるのか、それとも招くのか?


 何を選ぶにせよ、一度考えてみても、良いかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。




◆用語集
・傘下(さんか):


・惨禍(さんか):




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com