のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

2/15 理+英他:「リバーシブル(reversible)」は「物理(ぶつり)」で「ファッション」ですか? ~「可逆(かぎゃく)」と「不可逆(ふかぎゃく)」の話~

 理科+英語+生活+国語の話ー。
 別に「見つけた、物理学的に最高のファッション*1…!」という話ではありません。


 「元(もと)に戻せない」意味の「不可逆(ふかぎゃく)」から入りつつ、
 元に戻せる、という意味の「可逆(かぎゃく)/reversible」と、
 ファッションの「リバーシブル(reversible)」の話を。


※導入だけちょっとホラー話もあるのでご注意を


 前置き。
 昨日の記事の追記で「黄泉戸喫 (よもつへぐい)」*2という語について書きまして。
 それは「あの世のものを食べると、この世に戻れなくなる」みたいな話なのですが、
 そこから「不可逆(ふかぎゃく)」や「可逆(かぎゃく)」という言葉を連想したので、その話を。


 まず「不可逆(ふかぎゃく)」とは「元に戻せない」という意味ですね。
 一度ある状態になると、その前には戻れない感じです。
 合ってるかは不明ですが、イメージとしては、コーヒー*3と混ざった牛乳*4は元に戻せない…みたいなことを連想します。
 上に書いた「黄泉戸喫 (よもつへぐい)」の話は「不可逆」っぽいですね。戻れなくなるので。


 で、一方で「可逆(かぎゃく)」は、「元に戻すことができる」という意味ですね。
 さかのぼれる…行(ぎゃっこう)が能(かのう)みたいな感じです。
 学問によっても意味が違うみたいなので、何が「可逆」かは難しいですが、
 例えば「氷*5が溶けて水*6になる」ことは、凍らせればまた氷になるようなので、可逆の範囲内みたいですね。


 では、この「可逆」を英語では何というのか?と思い、調べてみると。
 Wikipediaでは、物理学(ぶつりがく)の可逆は「reversible(リバーシブル)」
 また和英辞典によれば、「可逆反応」という語は「reversible reaction(リバーシブル・リアクション)」となっていました。


 また英和辞典によれば、英語の「reverse(リバース)」が、「逆(ぎゃく)」*7「逆転(ぎゃくてん)」等の意味なので、
 そこに「~できる」という意味の接尾辞*8「-ible」がついて、
 「逆(reverse)にできる(-ible)」→「可逆(reversible)」という感じかと思われます。


 ところで「リバーシブル」は、ファッション関係でも聞く語だったりします。
 そちらでは、裏にも模様などがあって、裏返しにしても着れる服リバーシブル」と呼ばれる感じですね。


 ということは「物理」にも「ファッション」にも「リバーシブル」があるわけで。
 言い換えると「『リバーシブル(reversible)』は『物理』(の用語)で『ファッション』(の用語)!」と言えるかもですね。
 …なかなかシュールな文ですが。


 ちなみにちょっと話は変わりますが、
 自分には「非可逆」に思える…「元に戻せなさそうな物」というのは、より怖く思えるかもしれません。


 例えば、筆者は子どもの頃に失敗をしたら、今より怖かった記憶があります。
 でもその後、片付けやフォローの仕方を知ったら、気分はマシになりました。
 なので、自分にとって「非可逆」と思うことが、怖さを増していたのかもですね。
 よく知らない事って、どうしたらいいか分からなくて怖いですし。


 なのでもし、今「失敗がとても怖い」という方がおられたら。
 知識や経験を増やして、「可逆(reversible)」だと思えることを増やせば、
 少し怖さがマシになることも、あるかもしれませんね。
 うまくすれば、そこからの「逆転(reverse)」も狙えるかも?



 まあそんな感じで~。




追記
 ちなみに可逆・非可逆は、時代や世界によっても変わるかもです。
 例えばSFの未来世界では時間を戻せたり、色んなものを分解できたりもするので、
 今「非可逆」と考えられている物も、未来では「可逆」の扱いになってそうですね。
 大抵のことが「元に戻せる」、「取り返しのつく」社会になっているかもです。
 …みんな無茶苦茶しそうでちょっと怖いですが。


追記2
 ちなみに不可逆っぽい、「元に戻せないこと」を表すことわざもあります。
 例えば「覆水盆に返らず(ふくすいぼんにかえらず)」などですね。
 覆(くつがえ)して、こぼしてしまった水は、元のお盆には戻らない、と。
 英語では「It is no use crying over spilt milk(こぼした牛乳のことを嘆いても無駄)」となるそうです。

 しかし、これらも上記のようなSFでならなんとかなるかもしれません。
 時間が逆戻りして、水がひとりでにお盆に戻る…みたいな感じですね。
 …でも一度床にこぼしてしまったそれらを、飲みたいかどうかはまた別ですが。
 例え状態は戻っているとしても、心理的に抵抗はあるかもですね。


追記3
 ちなみにWikipediaによれば、
 数学での「可逆」は「invertible(インバーティブル)」というそうです。
 また英和辞典によれば動詞「invert(インバート)」は「逆さまにする」という意味らしいですね。
 なので本文で記した「reversible」のように、「invert」+「ible/~できる」=「invertible」っぽいです。

 ちなみに「invert」に「-er」を付けて名詞にすると「inverter(インバーター)」*9となります。
 これは電気*10や機械*11関係で使う用語でもあり、直流(ちょくりゅう)を交流(こうりゅう)に変える装置のことみたいですね。



◆用語集
・可逆(かぎゃく):
 関連用語:「反転(はんてん)」*12、「矢印(やじるし)」*13、「圧縮(あっしゅく)」*14、「データ圧縮」、「濃縮(のうしゅく)」*15、「展開(てんかい)」*16、「変身(へんしん)」*17、「変形(へんけい)」*18、「化学式(かがくしき)」*19、「化学変化(かがくへんか)」、「変身ヒロイン」、「魔法少女(まほうしょうじょ)」、「還元(かんげん)」*20、「輪廻転生(りんねてんせい)」*21、「シェイプシフター」*22、「ドッペルゲンガー


可逆反応(かぎゃくはんのう):
 関連用語:「反応(はんのう)」*23、「連鎖反応(れんさはんのう)/chain reaction」*24、「連鎖(れんさ)」


・不可逆(ふかぎゃく):
 例えば恋愛ドラマなどで「もう私たち、元には戻れないのよ…!」といっていると、不可逆っぽい。


・reversible(リバーシブル):
 関連用語:「variable(バリアブル)/可変の」*25、「variation(バリエーション」、「variety(バラエティ)」
 似てる言葉:「verse(バース)」*26
 関連楽曲:『リバーシブル・キャンペーン』*27
 関連ゲーム:『ぼっち力・リバーシブル』*28


・reverse(リバース):
 ちょっとアレな話だが、人が気分が悪くて吐くことを「リバース」と表現することもある。
 関連記事:『数学の集合に関する英語セブン』


・innvertible(インバーティブル):


・invert(インバート):




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「ファッション」については 5/18 生活:色んな女性用ファッション用語のメモ(『ヒルナンデス!』を参考に) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:日本神話の「黄泉戸喫 (よもつへぐい)」については 2/14 生+ギリシャ他:「チョコレート」も「神(かみ)の食べ物」ですか? ~「カカオ豆」と「Theobroma(テオブロマ)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「コーヒー」については 5/7 歴史:こんな飲みニケーションもあるよ! ~ただし酒とは限らない~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「牛乳(ぎゅうにゅう)」については 6/24 英語:ゲーム/「英語サバイバル」食事編 ~ゲーム実況的な感じで~ - のっぽさんの勉強メモを参照。

*5:「氷(こおり)」については 1/16 英語:「氷(こおり)」関係の英単語~氷魔法アイスクリーム~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「水(みず)」については 12/16 地理:都市運営ゲーム/「水(みず)」編ですよ、市長(しちょう)! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:数学などでも用いられる言葉「逆(ぎゃく)」や、記事『数学の集合に関する英語セブン』については 11/8 数+英:数学の「集合(しゅうごう)」に関する英語7つ+α! ~今週の英語セブン~ - のっぽさんの勉強メモを参照。

*8:「接尾辞(せつびじ)」については 2/16 英語:「full」と「-ful」 ~接尾辞(せつびじ)の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「inverter(インバーター)」や「インバータ」、「コンバータ」、「直流(ちょくりゅう)」、「交流(こうりゅう)」については 9/10 理+社:この電気は「直流(ちょくりゅう)」?「交流(こうりゅう)」? ~「電流(でんりゅう)」の種類の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:「電気(でんき)」や「電流(でんりゅう)」については 12/23 理→英:電気(でんき)関係の用語→英語 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:「機械(きかい)」については 12/28 英語:謎の英語マシーンゲーム(食べ物) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:「反転(はんてん)」については 1/6 国+英他:「反転(はんてん)」は「始動(しどう)」につながりますか? ~色んな「turn over(ターン・オーバー)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:「⇔」なら可逆、「→」なら不可逆っぽい記号「矢印(やじるし)」については 2/11 国+英他:「矢(や)」は「みんな」が使いますか? ~「矢印(やじるし)/arrow(アロー)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*14:可逆と不可逆の形があるらしい「圧縮(あっしゅく)」や「データ圧縮」については 1/23 情+生他:「データ」も「布団(ふとん)」も「圧縮(あっしゅく)」できる! ~色んな「圧縮(あっしゅく)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*15:「濃縮(のうしゅく)」については 10/4 英+学:「集中(しゅうちゅう)」と「ジュース」の関係!? ~「concentrate(コンセントレイト)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*16:「展開(てんかい)」については 11/30 英+数:「中学3年生の数学」に関わる英語7つ+α! ~今週の英語セブン~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*17:「変身(へんしん)」については 7/30 理+英:岩石の英語名 ~イグニス・奈落・変身~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*18:「変形(へんけい)」については 4/30 理+国語:「変形(トランスフォーム)」してテストを迎え撃つ!? ~日々にあふれる「変形(へんけい)」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*19:「化学式(かがくしき)」、「化学変化(かがくへんか)」、「変身ヒロイン」、「魔法少女(まほうしょうじょ)」についてはを参照。

*20:「還元(かんげん)」については 12/31 理科:酸素(さんそ)さんの本気! ~酸化(さんか)・燃焼(ねんしょう)・爆発(ばくはつ)!?~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*21:可逆とも不可逆とも取れる生まれ変わり「輪廻転生(りんねてんせい)」については 7/9 英+社:接頭辞/色んな「re」と地球の話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*22:様々に姿を変えられる怪物「シェイプシフター」や「ドッペルゲンガー」については 9/7 英語:色んな「shift(シフト)」の話! ~バイトの「シフト」、「タイムシフト」、「パラダイムシフト」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*23:「反応(はんのう)」についてはを 11/27 英語:「photo-」/フォトとフォトンとフォトケミカル! ~写真(しゃしん)と光化学スモッグ~ - のっぽさんの勉強メモ 参照。

*24:英語では「chain reaction(チェーン・リアクション)」ともいう「連鎖反応(れんさはんのう)」、「連鎖(れんさ)」については 8/5 国+英他:「連鎖(れんさ)」も「リアクション」の一部ですか? ~「連鎖反応(れんさはんのう)/chain reaction(チェーン・リアクション)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*25:「可変の」という意味もある英語「variable(バリアブル)」、また「variation(バリエーション)」、「variety(バラエティ)」については 12/22 生+英他:「バリエーション」は「ない」方がいいですか? ~「variation(バリエーション)」と「変異(へんい)」と「新型コロナウイルス」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*26:「verse(バース)」については 12/23 英+社:色んな「バース」の話! ~「誕生(birth)」、「温泉の町(Bath)」、あと「野球選手(Bass)」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*27:楽曲『リバーシブル・キャンペーン』については 4/15 音楽:音楽メモ(邦楽+アニメ系など色々) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*28:筆者の自作ゲーム『ぼっち力・リバーシブル』については 4/11 こころ+ゲーム:「ぼっち」な心で優しくなれる!? ~自作ゲーム『ぼっち力・リバーシブル』~ - のっぽさんの勉強メモを参照。